« 深夜のオカズ(←コラコラ) | トップページ | 今回も完走は少なかったね »

2006年5月 7日 (日)

メイドさんまで出て来ちゃったよ

●『ウルトラマンメビウス』 第3話/ひとつきりの命

 コノミちゃんは水着にならんのか!?(←最初にそれかい)。

 前回の感想で、「いきなり仕事も夢も放りだして…」とかツッコんだら、今回冒頭それで悩む(?)四名の描写があったので「おっ?」と期待したら、「命がけでこの仕事に打ち込んでウルトラマンに恩返しだ!」みたいな流れ(これもどうよ)になってしまい、「え?、冒頭の苦悩はこれで払拭??」と肩すかし喰らった感じ。うむむ、全体的にドラマとしてはもう半歩足らない感じなんだよね。少し味付けや突っ込み具合を変えるだけで、随分と良くなるんじゃないかと思えるだけに残念。このままじゃあ、眼鏡ッ娘目当てでしか観る楽しみが無くなっちゃうぞ、アンドロイド少女萌えしか見所がなかった『マックス』のよーに(笑)。

 早くも、“極まった事のない必殺技”の名を欲しいままにするかと思われたメテオールだけど、トンだ隠し球が。確かに凄いが、なんか凄すぎて今後人造ウルトラマンでも投入しそうなイキオイだ(笑)。コノミちゃんはせっかくのミニスカートなのに、コンソールなめのカットが多すぎるのが難(……)。これからは一番手前で話すよーに(次回はメイン?なのかな、楽しみ~)。GUYSの個性的な面々(特に四人組)の活躍には期待したいのだけど、彼らに押されて限りなく存在感が薄くなってしまっている隊長はちょっと問題あるかも(笑)。

 “メビウス”命名。マウンテンガリバーとかじゃなくて良かったね(笑)。

|

« 深夜のオカズ(←コラコラ) | トップページ | 今回も完走は少なかったね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/9948907

この記事へのトラックバック一覧です: メイドさんまで出て来ちゃったよ:

« 深夜のオカズ(←コラコラ) | トップページ | 今回も完走は少なかったね »