« 女装少年、留年生、幽霊… | トップページ | お化けネタ被る被る »

2006年11月 1日 (水)

意志とか、想いとか。

●『時をかける少女』 2006年劇場アニメ版

 とにかく、事前の情報や感想なんかもなるべくカットして(まあ、絶賛する声はイヤでも聞こえては来たのですが…)、白紙の状態で楽しめるように耐えること幾星霜、よーやっと我らが富山県でも上映開始されまして、今更ですが観てまいりました。既に初公開からずいぶん経っていて、感想や評論も出尽くしているとは思うので「オレ評」をとくとく語るのも野暮でしょうし、氷川竜介氏が述べておられる(『オトナアニメ』誌参照)ように、この作品について語ることが色々「恥ずかしい」思いにさせられてしまう(笑)のも事実なので、一言素直に「良かった」とだけ云っておきましょう。…ありきたりすぎる感想で少々悔しいのですが(笑)。無理に敢えて気になる点を挙げれば(←超最悪な性格)、音楽が“鳴り響き”すぎている感じがすることでしょうか。これは、今の劇場が音響良すぎるせいもあるかもしれませんが。後、やっぱ夏にちゃんと観たかったなあ(最近、その辺の季節感無視の映画多いしねえ)。


 あ、余所では絶対に出てないであろう感想をひとつ。モブシーンで結構ポニーテールの娘がいたのが嬉しかったッス(死)。

|

« 女装少年、留年生、幽霊… | トップページ | お化けネタ被る被る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/12517419

この記事へのトラックバック一覧です: 意志とか、想いとか。:

« 女装少年、留年生、幽霊… | トップページ | お化けネタ被る被る »