« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

年末恒例格闘祭り

 異様に熱かった三崎VS秋山、一年前のヌルヌル事件以降すっかり嫌われ者になってしまった秋山ですが、今回はいいファイトを見せてくれたと思いますけど。勿論、鮮やかな逆転劇を演じた三崎も素晴らしい。

 桜庭VS舟木は、普通にブランクの差だったような感じ。ヒョードルは強すぎるよな。ま、ホマン氏(違)は素人だし(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

WHF有明17・蝶個人的レポ

Whfa17_00

 遅くなってしまいましたが、俺流の偏った(笑)会場レポートを。きちんとチェックしていなかったので、ディーラーさんの名前など間違うかもしれませんから、失礼ながら基本的に割愛させて頂きます。すみませぬ。

Whfa17_01_2
 間違いなく今回の台風の目であった初音ミクは、軒並み完売してましたが、ぶっちゃけ出来は玉石混合…(楽しんで作っているのが伝わってくるので、全然OKなんですが)。個人的にはこの娘が一番良かったです。

Whfa17_02_2
 スーパーシード扱いだった『リキッドストーン』さんトコの新作・ティアナ。このパーツ割り見ているだけで倒れそうですぜ…。

Whfa17_03_2
 『なのは』は、コスチューム・エモノ・アクションと造形的にも美味しいところてんこ盛りの素材ですから、人気のあるのもよくワカるのですが、派手~な作品も多くて、写真に上手く収めるのが難しいッス…。

Whfa17_04_2
 ↑キャ?ワ!イイv 『らき☆すた』も沢山あって楽しめましたが、皆かがみんとこなたばかり作っているのはちょい残念。

Whfa17_05_2
 なぜかガレージキット界では、昔から桜姫の需要って絶えずあるんだよね。


Whfa17_06
 気持ち悪いくらい(失礼)似てます。塗装も雰囲気たっぷり。造形が素晴らしいのは勿論なのですが、あずまさんの絵そのものの巧さとか魅力をこの作品で再確認してみたり。

Whfa17_07
 遠目で、「WHFなのに(版権取れないのに)なぜミーアが!?」と思って近づいてみたらヒナギクさんでした(笑)。誰か、某少女革命仕様も作ってください(笑)。

Whfa17_08
 癒される…。あのEDは、本編より気に入ってます(笑)。

Whfa17_09
 癒されます(笑)。

Whfa17_10
 必要以上に強そうな巡洋艦。“軍艦の凶悪さ”が上手く表現されているのではないでしょうか。

Whfa17_11
 『ヤマト』ファンの業は深い……。こんなマイナーネタ、ワカんねーよ!(笑)。

Whfa17_12
<ここからは、ポニーテールネタを集めてみました(笑)>

Whfa17_13
 漫画版では八神健先生、大暴走してるよねえ(汗)。

Whfa17_14
 『ゼロの使い魔』は、第一期のスタッフでもう一度やり直してください!(←オイオイ)。

Whfa17_15
 オリジナルの女戦士だそうです。胸部アーマーはお約束のキャストオフ方式(笑)。

Whfa17_16
かわいい~。

とゆー事で、今回はここまで。やはり、人様の作品を直に拝見するのは色々と楽しく励みになるものであります。


Whfa17_17_2

 尚、同時開催された串田アキラさんのミニライブは、大層盛り上がったそうですね。
*このコメントとリイン上司(笑)の画像は関係ありません。載せたかっただけです(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

空間磁力メッキ仕様…

<.ANIME限定プラモデル付セット>宇宙戦艦ヤマト TV DVD-BOX
*因みに、Amazonとの差額14500円あまり…。

 ……取り敢えず、キットを2個確保するのには良い選択かもしれないと心が揺れてしまった俺は、バンダイのいいカモです(泣笑)。今月号の模型誌にも、テストショット組んだ物が載ってましたね。悪くないんじゃね? 特に『モデルグラフィックス』掲載の「顛末」には、ファンとして結構心動かされるモノがあったし。その心意気に応えるべきなのか? ああ、どうしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CHEGE and ASKA Concert 2007 『alive in live』

Alive01
 時間的には余裕持って行ったのですが、クリスマスシーズンと重なったせいか、原宿駅が大混雑して中々駅から出られず(代々木競技場での公演でこんな状態だったのって記憶になかったのでビックリ)、開演までに着けるかどうか冷や汗ものでしたが、間に合って良かった(駅で二進も三進も行かなくなってる時に右○の街宣車が叫いていった際には、自分も含めて皆殺気立ってちょっと気まずくてマイった…)。

 1999年の『Premium Live』(祝DVD化!)以来のアコースティックライブでしたが、流石にその時ほどのインパクトは薄れたものの、通常のライブでは時折派手なアクトで隠れがちになる“ボーカルの魅力”を最前面に押し出したスタイルで、心ゆくまで堪能できました。今回は2階席でしたが、センターステージ方式は意外とスタンド席(8年前の大阪公演ではアリーナ席でありました)の方がまんべんなく見渡せてオイシイかもしれませぬ。いや、負け惜しみじゃないですよ?(笑)。ソフト化の為の収録日に当たったのもラッキーでした。「自分の行ったライブそのものが残る」のは、やっぱ嬉しいですよね。

 セットリスト的には、もうちょっと古い曲もやるのかなと思っていたのですが(前回の『安息の日々』みたいに)、年代的にさほど偏らずにバラけた選曲が好印象。アレンジが素晴らしかったのは云うまでもないのですが、圧巻はやはり『Red Hill』。もうライブでは聴けない曲だと思っていたので(使いどころが難しいから)、あまりの格好良さと併せて感涙モノでしたよ。ちゃんとクリスマスソングもやってくれて、満足満足。素敵なクリスマスプレゼントをありがとう。

 来年はソロ、再来年は30周年(!)と続くので、すぐにではないでしょうが、またこうした形式のライブはやっていただきたいモノです。

Alive02
*ブレブレ…。夜景は難しい……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

WHF有明17

 今回の日程は、まずコンサート有りきだったので、WHFの方は当初全然念頭になかったのですが、昼間の予定がさっぱりだったので(鷲宮神社に聖地巡礼にでもいこうかと画策していたくらいに)いかがいたそうかと思っていたところ、有明での開催に気がついたのが一週間前(笑)。なかなかこうしたイベントに行く機会も取れないので、せっかくなので覗いてみることにした次第であります。

 いやしかし、列に並ぶのが館内、ってのは嬉しいよね(笑)。10時半ぐらいに会場到着、程なくして開場、いやあ楽ちん楽ちん。やはりこれくらいのイベント規模の方が、活気とまったり感が程よくブレンドされていてイイ感じですよね。

 んで、先述のような経緯での参加でしたので特にお目当てもなく館内をブラブラ。ざっと見渡したところ、可動モノと色付き品(カラーレジンとか塗装済みのものとか)がエラく増えたなあと云う印象。十年一日のごときガレージキット界にも、変革の刻は確実に到来してきているのを今更ながら実感しましたよ。人気は、もう『なのは』は鉄板キャラになってますねえ。そして今回一番勢いがあったのが初音ミク。個人的にも、本当の意味での初のバーチャルアイドルってところはなかなかにおもしろいと思いますし。それにしても、(古いオタクにとっては)最早なにが流行るかワカらん世の中になってきましたなあ。

*写真とかは後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリークリスマスin TOKYO

 本日は昼間はWHF有明17へ、夜は代々木でチャゲアスコンサートとゆー、濃いスケジュールの一日でありました。…んで今は夜行までの時間つぶしに品川のアンナミラーズにいます(笑)。ずっと休みか無かった自分へのクリスマスプレゼントってコトで(泣笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

ドライアイスでガス生命体?

西崎義展プロデューサー総監修「デスラー総統ワインセット」

 オイオイ、グラスに棘やらイボイボやらが付いていないじゃないか!(笑)。


 てつまセンセイにはこちらを(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

『岸辺露伴は動かない -六壁坂-』

 露伴先生が『セーラームーン』ファンだったとは…(笑)。天国の扉が開いた気分(by和月伸宏センセイ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

ティエリア、君は女!(『ガンダム00』第10話)

 なんか女の子っぽいと思っていたら、どうやらそうみたいで…。ついでに、「なんか中に入ってそう…」とか冗談で考えていたヴァーチェの正体も女の子ガンダムでしたー(一応妄想はしていたけど、そんな頭悪そうな同人誌みたいなネタは絶対にあり得ないだろうと思っていたのにねえ…)。凄く驚かされはしましたが、「結局このお話ってスーパーロボット大戦の世界なんだなあ」と改めて認識した次第。頭部装甲がパージする時スルスルと伸び出てきた髪の毛(笑)を見たとき、筋肉繊維を想像してしまい「キモッ!」となったのは自分だけでしょうか? 『ガサラキ』のTAじゃああるまいし(笑)。

 しっかし、相変わらずお話の方はイマイチですなあ。(ソレスタルなんとか側の)キャラがきちんと描写されてもないのに“衝撃の展開!”とかやっても、単なるインパクト勝負のつるべ打ちでしかないですよ、『555』あたりの平成ライダーみたいに(ただ、アレはアレで根っこはしっかりしていたのが救い)。キャラ同士の絡みで物語を作りにくい描き方にしてしまったから、なんかトラウマみたいのをどいつもこいつもちらつかせたりして、無理矢理「ドラマありき」にしてるし。ウザいんだけど…。なんで自分から戦闘集団に加わってるのに「人を殺したくない」だの「死ぬのは嫌」だのなんて台詞が(かなり唐突に)出てくるのか。いやもう、カッコだけ取り繕っている感じがどうにも…。

 唯一、(それなりに)普通の反応をしてくれるグラハム中尉(乙女座)やハラショー・セルゲイ中佐に感情移入しやすいのだけが救いであります。


 あ、もうひとつ。宇宙用ティエレン、せっかくプロペラントタンク装備ってシブい設定がきちんと起こされているのに、対MS戦に突入してもタンク付けたまま戦っているのは凄く間抜けに見えてしまいます(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年12月 7日 (金)

今月2日のアレ

TVS

NHK

*いつまでリンクが有効かは保証できません。


 遂にNHKまで……(笑)。しっかし、大盛況ですなあ。声優さんまで呼べたのは大きいね。これで晴れて地元公認、って事で、まあそれなりに幸せな関係なのではないでしょうか?(笑)。あー、でも、初詣とかの時はハシャがないようにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

木曜時代劇 『風の果て』

 今日最終回だったのですが、凄く良かったです。描かれた登場人物達の意地、欲望、(陳腐な言い回しかもしれないけど)友情、そして弱さ…。これで泣けない奴は男じゃない!(歳とると、よーくワカるよ)。 綺麗な終わり方も好印象。

 …と云いつつ、最初の数話は見逃しているので、再放送を望む次第であります(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »