« 開幕二連戦 | トップページ | まるで高校野球みたいな… »

2006年3月21日 (火)

負け組勝ち組(←ヤな言葉…)

●『シグルイ』 第32景/地獄極楽

 虎眼は倒したものの、流石に連戦はせず岩本家から退散する伊良子ら。やはり、藤木との勝負は一時お預けですか。普段、ほとんど感情を表に出さない藤木も、師の最期には動揺を抑えきれず…。この虎子にとって、虎眼先生がいかに偉大な存在であったかワカる一幕であります。しかし彼もナニだが、やはり一番“怪物”なのは、三重だよなあ…。この現場を目撃してしまったお役人・大沼官兵衛の心中察するに余りあります(一生夢に見そう…)。んで、その彼が地獄を見たとすれば、極楽を見たのが三天狗が一人・金岡雲竜斎。興津もなし得なかった、同門を売って濡れ手に粟の大儲けを実践してしまいました(藤木に粛正されそうな気もしますが)。人生、賢く行かなきゃソン!、ですな(笑)。

 駿府城での伊良子の立ち合い、実に南條テイスト溢れる場面です。しかしその一方、原作では盲た伊良子は脇目もふらず修行に明け暮れ、“剣士”として純化していくのに比べ、藤木との対比をより鮮明にする為なのでしょうが、『シグルイ』ではまだまだ野心たっぷりの様子なのが決定的に異なっています。こうして伊良子が天下への足場を着実に固めていく頃、藤木は……?

 ところで、次号には『シグルイ』のクリアファイルが付くそうですが……、なんというか、こう…。


●その他の『チャンピオンRED』’06年5月号

 色々と、新連載・読み切り攻勢の最中ですが、紙面改革断行中!って感じですな(といいつつ、この雑誌が安定したのって創刊以来一度もない気がする…)。『突攻! メイドサンダー』は、ポニーテール萌え的には微妙(笑)。もうひとつの、巻頭の新連載はどうでもよし(脚本があの人だし)。吉富センセイは二本立て、大丈夫なんスか!? 

 『刃牙』世界の人は、電車よりも速く疾走って巨大カマキリと妄想バトル繰り広げる変態や、走ってくるバイクを片手で止め、水の上を走り、救急車より速く重傷患者を運ぶ海王とか、車に疾走って追いついたと思ったら跳ね飛ばされたけど割と平気で(その前にしこたま弾丸ぶち込まれてますけど…)普通に歩いて帰るヤクザ者とか、異星人感覚丸出しなのに日常を過ごしているのが偉い(?)ですね。

 次号で、先月アンケートしていた付録フィギュアアイテム発表だそうですが、やっぱ虎眼先生かマシロくん(ガルデローベ制服)が欲しい喃(読者ページ、まるきり同じ事書かれているのに笑った)。

|

« 開幕二連戦 | トップページ | まるで高校野球みたいな… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/9182389

この記事へのトラックバック一覧です: 負け組勝ち組(←ヤな言葉…):

« 開幕二連戦 | トップページ | まるで高校野球みたいな… »