« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日 (金)

逮捕されちまいやがった!

 たまたまTVを点けたら、『奥様は警視総監』でリュウさんが犯人として捕まってしまうシーンでした(笑)。


 んで、全然関係なく『怪物王女』10話・追憶王女ですが、なかなか良い話でありました(もうちと演出に凝ってくれれば完璧でしたのに)。毎回の出来の波の上下が激しいなあ。おいしいフランドルと対照的に、リザはすっかりネタキャラです(笑)。あと、前回から登場したパンダちゃん、アレって魔界の生き物とかじゃなくて、普通のパンダなんだね…。いーんスか、そーゆー世界観で?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

夏休みにはやっぱり『ヤマト』

 まだちょい先ですが、NHKのBS夏休みアニメ特選で『ヤマト』を放映するみたいです。この時期にやると、あの狂乱の時代を思い出しますよ(笑)。そう云えば、『さらば』初放映の時も、こんな組み合わせで二日間にわたってやってましたよね(あれはお正月だったけど…)。当時は、春夏冬の休みごとになんか『ヤマト』やっていたものなあ…(当然ゴールデンタイムで。今のジブリアニメ的扱いだった)。


 全然話は変わるけど、『ハヤテのごとく!』の10話はやりたい放題でしたな(笑)。(ウチはBSジャパンのを観ているのですが、)あんなの日曜の朝っぱらからやってもイイのでしょうか!?(笑)。マリアさんの冒頭のコスプレはミーアなんだね、ラクス様じゃなく(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

バンダイタコ登場

Sdog01
 バンダイ謹製の1:20スコープドッグ買ってきましたよ。箱の上に乗ってるのは、1:48アクティックギアのベルゼルガね。MGザクVer. 2.0等でもお馴染みの箱サイズなんですけど、「旧タカラのサイズ」を見慣れている者からすれば、やっぱデカいッスよねえ。エッチングとかの無い通常版ですら、こうですから…(店頭では豪華版の方が先に目に入ったので、あまりの大きさに固まってしまいました)。

 取り敢えずは、パチパチとそのまま組んでみるつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最強うっかり剣士登場

 『BLUE DROP』のアニメは、随分違う雰囲気になるのでしょうか?


●『シグルイ』 第四十七景/稚児(やや)

 いくの許嫁殺害の下手人は、牛股であった! ………ええええー、今更そんな事云われても(まあ、確かに曖昧虎眼先生が死んだ人の周りをウロウロしていたら怪しすぎるだろうけど…)。そんなこんなで、今回は過去話(またか)、ある意味いくメイン回であります。アニメのキャストが発表されて以来、彼女の声は既に篠原さんの声で脳内再生済み(笑)なんですが、今回はいろんな意味で本当にもうぴったり、って感じの展開でしたね!…つか、あそこまで不幸にしなくても……。でも、「まるで稚児のよう」って所は篠原ボイスがハマり過ぎ、早くアニメでも観たいッス(←気が早い)。そしてまた新たな御前試合剣士・月岡雪之介が電撃参戦ッッ!! なんか微妙な雰囲気が彼らしい(笑)。

 あ、『RED』5周年企画の付録連発は凄いですよねえ。なんでこの雑誌はこんなにノリノリなんだ(笑)。やはり注目は再来月号の“『シグルイ』朗読CD”でしょうか。若本氏は、せめて「『地球へ…』などでお馴染みの」としてあげて下さい(笑*)。11月号のまふゆのフィギュアは、きっとバンダイのバニーハルヒみたく色が変わる(多分水着が透ける)のだと思うけど、それだったら乳のデカい燈にしとけよ(笑)。


*ワタクシは『地球へ…』も『ハヤテのごとく!』も、どちらも毎回楽しく観ておりますよ、念の為。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

朝日ソノラマ営業停止

当社は9月で店仕舞いします


 もともとそんな体力がある会社ではなかったとは思うのですが、やはり驚きましたね。特撮・アニメ・(ティーン向け)小説など、オタク界にも関わりの深いところでしたので大変残念です。

 先日出たばかりの『メビウス』のムックを始めとして、未だ欲しくても買ってない本は今のうちに入手しておかねばな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

表彰台で目が笑ってねーアロンソ

●F1グランプリ2007 第7戦・アメリカ

 ハミルトンが2連勝でしたが、なんか面白みに欠けると思うのは自分だけでしょうか? ライコネンは序盤のもたつきが尾を引いた形になってしまったのが勿体なかったですね。バトンがデビットソンに抜かれるシーンが、今年のHONDAを象徴していた感じではあります。

 流石に前回のクビサに配慮した(あれだけのクラッシュで捻挫ですんだのが驚き…)のか、あのダサくて印象も悪い地上波OPアニメが無かったのは良かったッス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

『怪物王女』第8話/密室王女

 今回は、作画も演出もなかなか良好で楽しめました(毎回コレくらいのレベルを期待したいのが本音なんだけど…)。色々規制なんかが厳しい様子(*)の中で、『物体X』なアレが気持ち悪く動いていたのが良かったッス。リザや姫の妙にエロいカットも多かったし(笑)。能登ボイスの令裡は、これまで今ひとつ違和感あったのですが、今回はあまり気にならなかったのも好印象(慣れた?)。次回はいよいよ待望の(?)パンダちゃん登場だッ! …なんだかんだでこの作品、全体的には出来がいいとか全然思わないのですけど(殴)、なぜか春の新作では毎回一番楽しみにしている番組になってしまっているのが、我ながらなんとも妙(笑)。


*血とかグロとか…。つか、そんなにヤバイもの見せたくないのなら、そもそもこんな作品アニメにする事自体間違ってるし。そんなに原作売れてるわけでもないのだし(失礼)。なんか凄いねじれてるよなあ(アニメスタッフを責めてる訳ではないので、念のため)。『シグルイ』なんか、どーすんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月11日 (月)

ぎゃー

 寝過ごしてしまって、F1カナダGPを見逃してしまいましたよ。こんな時に限って、録画予約も忘れていて、地震があって(またかよ…)目を覚ましたときには中継終わってるし……。どうなったのかといろいろネットで調べてみたら、…前回のモナコの反動が来たかのように、えらく荒れたレースだったみたいで……。リアルタイムで心臓に悪い思いをしなかったのは幸運と云うべきなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

びみょー

ウィルコム、幅50ミリの[es]後継機「Advanced/W-ZERO3[es]」発表

 待望の新機種でありますが、従来に比べてスリム化したのは喜ばしいものの、全体的には勿体つけたティーザー広告で引っ張る程のものでもなかったよな、と。そろそろ新端末に買い換えたいなと思いつつ、悩む次第ではあります(最近緑色が追加になったWX320Kもいいんだよね…)。


 ところで、『チャンピオンREDいちご』の第2号買ったのですが、佐藤センセイの新作『VITAセクスアリス』、こちらも凄く微妙だ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

続編は『01』?(←気が早い)

 しばらくアレだったので、その間の触れられなかった話題を。


『シグルイ』アニメ版 スタッフ&キャスト


 いく:篠原恵美


えええええええー。こりゃビックリだ。“篠原恵美×マッドハウス”のコラボは不幸キャラ、の伝説にまた新たな1ページ(殴)。虎眼先生が加藤精三氏とゆーのは、ハマりすぎてて面白みがないかも。涼のキャストは、やはり作者サービスなんでしょうか? 主題歌歌ってくれるのかなあ(笑)。

 篠原さんは今回(9話)の『精霊の守り人』にも、久々に出ておられましたねえ(こんな、なにげなく再登場するとは思ってなかったので意表)。ついでに『エミリー』は、もうちとナレーションが多いと嬉しいッスね。


●『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』


 …………あいたたたた……。「やっちゃったなあ」って感じやねえ。

監督              水島精二
シリーズ構成・脚本   黒田洋介  
キャラデザ         高河ゆん


……見事に、個人的にソリの合わん人たちばっかりです(苦笑)。だめだこりゃ。

 後、いくらなんでも半分も行ってない『地球へ…』枠でTVスポット流すのはあんまりやろ? せっかく泣けるお話だったのに、感動が台無しだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 4日 (月)

永遠のピアノのしらべ

ピアニストの羽田健太郎さんが死去


 ………なんかもうね、悲しい、とかそう云うレベルじゃないですよ。『ヤマト』の音楽に多大な貢献をしてくださった(世間的にはほかに色々と代表作があると思うのですが、自分的には、ね)双璧ともいえる方が二人とも亡くなってしまわれるなんて……。素晴らしい演奏と音楽を聴聞かせてくださってありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします。

  1984年5月4日演奏の『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』を聴きながら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

血を吐きながら続ける…

 昨今の流れに乗って、『ヤマト』もDVD-BOXが出るみたいですな。しかし、中身(映像特典など)的には既製の品と変わらないようなのが残念。古い作品なだけに色々面倒だとは思うのだけど、DVD化されたのが普及期当初と云う事も併せて、「今、出す商品」としてのこだわりがもう少し欲しかったところではあります。

 …と云っても、LDで全作揃えてるので、DVDは全然買ってない俺(笑)。今回も見送りかなあ。今や叩き売りのごとくDVD(BOX形態での)再発売が加速しておりますけど、大体このデジタル化社会、映像メディアの主力も今後10年(以下の)単位で移り変わり続けると予想されますが、その度に新しいメディア買い直すんですか? いい加減アホらしくなって来ねえ? 流石に俺、付いていけなくて、DVDなんてほんとに数えるくらいしか持ってないですよ…(LDの所有枚数の方が全然多い)。著作権云々の話もそうなんだけど、最近は商売上の都合、ってヤツがあまりにもあからさまに(隠そうともせず)前面に押し出されすぎているのは如何なものかと思う次第。そんなものに皆、いつまでも黙ってついて行くと思ったら大間違いだよ、と申し上げておきたいのです。

 で、なにを云いたいかとゆーと、とっとと『さらば』の零号フィルム版と『完結編』の35ミリ版(タイトーのVHDゲーム版の映像特典付き)のDVD出しやがれ!、って事ッス(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

今回、唯一の北陸公演

●CHAGE and ASKA Concert tour 2007 “DOUBLE” in 富山・オーバードホール

 やっぱり地元に来てくれるのは嬉しいですよね。曲の並びは、ありがちな「“いつもの”+最新アルバム曲」と云ったものでなく、割と新旧幅広くセレクトされていて(25th“熱風"以来、昔の曲やったりするのに抵抗感少なくなったのでしょうかね?)意表を突かれつつ楽しませてもらいました。個人的には、『風のライオン』が一番キましたですよ。やっぱ名曲だよなあ。最後の『SAY YES』の使い方も上手い! 自分みたいに、彼らのコンサート慣れ(つーよりスレてる?)している人間ほど驚かされたかも。

 ハプニング(?)としては、小川もこさんをいじめた罰で(笑)、涼さん(笑)の策略にハマって『終章~エピローグ~』をフルコーラス歌うハメになってしまったCHAGEちゃんが可笑しかったッス。いや、我々的にはもの凄いラッキーなプレゼントではあったのですが。

 エンディングでは、その日の(つまり、たった今の今までやっていた)公演の模様が流されたり、会場全員で記念撮影(笑)した写真が映し出されたり、前回の金沢公演で「ニクい演出だけど、富山でやってくれないのが悔しいぜえ」とか思っていたところの胸のつかえを晴らしていただきました。満足満足。


 年末のアコースティックライブは、チケット取れるかなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

アニメの時は速報テロップ禁止(怒)

 …つーか、未だすったもんだしてたんだね…(「何時になっても…」とか云ってたけど、ほんとに今までやってたのか)。

 てなワケで『怪物王女』の第6話ですが、姫とフランドルの妹が登場ッ! OPで異様に気になっていたパンダちゃん(?)も出てくるかと思っていたのですが、未登場で残念。全体的にのっぺりとした演出の本作の中で、ふでやす脚本の回は軽妙で楽しく仕上がってはいるのですが(半魚人の時とか)、作画の方はもうちとがんばって欲しいところですねえ(なぜかいつもリザが作画の割を食らいまくりなんだよな)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »