« 真琴編終了。 | トップページ | なんのアニメなんだか »

2006年12月13日 (水)

季節はずれの大三角形

●『乙女はお姉さまに恋してる』 第10話/二人のジュリエット

 前回、まりやに必要以上に入れ込んだ身としては、ちと物足りなかったデス。ストーリー的にはともかく、演出が心情的にブツ切り感の強いもの(要は、ちょっと粗い)だったので…。流石に作画も少々息切れ気味なのも残念。

 サブタイトルからして、お芝居のクライマックスでまりやもジュリエットの格好で現れて、瑞穂ちゃんに「どちらを選ぶの?」とか迫るのだと思っていましたよ。あ、でも、キスシーンでの対比にはなっているのですな。自分の本当の気持ちが分かってないままでそんな状況になってしまい、(心の準備が出来ていなかったとは云え)自ら拒んでしまったまりや。アクシデントが引き金になったものの、(希望通り?)本当に唇を重ねてしまった貴子さん。彼女らの心の陰影が、瑞穂ちゃんに対する想いの姿勢が、クッキリと写し出されてしまったわけであります。二人のジュリエットの選ぶ道は、果たして…。

 流れ星に願いを込めたりケーキを食べたりアクセサリーを手にしてみたり、その仕草はもう全く不自然なところのない瑞穂ちゃん。そりゃ、お芝居も上手にこなせますわねえ(笑)。一方、そんな瑞穂お姉さまにトキメキまくってどんどんアヤシイ人になっていく貴子さん、普通の恋愛物としても百合物としても、どちらにもオイシイ展開だ(笑)。奏の主役っぷりは……、う~ん(苦笑)。


 次回はダンスパーティ、やはりここでも『はぴねす!』よろしく女同士の壮絶バトルが!?

|

« 真琴編終了。 | トップページ | なんのアニメなんだか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/13051859

この記事へのトラックバック一覧です: 季節はずれの大三角形:

» (アニメ感想) 乙女はお姉さまに恋してる 第10話 「二人のジュリエット」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
乙女はお姉さまに恋してる3 =限定版= いよいよ文化祭の日を迎えた、ここ聖應女学院。来るべき本番の時を迎え、瑞穂は心地よい緊張感に包まれていました。一方、最近は少し様子が変なまりや。実は、これまて気づかなかったある想いが彼女の中で芽生え始めていたのです・・....... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 11時03分

« 真琴編終了。 | トップページ | なんのアニメなんだか »