2012年4月12日 (木)

ここがダメだよ『宇宙戦艦ヤマト2199』

20120407a さて、つぶやきの通り、新宿ピカデリーで『ヤマト2199』初日、観てきました。ロビーには写真のように第二章の巨大告知も掲示してありテンションMAX! 本当は当日レポも書くつもりでいたのですが、流石に日にちも過ぎてしまったので省略。

 肝心の感想としては、「この程度の脚本・演出だと今後もつらいなあ」と。ぶっちゃけPV第2弾がピークで、冒頭10分映像で少し「あれっ?」となって、本編が「う~ん、ちょっとなあ…」と右肩下がりな一方で、最後(初日最終回の上映)拍手も起きたのですが、自分はとてもそんな気分になれなかったと云う…(苦笑)。今ひとつノれなかったんですよねえ。本当は大宇宙並に広い心で受け入れるつもりだったのですが、やっぱりあれこれ云いたくなるのはオタクのサガでして…(苦笑)。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章上映まであと2日

 PS版『ヤマト』アンソロジーでむらかわ氏の漫画を読んだとき、「この人の筆致で『ヤマト』を全編読みたいなあ」と思ったこと、ネット上で『ヤマトメカニクス』の緻密なメカイラストを見たとき、「この人の『ヤマト』メカが映像で動いてるところ見てみたいなあ」と思ったこと、そしてそもそももう20数年前から語られてきた『ヤマト』リメイクの話、すべて絶対実現不可能だと思っていたそれらが、本当に実現するなんて出来過ぎた夢のようですなあ。そう思うと感無量ではあります。それでも、「(『ヤマト』に限らず)リメイクなんて必要ない、意味が無い」と云う持論自体は変わってはいないのですが、それはそれとして(笑)。

 一方では、『2520』の頃からずっと抱いてきた(そして満たされなかった)「現代的な映像センスで構築された『ヤマト』を見てみたい」と云う欲求は、取りあえずは叶えてくれそうなので、割ともうそれだけでオッケーかなと(笑)。設定のつじつまがどうとか、お話がどうとかはあまり期待していなかったり(苦笑)。だって、どうやっても自分の望む物と同じになる事ってあり得ないもんね。だから、肩の力抜いて楽しむのが吉かと(初日に富山から東京まで観に行くヤツに、「肩の力抜いて」とか云われたくないッスか?、スイマセンw)。大体今、世間で言われている文句って(自分の物も含めてw)、どれだけ理詰めっぽく取り繕っていようが、要は「俺『ヤマト』と違う!」って喚いているだけの代物なんだから、相手にしなくていいと思いますしねえ。

 辺に今力みすぎると、絶対後でスカされるだろうしw 後半の展開なんて、どう考えても旧作そのままな訳ないじゃないですかーw 土方さんや平田が出てるからって、続編の期待するのも危険だと思うw(第1作原理主義なスタッフなんだし)。企画書みたく、最後、クルーが一人しか生き残らなかったとしても、俺は驚かないw ああ、でも長丁場だから、クオリティ管理は大変でしょう(元々TVシリーズ企画なんだし)。リリースペースが落ちても、きっちり仕上げていただきたいなと、それだけが今は不安材料です(つうか、そこが崩れたら、この商法は成り立たなくなると思うし)。

 まあ、やっぱり自分の中では『完結編』で一区切り付いてしまってるわけで、『復活篇』からの一連の流れは、長いこと『ヤマト』ファンでいたことの余録として在るのだと云うのが本当のところ。だからこそ、逆に楽しまなければ損かなと思っていたりもします。

 なんかとりとめも落ちもなくダラダラ書いてしまいましたが、これが今の自分の気分って事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

『Another』#12 Stand by oneself -死者-

 素晴らしかったです。正直、放映前は「ミステリー物ってアニメだといまいち盛り上がらないんだよなあ」とか思って嘗めてました。すみません(土下座)。

A12a8

A12a69

 でもぶっちゃけ動揺しまくってるので、速報版的に…。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

『Another』#11 Makeup -惨劇-

 目が覚めるなんてモンじゃない。

A11a6

A11a2

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

『Another』#10 Glass eye -漆黒-

 いよいよラストに向けての加速開始、と云った趣。

A10a12

A10a92

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

『Another』#09 Body paint -連鎖-

 相も変わらず音響効果が素晴らしいです。お話は、今後どんどん加速していきそう。

A09a000

A09a99


 コミック0巻は買うつもりだったけど(既刊や原作も、最終回後に揃えるつもり)、予想以上にオイシイ内容のようだ(笑)。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

『Another』#08・今週の怜子さんスペシャル(笑)

 特別枠です(笑)。


 今回は怜子さんが出ずっぱりで嬉しい! 勢い余ってこんな記事(笑)。

A08a69

 以下、ネタバレ防止と云うより枚数多いので隠します(苦笑)。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Another』#08 Hair stand -紺碧-

 今回ほど選ぶのが大変だった回はない(笑)。オイシイカットは他にもたくさんあるのだけど…。

A08a000

A08a132


» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

『松原秀典原画展』in高岡市美術館


 今日は、高岡市美術館で開催されている『松岡秀典原画展』に行って来ました。
 アトリエを構えておられる名倉靖博さんなどは“特別枠”としても、アニメーターさんの個展が地方の美術館で開かれるなんてーのは、色々時代も変わったなあとしみじみするばかりです。松岡さんのお仕事にはポニーテール娘も多いので、それだけでウキウキw 展示は点数も多く貴重なラフ稿などもあったりして、見応えは充分なのですが、ほとんどがキャラクターデザインや版権イラストで、フィルム作品に使われた原画なんかを大いに期待していった身からすれば、ちょっと物足りなかったかなと(そもそも、こうした物を実際に目に出来る機会がきわめて限られている自分らのような田舎在住末端オタクからすれば、それだけでもありがたいんですが)。まあ、一枚の「見せる」画としては使いにくいのだろうし、色々諸事情もあったのかも…。その点では、『ヱヴァ破』のアスカ連続カット展示は嬉しかった(笑)。年配の方も観に来ておられましたが、そうしたカタギな皆様にはこうした作品がどう映ってるのか気になるところであります。原画展に併せて発表された『あみたん娘』。大仏のキャラデザってかなり無茶振りだと思うw それはともかくカノン(;´Д`)ハァハァ

 見終えるとちょうどお昼だったので、美術館の目の前にある『あいちゃん』『はちはち』で昼食。たこ焼きおいしかったですw

 その後は万葉線ラッピング電車を堪能。コスプレアテンダントさんは、綾波・マリ・アスカ・さくらが二人ずつ交代で乗車するみたいですね。降りる時に今回の原画展のチラシを手渡してくれます。…流石に車内は、他のお客さんの目もあるので撮影とか出来ませんでした(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

『宇宙戦艦ヤマト2199』PV第2弾がヤバい

 いったい何度リピートしたことか(苦笑)。今までさんざん好き勝手云ってごめんなさい(土下座)。…まあ、俺みたいな腐れオタク野郎の戯言なんて、所詮この程度のモンですw

Yamato2199pv2a

Yamato2199pv2i

Yamato2199pv2j
雪かわいいよ雪。

Yamato2199pv2e
サーシャエロいよサーシャ。

Yamato2199pv2d_2

Yamato2199pv2c

Yamato2199pv2h
原田まこちゃんは、完全に看護婦雪の互換キャラなんだねえ。…主にアナライザーの餌食になるのはこの娘かーたまらんのうwwww

Yamato2199pv2k
あきらちゃんはパイロットに未練タラタラの御様子。加藤あたりに「10年早い!」とか云われちゃうんでしょうかw


 …女の子のカットばかりなのもナニなので、言い訳程度にw(ぶっちゃけメカとか挙げ始めたらキリないし)。
Yamato2199pv2g
俺的に今回のPVで一番滾るカット。

Yamato2199pv2l
こうした「そのまんま」的カットを見ると、当時のレイアウトの素晴らしさがよくワカりますなあ。


 あんまり参考にはならないけど、Amazonのランキングとか急上昇しているみたいでw なんにせよ、盛り上がるのは良い事です。早く本編観たい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『Another』#07 Sphere joint -変調-