« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

兄弟で明暗

●F1グランプリ2006 第12戦・ドイツ

 きっちりと母国グランプリで優勝したミハエルは大したもんだと思うけど、彼個人以上にチームとしてのフェラーリの安定感は流石と云うべきでありましょう(ワンツーフィニッシュがその証左)。代わってアロンソ/ルノーはこのところ今ひとつで、前半戦に見せた余裕が感じられなくなっているここ数戦。なんか不幸が襲いかかってしまう男(笑)・ライコネンの、執念の三位入賞も素晴らしい(最初のピット作業ロスが無かったら…)。役者は揃いすぎてますよ。この先も、まだまだもつれそうですね。

 ジャパンパワー勢(笑)、HONDA通算三百戦めを、表彰台の上で祝えなかったバトンは実に残念。アグリF1の待望の新車・SA06が完走できなかったのも無念。本当の実力は如何に!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

主力戦艦が出ねえよオオオオッッ!

Yamato01

 …いや、宇宙戦艦ヤマト・コスモフリートコレクションの事なんスけど。こーゆーのって、ひとつしかいらないデスラー艦が死ぬほどダブるパターン(泣笑)。箱買いした方が良かったかね?

 しかしまあ、この種のをずらりと集めるのも良いんだけど、やっぱ大きめなサイズで統一スケールで揃えたいよなあ。あと、“愛の戦士たち編”と銘打ちながら、全8種中3種が色替え水増しな三段空母(七色星団決戦仕様)なのはいかがなものか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

ちょっとしたグチ

 先のASKAソロコンサートのDVDがリリースされたのですが、それはともかく(イヤ、内容は良かったですよ?)、今回のジャケットは通常のCDサイズでした。このところそれ(CDジャケットサイズ)が続いているんですけど、一方でDVDトールケースサイズだった時(*)も有り…、混在してるんですよねえ。整理しにくいんで、統一してくれないかなあ。


*…DVDジャケットをどちらのサイズで普及させるか?となった時に、同じタイトルを併売した際、トールサイズの方が圧倒的に売れたとゆーデータがあって、業界が一斉にトールサイズジャケットに右習えした頃、だったような。個人的には、メディアのサイズが同じなのにジャケットサイズを変えてしまうセンスが、よくワカらなかったりするんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

今月の『チャンピオンRED』

 イヤ、なんか今月号の『RED』と『ヤングジャンプ』の今週号、どちらもポニーテール女装少年漫画を掲載するッッ!!と云ったシンクロニシティが発生していたのですが、やはり今の時代はコレなのか!? 己はこれから登り始めなければならないのか、この果てしないポニーテール女装少年坂を!(イヤな坂だな…)。

 ところで、女装少年と云えばマシロ君。今月号には付録フィギュアの原型写真が載っていたのですが、アレ、スカートの中の“”の方はどーなっているんだろう………………。

 プレ連載の『聖痕のクェイサー』、あれだけじゃなにがなんだか(笑)。

*『シグルイ』については後日。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

コミケカタログ購入

 ありゃ、次回の冬コミは年末も年末、今年最後の最後に三連発開催ですか(どっちにしろ行けないのですが…)。申し込み時のアンケートでは、この日程の希望が一番多かったらしいですけど、「正月跨いでまでイベントに関わりたくない!」って希望が大多数なら、「年末棒に振ってまでもイベントに参加したくない!」ってのもアリだとは思うのですがねえ。結局は慣れの問題でしょ。関係各機関の皆様方には、我々オタクの快楽のために大晦日まで働かせてしまい(しかも、文字通り死ぬほど大変)申し訳ない気持ちでイッパイでございます。…イヤ、夏コミも未だなのにこんな話しても(笑)。実は当日、どーゆースケジュールで動くか(日帰りか、一泊するか等)全く決めてなかったり。最悪、参加しないかも…。どうあれ、今回は(行くのなら)一般参加なので、ゆるゆる~っと楽しむつもりではあります。

 カタログ買ったついでに、同じ店(イベントカタログ買いに行く時だけ利用する某アニメック)で未だ買ってなかった『レ・ミィ×コトナ』の新譜を購入、ポスター付きでラッキー。あ、また仕様の違う通常版があるんですな。それに、秋にはかねてより(ネタで)切望していた総集編DVDも、本当に出てしまうんだね。まさにこの、“オタクの尻の毛の最後の一本までむしり取ってやるゼ商法”にavexの逞しさを見る思い(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

いや、ジダンの頭突きは関係ないし(笑)

●F1グランプリ2006 第11戦・フランス

 サッカーがらみの因縁はともかく(笑)、ルノーの母国凱旋大会であった今回でしたが、結局、先のアメリカGPよりの好調さを引き継いだ形でミハエルが決めましたね。このところの戦い振りは、チームメイトとの連携も含めて連戦連勝街道を突っ走っていた頃のフェラーリを彷彿とさせてくれました。やはり地力ありますな。ラルフ・TOYOTAもやってくれました。その辺の二~四位争いも白熱していて面白かったです。

 次回のドイツGPは、ようやく待望のアグリチーム・ニューマシン投入、セカンドドライバー昇格の山本左近選手の参戦、シューマッハ兄弟の母国凱旋と、またまたトピック盛りだくさんで楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

メンテナンス終了

 ココログのサーバメンテナンスが終了、より快適に利用できるようになった…筈ですが、レスポンスはあまり変わらないような気が(笑)。そのせいで、ここしばらくはアクセス状態が悪く、更新やコメント返しが出来なくて申し訳なかったです。またこれから書いて行きますよー。

 ところで、富山の星(笑)・細田守監督(実はタメらしい…。ちょっと自己嫌悪)の新作、『時をかける少女』はひょっとして富山では上映してくれないのか喃。

| | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

ワールドカップを手にしたのは

 PK戦までもつれたサッカーW杯決勝、勝利したのはイタリアでした。スコア的には引き分けでしたが、やはり押さえるべきところを押さえた方が勝った感じです。全体的には良い試合だったと思うのですが、ジダンの退場は痛恨ではありましたね。

 昨日の3位決定戦では、開催国ドイツが勝利。こちらはカーンの勇姿が見られて嬉しかったです。

 次の南アフリカ大会では、どんなドラマが待っているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

ヒデ、現役引退を表明

 流石、公式HPは全然繋がらねえぜ…。


 個人的に今回のワールドカップで注目していた選手が、フランスのジダンと我らが中田英寿でありました。両選手ともおそらく今回が最後のW杯になると思ったから(ジダンは自らそう言っていたし)。だから、あまりにも不本意な形で大会のピッチを去らねばならなかったその姿を見るのは、実に忍びない物がありました。ただ、一方のジダンの奮戦ぶりを見るにつけ、「ヒデもまだまだやれるのでは…!?」と思っていた矢先の今回の発表。とにかく驚きの一言ですが、今は取りあえず一休みしていただきたいなと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

観客少ない?

●F1グランプリ2006 第10戦・アメリカ

 昨年のいわく付きのレースより一年、今回もアメリカグランプリは大波乱でした。開始いきなりの大クラッシュ、琢磨も入賞チャンスかも?と思ったのもつかの間、彼もクラッシュでリタイア。結局半数以上が脱落の過酷なレースは、ミハエル、マッサのフェラーリワンツーフィニッシュで幕。今期は今ひとつだったトゥルーリも、今回は四位と大健闘。アロンソは五位で、ますます混戦模様になってきましたなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

四強揃う

 熱戦続くサッカーワールドカップですが、いよいよ準決勝の顔ぶれが決まりましたね。個人的に「これが見たい!」と願っていた組み合わせになってくれたので凄く嬉しいし、楽しみであります。特に、今朝のブラジル戦でも素晴らしいプレイを見せてくれたジダンには是非がんばって欲しいです。決勝は、「ドイツ×フランス」でひとつ!(これが見られたら、どっちが勝ってもオッケーですよ、もう)。

 しかし、二日続けて延長戦→PK決着って、試合時間どんどん延びて嗚呼、寝てるヒマが無ェよ…(泣笑)。今朝で一休み、と思ったら、今晩はF1アメリカGPがありますよ………(死)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »