« 『地球へ…』最終回 | トップページ | 最終回じゃなくて最終話 »

2007年10月 3日 (水)

忙しかったので、まとめて…

●『黒博物館 スプリンガルド』(全一巻) 藤田和日朗・著

 『モーニング』掲載時から、最近では一番のお気に入りの作品。蝶ベタベタな話なのに、これだけ面白く読めてしまうのはホントに凄い。ジュビロ先生(違)は、やっぱ読み切りや短編が上手いよなあと思う次第(長くなると思い入れが強くなりすぎるのか、どうしても詰め込みすぎになっちゃうんだよね…)。熱くて泣ける男の姿に乾杯ッス。女性陣も魅力的だし(お茶目な学芸員サンが特に)。表紙の装丁が凝りすぎていて、はじめ、「傷んだ本を買っちゃった!?」と素で思ってしまいましたよ(笑)。


●『精霊の守り人』完結

 いつ面白くなるのかなあ、と思っていたら終わってしまった「なんだこりゃ」な作品でした。画が無駄に充実していただけに、(メインスタッフが合宿までして練り込んだとゆー触れ込みの)脚本の弱さは致命的。どう考えても、この半分の長さで収まる話だし(実際、中盤不部に当たる半分近くがオリジナル展開)。小説としては面白いのかもしれませんが、映像向きではそもそもなかった作品ではあったのかも。クライマックスの『エイリアン2』展開に少しトキメイたのと、少女時代のバルサが異様に可愛かった点は良かったのですが。あと、タンダの報われなさっぷりと健気さに涙(笑)。


●F1グランプリ2007 第15戦・日本

 30年ぶり、3度目の富士スピードウェイでの日本GPは雨中決戦! 結果だけ見れば、ある意味順当ではあったのですが(個人的には面白くないけど)、とにかくその天候のせいで波瀾万丈、2時間フルタイム使った濃厚なレースとなりましたねえ。あの悪条件の中、高速バトルを繰り広げた(なんであんなに視界ゼロに近いのにオーバーテイクとか出来るのか。信じられん喃)パイロット達に拍手。ジャパンパワー(苦笑)勢が振るわなかったのは残念ではありましたが…。あと、会場関係のゴタゴタも(予想どおり)色々あったようですが、まあ、有明コミケだって最初は酷いモンだったしね(笑)。

|

« 『地球へ…』最終回 | トップページ | 最終回じゃなくて最終話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/16653549

この記事へのトラックバック一覧です: 忙しかったので、まとめて…:

« 『地球へ…』最終回 | トップページ | 最終回じゃなくて最終話 »