« 愛のなんたらみたいのも否定はしないけど | トップページ | 史上最強の弟子 ケンイチ »

2006年10月 8日 (日)

鈴鹿最終決戦

●F1グランプリ2006 第17戦・日本

 うわああ、勝負の女神さまって生真面目というか融通が利かない性格のようで、イタリアGPでミハエルに貸した分の利子は、しっかり同じように取り立てていってしまいましたよ。しかし、このタイミングでやってくれなくともねえ。久々の、アロンソ・変な勝利のダンス(笑)を堪能できたのでコレはコレで良かったですけど。これで年間タイトル争いはほぼ決定してしまった感じではありますが、皇帝ラストラン、最後の意地を魅せてくれるでしょうか?

 しかし地上波、肝心のトラブルシーンが二連発でCM中ってどうよ。たかだか一時間半ぐらいノンストップでやりなさい、何のための生中継なんだか(有料チャンネル加入とかは云わないで…)。

 JAPANパワー、バトン4位(もう一息、残念!)・HONDA勢W入賞は個人的には上出来だったのではないかと。アグリF1は……、琢磨はそこそこ奮戦してくれたけど…(左近は正直、危なっかしすぎるのでもう走って欲しくない)。

|

« 愛のなんたらみたいのも否定はしないけど | トップページ | 史上最強の弟子 ケンイチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/12204651

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿最終決戦:

« 愛のなんたらみたいのも否定はしないけど | トップページ | 史上最強の弟子 ケンイチ »