« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

僕がお嬢様をお守りします、って感じ

 『ゲゲゲの鬼太郎』の、ねこ娘がバスガイドする回がこちらでも放映されたのですが、いやー、スタッフは色んな意味でよ~くワカってるなあ(笑)。ちょっと本来の視聴者のチビッコ達が置いてけぼり食らってないか心配になるくらいのサービス満点ぶり、海行ってるクセに水着になってくれない『プ○キュア5』とは大違いだ(笑)*。作画も前回に続き今回も気合い入っていたし、ゲストの女の子はいつものごとくカワイイしで、大満足であります。それにしても、鬼太郎のニートっぷりはエスカレートするばかり…。今期の彼は、なんかギャルゲーの主人公みたいだと常々思っていたのですが(やたら女の子からの依頼が多いし)、ダメ男っぽいところまでそうならなくても……(苦笑)。あと、新EDは毎回変わるのだとようやく気が付きました。

 ギャルゲーと云えば『CLANNAD』、BS-iでもようやく開始。むむむ、相変わらずの自分語りな内容、うっとーしくね? コメディタッチとゆー事で期待していたのだけど、その辺もキレは今ひとつだし。うって変わって、その前にやっている『逮捕しちゃうぞフルスロットル』は、意外にも結構楽しめました。またOPのポニーテール美幸と(葵ちゃんはともかく)、百合フルスロットルなEDが素晴らしいです(笑)。


*注:云うまでもないですが、『プリ○ュア5』は毎回楽しく観させてもらってますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

誰が描いたこんなシナリオ

●F1グランプリ2007 第17戦(最終戦)・ブラジル

 まさかの大逆転で、あの(笑)ライコネンがチャンピオンに! いやー、またラスト一周でエンジンブローとかしちゃうんじゃないかと期待ハラハラしちまいましたよ(笑)。はっきり云って、個人的には今年のF1は総体としては今ひとつ盛り上がれなかったのだけど、このラストレースでこんな凄い、1ポイントを巡る攻防になるとは。最後を締めてくれた感じで文句なしです。…これで、相も変わらずのハミルトン寄りの実況を自重してくれたらねえ。あと、期待の中嶋ジュニアは、せっかくの快走も最初のピットインアクシデントでミソ付けちゃったのが残念でしたな。

 さて、2008年はどんなシーズンになるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

ETV特集『21世紀を夢見た日々~日本のSF50年~』

 …なんか、いろんな意味で100回ぐらい突っ込みたくなったのはワタクシだけでしょーか……。見所は、栗山千明のSFコスプレ(笑)ぐらいか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月20日 (土)

牛鬼やら一つ目やら

 妖怪漫画みたくなってきたな…。


●『シグルイ』 第五十一景/一ツ目

 最早、人知を越えた存在になってしまった感のある牛股師範。前回の終わり方がキレイだっただけに残念ではあります。いくらなんでも方向性違ってきているような……。ぶっちゃけ、伊良子の脚を傷つけるのを忘れちゃったために、無理矢理展開の軌道修正した雰囲気がぷんぷん(いつの間にか無かったことになってる遺体バラ撒きとか)。納得のいく筋書きになってくれるのか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

最終回はも少しお預け?

●『怪物王女』 番外編(第25話)/不良王女

 とゆー訳で、TV放映(BS-i)での最終回を迎えました。お話は……まあ、その(笑)。エミールお兄様には笑ったけど(取説持ってくんな! あと、毎回毎回「今度会ったら…」って言ってねーか?)。こーゆーバカ話こそ、良質な作画で観たかったのに、残念ではあります。

 そ云えば今日(もう昨日、か)は待望の(笑)DVD発売日でしたな。入手した人の報告によると、本編の作画修正(クオリティアップ)などは行われていない様子。…えらく発売が遅かった意味ねーじゃん!(苦笑)。しかし最終巻には未放映の26話が収録されるみたいで、そーゆーとこだけ抜け目ないなあ。それで一応の終わりらしい終わりらしい終わり方をしてくれるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

雨のアジア2連戦

●F1グランプリ2007 第16戦・中国

 レースの神様ってーのは…って、去年も書いたよな(笑)。最終戦に三つ巴で雪崩れ込むって出来すぎだろー。バトンは前回今回と、一瞬夢を見させてくれたのだけど、残念でした。とは云え5位は見事。この早さがシーズン当初からあれば…。これまたこの2戦でその存在感を大きくさせたベッテルの今後も期待ですな。

 ブラジル決戦、どうなりますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

顔近いよ!

 『プリキュア5』のOP映像にミルクと新技が追加されましたなあ。これまで差し替えるタイミングを逸して来た感があっただけに、ようやくとゆー感じではあります(映画などで忙しかったのだろうけど)。

 一足早く刷新されていた媚び媚びEDですが(笑)、「なんか中途半端に動いて中途半端に止まってね?」とか思っていたら、こちらも併せて完成版(修正版?)にアップデートされました! 今度は気持ちよく動いていて、画の追加もあっていい感じッス。ただ先週までのβ版(?)に比べると、、我らがババア様アクアのダンスパートがアナログ波の画角だと思いっきり見切れてしまっている(やはりこれも地デジ推進派の陰謀かッ!?)のと、激萌えのこまち&かれんのツーショットドアップが短くなってしまっている(単に前のが垂れ流しっぽかっただけなんだけど…)のが惜しいところではあります。いや、なんだかんだ云って繰り返し再生させてはいるんだけど(苦笑)。

 ついでに、アクアの必殺技バンクも修正入れてやって下さいよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『機動戦士ガンダム00』第1話

 待望の(爆笑)『ガンダム』最新作が遂にスタート! ……初っぱなの“天使降臨の図”でもうウンザリ。その後もウザいキャラ描写、思わせぶり・シリアスぶり演出連発など、期待を裏切らぬフィーリングの合わなさであります(苦笑)。なんだかねえ。とにかく現時点では「こう来たか!」と感じた部分がまるで無いのは如何なものかと。後、やっぱキャラデザに魅力がなさ過ぎる……(動けばなんとか、とも期待?していたのですが)。さて、どこまで付き合っていけますやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

『ゼロの使い魔 双月の騎士』終了

 結局、なんかアレもコレもやろうとして焦点が全然定まらないまま終わってしまいました、って感じですなあ。アニエスの大活躍(苦笑)は別として、新キャラもお馴染みキャラも全然目立たなかったし。原作はともかく、アニメは「お話としては」一応前シリーズでケリが付いてしまっているので、普通に各キャラの掘り下げ話をやってくれればそれで良かったのにね。やはり最重要な監督と脚本が変わってしまったのが痛かった…。色々事情はあるのでしょうが、残念な作品になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

最終回じゃなくて最終話

●『怪物王女』 第24話/決闘王女

 『怪物王女』、完結ッッッ!!


 えええええー、こんな終わり方なんスか!? そりゃ、きっちり結果の出る終わり方じゃああるまいとは思っていましたが…。それにしたって、色々ほったらかしじゃないかい? イヤまー、原作でも、確かにここが一つの区切りではあったのだけどね。これって、第2期を期待してもいいのでしょーか??(笑)。

 流石にクライマックスだけあって、作画は上等でした。やたらエロかったし(笑)。シリーズ通してせめて作画だけでもこのレベルを保ってくれれば(3回に1回ぐらいでもいいから)、もうちと盛り上がったのになと思うと残念ではあります。正直、色々微妙な作品ではありましたが、なぜか気になって観てしまう一本でしたよ。楽しかったです。姫の、安易に崩れない(所謂安っぽいデレに走ったりしない)クールで硬派なキャラクターは中々に魅力的であったので、このままお別れになってしまうのは勿体ないなあと、続編を願う次第です。

 え、まだもう一回あんの? フ、フランドルが……。

 全然関係ないけど、今週の『範馬刃牙』、「これではまるで夜這いではないか」って板垣先生、ただでさえこれまでもフラグ立てまくっているのに、これ以上烈海王を萌えキャラにしたいのですかッッッ!!!(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 3日 (水)

忙しかったので、まとめて…

●『黒博物館 スプリンガルド』(全一巻) 藤田和日朗・著

 『モーニング』掲載時から、最近では一番のお気に入りの作品。蝶ベタベタな話なのに、これだけ面白く読めてしまうのはホントに凄い。ジュビロ先生(違)は、やっぱ読み切りや短編が上手いよなあと思う次第(長くなると思い入れが強くなりすぎるのか、どうしても詰め込みすぎになっちゃうんだよね…)。熱くて泣ける男の姿に乾杯ッス。女性陣も魅力的だし(お茶目な学芸員サンが特に)。表紙の装丁が凝りすぎていて、はじめ、「傷んだ本を買っちゃった!?」と素で思ってしまいましたよ(笑)。


●『精霊の守り人』完結

 いつ面白くなるのかなあ、と思っていたら終わってしまった「なんだこりゃ」な作品でした。画が無駄に充実していただけに、(メインスタッフが合宿までして練り込んだとゆー触れ込みの)脚本の弱さは致命的。どう考えても、この半分の長さで収まる話だし(実際、中盤不部に当たる半分近くがオリジナル展開)。小説としては面白いのかもしれませんが、映像向きではそもそもなかった作品ではあったのかも。クライマックスの『エイリアン2』展開に少しトキメイたのと、少女時代のバルサが異様に可愛かった点は良かったのですが。あと、タンダの報われなさっぷりと健気さに涙(笑)。


●F1グランプリ2007 第15戦・日本

 30年ぶり、3度目の富士スピードウェイでの日本GPは雨中決戦! 結果だけ見れば、ある意味順当ではあったのですが(個人的には面白くないけど)、とにかくその天候のせいで波瀾万丈、2時間フルタイム使った濃厚なレースとなりましたねえ。あの悪条件の中、高速バトルを繰り広げた(なんであんなに視界ゼロに近いのにオーバーテイクとか出来るのか。信じられん喃)パイロット達に拍手。ジャパンパワー(苦笑)勢が振るわなかったのは残念ではありましたが…。あと、会場関係のゴタゴタも(予想どおり)色々あったようですが、まあ、有明コミケだって最初は酷いモンだったしね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »