« 乱入ありや!? | トップページ | コスプレ祭り開催 »

2006年11月22日 (水)

冬服になったのですよ~

●『乙女はお姉さまに恋してる』 第7話/小っちゃな妹(かな)と大きなリボン

 ついこの前まで夏だと思っていたら、季節はもう十月。まるで、通常の四倍の速度で時が過ぎ去っているような気がします(笑)。それに併せて、聖應女学院も衣替え、って、ちゃんとOPまで変わってますよ(一子だけそのままなのが芸コマ)。ビバ、デジタル!つー感じですな。

 で、今回は奏メインなのですよ(記事タイトルは、“奏ちゃんのリボン”なんつーベタベタなのも最初考えてました)。貴子さんチェックでケチがついてしまった、トレードマークのリボン。…イヤ、あの娘一年中アレ付けてるんですけど……。今更だよねえ。それにあれぐらいのリボンで大騒ぎしていたら、そもそもギャルゲーの服装センスなんて全滅ですぜ。…と思った(違うと思います)瑞穂ちゃんを筆頭とした聖應三天狗(えー)の皆さんは、生徒会に異議申し立て(紫苑さま、人生の先輩としての貫禄を感じられるアドバイス、ありがとうゴザイマス←殴)をするのでした。ここで、あまり瑞穂組と貴子組の関係がギスギスした風にならない(少なくとも、描写されない)のは、本作の特徴…と思いきや、奏が(嫉妬の裏返しで)いじめの対象に。これこそ女の園、こうでないと(やられる方は気の毒だけどね)。その時“女”を見せて、魅せてくれた瑞穂お姉さま。凛々しくて素敵なのですよ~(……)。なんか、どんどん理想の嫁さんになっていってるよね、彼女(ええー)。ところで、奏はぶっちゃけ孤児だそうですが、どーゆー経緯でこんなお嬢様学校に通うことになったのでしょうかね? その辺だけでも一本お話が出来そうです。

 そんなこんなで生徒総会当日、妙にウカれている紫苑さま。やっぱ黒幕っぽいですよ、貴女(笑)。瑞穂ちゃんは壇上での“実演”で、リボンの件を皆に認めてもらうことに成功します。リボン付けてきゃぴるーん(効果音)ってのが似合う男の子って………。それはともかく(笑)、この(演説も含めた)パフォーマンスには賛否(それこそ観た人の数だけ)あると思うのですが、今回の主眼はそこではなく、多くの人が生活する場でのお互いの価値観の違いや意見の相違、判断の正否、その事のどこに重きを置くか?と云う事自体に悩む彼女らの姿(そしてその中で鮮明になっていく貴子さんの心の揺れ、こそ本筋っぽい)、ではないかと思うので、これはこれで良いのではないかと。むしろ、明らかに大きさが変化してるくさいリボンの方が気になります(笑)。あ、でもちょっと、まりやの態度は後味悪いところもあったのは残念なのですよ~(最後にフォローがなかったので…。奏の件を利用して私怨を晴らしただけに見えてしまう)。

 あ、EDや次回予告も衣替えしてるぞ。ぱんつの色まで変わってる! ビバ!、デジタル!!(笑)。

|

« 乱入ありや!? | トップページ | コスプレ祭り開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/12776798

この記事へのトラックバック一覧です: 冬服になったのですよ~:

» (アニメ感想) 乙女はお姉さまに恋してる 第7話 「小っちゃな妹と大きなリボン」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
乙女はお姉さまに恋してる2 =限定版= 季節は秋。衣替えシーズンに入り、校舎の前で服装のチェックをする生徒会メンバー達。瑞穂達も当然チェックを受けますが、貴子は奏のリボンが大きいと指摘しすぐに改善を要求します。しかし、奏はこれはとても大事なものだと瑞穂達に....... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 02時16分

» 乙女はお姉さまに恋してる 第7話 [本を読みながら日記をつけるBlog]
「小っちゃな妹と大きなリボン」 貴方、お名前は? [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 09時54分

« 乱入ありや!? | トップページ | コスプレ祭り開催 »