« 主力戦艦が出ねえよオオオオッッ! | トップページ | えー »

2006年7月31日 (月)

兄弟で明暗

●F1グランプリ2006 第12戦・ドイツ

 きっちりと母国グランプリで優勝したミハエルは大したもんだと思うけど、彼個人以上にチームとしてのフェラーリの安定感は流石と云うべきでありましょう(ワンツーフィニッシュがその証左)。代わってアロンソ/ルノーはこのところ今ひとつで、前半戦に見せた余裕が感じられなくなっているここ数戦。なんか不幸が襲いかかってしまう男(笑)・ライコネンの、執念の三位入賞も素晴らしい(最初のピット作業ロスが無かったら…)。役者は揃いすぎてますよ。この先も、まだまだもつれそうですね。

 ジャパンパワー勢(笑)、HONDA通算三百戦めを、表彰台の上で祝えなかったバトンは実に残念。アグリF1の待望の新車・SA06が完走できなかったのも無念。本当の実力は如何に!?

|

« 主力戦艦が出ねえよオオオオッッ! | トップページ | えー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/11172840

この記事へのトラックバック一覧です: 兄弟で明暗:

« 主力戦艦が出ねえよオオオオッッ! | トップページ | えー »