« ある面、やはり時代を写してはいる。 | トップページ | 学園祭ネタ被る被る(笑) »

2006年12月 7日 (木)

安堵と喜びと、優越感と

 「だから、翼をあげようと思った」…って、女装と云う翼を与えられた瑞穂ちゃんは、見えなくなるくらい高く飛んでいってしまいましたよ、既に(汗)。

●『乙女はお姉さまに恋してる』 第9話/まりやの気持ち


 同じところに立っていると思っていた。
 同じ道を歩いているのだと思っていた。
 同じものを見ているのだと思っていた。

 今までも、そしてこれからも、ずっと。


 正直、まりやのキャラにはこれまで今ひとつノれないところがありました(嫌いって訳じゃない)。特に、(以前も少しふれましたが)十月革命の時の立ち回り方。でも今回は、ズバリその部分を貴子さんに指摘されてうろたえるところなど、「してやったり!」と云う感じです。こーゆーのが見たかったんですよね。そして、自分と一緒に歩いていたと思っていた人間が、いつの間にか違うところにいた、違う方を見ていた、その時の取り残されたような喪失感、焦燥、悲しみ、そして反動としての嫉妬と怒り、こうした感情の渦は凄く大きいと思います。ましてや、その“違う”事になるきっかけを自分が与えてしまったのであれば、なおさら(この女学院のシステムはどうなっているのかは知りませんが、特に高三であれば進路に関係してくるこの時期、余計このような状況って起こりやすいと思いますし)。…ちょうど自分も色々とそのようなことを考えていたタイミングでもあったので、これまでとはうって変わってまりやさんに感情移入してしまいましたですよ。貴子さんのワカり易いウブ可愛さが世間では今回評判ですけど、俺はまりや派につくぜ! 次回はいよいよ本当の対決となりそうな雰囲気ですが……。

 イヤまあ、勿論貴子さんも良かったのですが(笑)。役を引き受ける前に、まずはちゃんと脚本読んでからにして下さいな(笑)。端から見てると、「生徒会長は(同性の)お姉さまにトキメいているアッチの人」に見えてしまうのがまた楽しい。…全てを知ってる紫苑さまが涼しい顔してキスシーンを見守っておられるのも、さすが余裕というか、大物というか。

 そうそう、文化祭と云えば、自分も中学の時、プラネタリウムやったのですよ。凄いショボい規模の奴だったのですがね(笑)。スライドで写し出す星座の絵とか一人で描かされたり、皆で遅くまで残って設営したりしたのを懐かしく思い出してしまいました。今回、まりやに思い入れたのは、そんな思い出があったからなのかもしれませんね。

 …ところで瑞穂ちゃん、幼少の頃から女物の水着とか着せられていたんだね……(やはり恐るべし鏑木一族)。まあ、可愛すぎるので私は一向に構わんッッのだけど(………)。

|

« ある面、やはり時代を写してはいる。 | トップページ | 学園祭ネタ被る被る(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/12973105

この記事へのトラックバック一覧です: 安堵と喜びと、優越感と:

» 乙女はお姉さまに恋してる第09話「まりやの気持ち」感想 [accessのweb飛行機写真館]
うわ〜い!!おとボクだ〜!!処女を全キャラクリア、後はおまけストーリーだけという状態なんで、やっとアニメではどの内容をやっているのかわかるようになりました〜。【ご予約受付中】3月4日発売!DVD乙女はお姉さまに恋してる3【限定版】早速感想。ってことで原作やっ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 21時28分

» 乙女はお姉さまに恋してる第10話「二人のジュリエット」 [accessのweb飛行機写真館]
おとボク!昨日は日曜だってのに早朝出動だし、今日はパソコンがいかれて原因突き止めるのと治すのに半日かかるし・・・そんな時はこのアニメで癒されるしかないでしょう!!【ご予約受付中】2月7日発売!DVD乙女はお姉さまに恋してる2【限定版】早速感想。今回は学園祭の...... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 22時58分

« ある面、やはり時代を写してはいる。 | トップページ | 学園祭ネタ被る被る(笑) »