« 護身開始 | トップページ | お色直し »

2006年2月26日 (日)

TVチャンピオン・フィギュア王選手権

 こちら(富山)では、ひと月遅れで放映されたのですが、色々興味深く観させてもらいました。正直、所謂“萌え系フィギュア”連発で、結構痛い流れになるかと思って戦々恐々としていたのですが(前半はまあ、そんな感じでしたけど…)、後半はカタギの皆様も注目を引けるようなプログラム仕立てになっていたのは「なかなかやるなあ」と感心してしまった次第です。

 しかし、なんでもかんでも「萌え萌え」と連発したり、「これがキモチワルイオタク共だ」風な画一的レッテル貼りの仕方だったりするのは(こうした題材を取り上げる他の番組などと同じく)あまりにも安直だよなあと不満はあります。あ、別にオタクが素晴らしいとか云うわけではないので、念のため(苦笑)。

 それでも、全編通して造形家の方々のまさに各々多様な“作り方”を(実際に動いている場面として)観られるのは、いろんな面で参考になりますねえ。そーゆー点では凄く面白かったです。

 チャンピオンとなった寒河江さん、個人的には特撮の人、ってイメージなんですが。後、原八さん、やっぱ東海村はヤバかったようで(笑)。

|

« 護身開始 | トップページ | お色直し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/8851857

この記事へのトラックバック一覧です: TVチャンピオン・フィギュア王選手権:

« 護身開始 | トップページ | お色直し »