« メイドのセイバー香奈さんも読んでる(笑) | トップページ | えっ、ヤプール編はこれで終わり? »

2006年10月23日 (月)

締めくくりはさわやかな風の中で

●F1グランプリ2006 第18戦(最終戦)・ブラジル

 最後の底力と意地と誇りと、ある意味、ずっとトップを快走、とかよりもはるかに魅せ場の多い皇帝ラストランであったのではないでしょうか。こうして見ると、ミハエルのクライマックスは中国GPで、後の2戦はエピローグであったのですね。ちょっとドラマ的には綺麗すぎる終わり方であるかもしれませんが(笑)。

 マッサの母国GP優勝、アロンソ年間チャンピオン獲得、バトン3位表彰台、TOYOTAダブルリタイア(泣笑)、琢磨10位激走にあまりにワカりやすい世代交代劇などなどと、まんべんなく見所のあった濃い最終戦でありました。満足。

 来期も、ドライバー移籍も含めて大激変の年となりそうなので、実に楽しみであります。

|

« メイドのセイバー香奈さんも読んでる(笑) | トップページ | えっ、ヤプール編はこれで終わり? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/12386944

この記事へのトラックバック一覧です: 締めくくりはさわやかな風の中で:

« メイドのセイバー香奈さんも読んでる(笑) | トップページ | えっ、ヤプール編はこれで終わり? »