« キュアババアがドールになったよ! | トップページ | 何あのOPアニメ… »

2007年3月16日 (金)

京都アニメーション版『Kanon』完結

 ……あ゛ー、俺、ずっとこの作品のヒロインは名雪だと思っていたのですが、違ったんですね…。最後の最後で、彼女の一発大逆転があると思っていたのに(それだと祐一が蝶外道野郎になってしまうから無理か?←今でも充分アレだけど…)。なんだかんだで、最後まで観てしまいました。

 しっかし、結局ナニやりたかったのかよくワカらん作品ではありましたな。各ヒロインの話をただ並べただけの間延び感たっぷりの展開(しかも最後にまとめようとしていたみたいだけど、どうにも…)、さんざん悲劇とか心の闇を煽っておいてオチは“奇跡”で済ませてしまう安直さ、あまりにも人工的な画面づくり(世間的には緻密、とゆーらしいです)等々、どうにも今ひとつノり切れませんでした。原作ゲームのファンの人は、コレで満足だったのでしょうか? やっぱゲーム物のアニメ化は鬼門ですねえ。ん、『CLANNAD』? もうどうでもいいですよ。

 取り敢えず、百花屋のウエイトレスさん(ポニーテール)が出ている回だけ残すことにします(死)。

|

« キュアババアがドールになったよ! | トップページ | 何あのOPアニメ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/14277409

この記事へのトラックバック一覧です: 京都アニメーション版『Kanon』完結:

« キュアババアがドールになったよ! | トップページ | 何あのOPアニメ… »