« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

今週の烈海王

「なんか出たココ!」


 …毎回笑わせてくれなくても、烈先生(笑)。


 それはそうとして、『コンプヒロインズ』と『Megamiマガジン』買ってきました。当然、『true tears』記事目当てであります。…両方とも、ちょっとしか載ってないのですがね(泣)。『Megami』の方の描き下ろしポスターは、比呂美や愛ちゃんもようやく登場してくれて、嬉しいところッス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

第一話と最終回

 『仮面ライダーキバ』は、前作(途中で見るの止めたけど)があまりに新機軸連発だったのに比べると、地味な印象。女優のキャスティングは完敗だし(涙)。主人公の名前は…(笑)。

 『プリキュア5』は、カワリーノさんのいきなりな復活に驚き。最後はデスパライア自らが封印を望むと云う、ちょっと変わった終わり方が意外でありました。最後は学園のシーンで終わるのはいいのだけど、おタカさんやマスコミか!も登場させて欲しかったところ。…ブンビーさんは、次回作でも出てくるのかな?、ゴーゴン大公のごとく。


 ついでに。釘宮ボイスなのに、乳がデカいキャラとはなにごとか、『ガンダム00』!(笑)。…ぺったんこなのはマリナ様だけ…。貧乏姫は、乳まで貧相なのか(殴)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

『true tears』 4話/はい、ぱちぱちってして

 街並みは城端、海は氷見、最寄りのショッピングモールは婦中(ファボーレ)、どこにあるんだ富山県麦端市(仮称)!

 比呂美の自爆告白攻撃で大ダメージを負った眞一郎。そんな時に我らが愛ちゃんの登場! 強引にデート(だよなあ、やっぱり)を成立させてしまいます。これもまた、乃絵の参入により人間関係のパラダイムシフトが起こった結果なのですが、逆に云えば、彼女がもう少し早くに(三代吉と付き合うハメになる前に)この積極性を発揮していればまた二人の関係は変わっていたかもしれない…ってーのが、他人とのコミュニケーションにおいて難しくも面白いところではあるのでしょう。しかし、愛ちゃんと三代吉のカップルは高校生の割に健全すぎる(笑)。あ、三代吉ん家は農家らしいけど、俺は子供の頃稲刈り手伝っても小遣いはもらえなかったなあ(泣)。

 比呂美はどんどんドツボにハマって行ってる感じ。彼女だけどこにも逃げ道がない状態なのは可哀想すぎる…けど、そんな不幸っぷりがたまらなく可愛い(笑)。笑顔より悲しそうな顔の方が似合ってるぜ!(殴)。

 まさかサブタイトルの「ぱちぱち」が、あんな状況で使われる台詞とは思わなかったくらいに相変わらず強引な乃絵ですが、ただの変人ではなさそうな部分が描かれてもいて、少し安心(?)しました。そして明かされた“涙"の過去。彼女は涙を「持って行かれてしまった(あげちゃった)」故に眞一郎にとっての天使になり得たのだろうけど、そんな彼女が涙を取り戻すことは、また人間に戻るってコトなんでしょうか? それは幸せなことなのか、それとも…? 兄の純も妹に似て(笑)一筋縄ではいかないみたいですが、あそこでヒキなら、前回での予告の台詞は無かった方がインパクトあったかも。

 比呂美とのすれ違いの果てに、いきなり一人で叫んでみたり、布団の中で苦悶してみたりと身に覚えがありすぎる(笑)行動を取る眞一郎。背景が(自分が住んでいるところの)田舎丸出しなところも更に自分の昔を重ねてしまって、こっちまで悶々としてしまいます…(苦笑)。だからこそ、このままずっと沈んだ表情で過ごしていくのかと思った比呂美の笑顔が見られた時は、彼同様ホッとしたものです(上で悲しい顔の方がいいとか云ってるクセにな)。くそう、上手い話運びだなあ。

 展開の方はずいぶん見えてきた感じです。西村監督は、「(本作で)大映ドラマをやりたい」と云っておられましたが、「なるほど」と思いつつも少し覚悟は必要かもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (10)

2008年1月26日 (土)

うおお

 久々に強めの地震ありましたよ。輪島が震度5弱、富山では震度3だそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

新製品

 昨日発表になったキヤノンの新デジタル一眼・EOS Kiss X2ですが、まあ順当なスペックアップと云いますか、面白みのない仕上がりなのは残念。「シェア奪回!」のかけ声こそ勇ましいものの、ニコンがD3系で一気に底上げしてきた分、いつものキヤノンらしく出し惜しみしている風な姿勢には本気度、つーか、熱量が感じられません。まだオリンパスやペンタックスの方が面白いぞ。

 …ずーっと、「今年こそデジタル一眼レフを!」と思いつつ、やっぱ優先順位が高くないのでいつも後回しになっているのですが(笑)、今回は前機種とも併売するそうですし、上位機のEOS 40Dや他メーカーの物も視野に入れてもう少し考えてみたいなと思っております、「来年まで待ち」も含めて(苦笑)。


 後、好き者の間では話題集中のEee PCが本日発売されたわけですが、自分も興味津々だったりします。なんつーか、ノートPC型の玩具って感じで(笑)←*褒めてる。価格も激安だし、色々遊べそうなので是非欲しいのですが、こちらも噂されている後継機がイイ感じっぽいので悩ましいところ。こーゆーのと日本のPCメーカーは戦わなきゃイカンのだから、大変だよねえ(MacBook Airあたりならどうでもいいけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月24日 (木)

烈海王……(号泣)

 タイトルとは全く関係ありませんが(笑)、例のDVD-BOX特典ヤマトのレビューが模型誌に載ってますね。特に『電撃ホビーマガジン』は別冊子扱いで、ランナー構成や磁力メッキ版(形になったのを見ると凄いインパクト)なんかも紹介してくれています。…まだ悩んでる俺(苦笑)。

 なんと来月号の『ホビージャパン』は、『ヤマト』特集だそうですけど、これに併せて旧キットでいいからまた再版してくれネエかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

地下鉄はどこから(略)

 今週の『その時歴史が動いた』は、地下鉄の父・早川徳次の物語だったのですが、映画『パトレイバー2』にも出てきた幻の新橋駅が登場するみたいだと期待していたら、ほんのちょっと画面に映っただけだったのでガッカリ(実際のあの駅は、今ではかなり綺麗に整備されていて、映画のような寂れたイメージではないそうなんですが)。イヤ、番組自体は面白かったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リフレクティア

 早速CD買ってきましたよ。本作の結末がこの曲のように爽やかに締めくくられるのを願いつつ、ヘビーローテーション中(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

『true tears』 3話/どうなった? こないだの話

 まさにトリニティソウル!!(←番組違う)。眞一郎を巡る三人のヒロインらの、三者三様の心の動きが随分鮮明になってきました。ひたすら不憫な愛子と三代吉カップル、どうにも素直になれない比呂美、取りあえず今のところ変人の乃絵(笑)と、見事なまでに気持ちがスレ違っていますなあ。特に、愛ちゃんがあれ程まで好き好き光線出しまくっているのに全く気が付かない眞ちゃんの鈍感さに、呆れ返るばかりです(まあ、恋愛物主人公のお約束でありますが)。煮物ネタや蹴り一発など、前半は愛ちゃんの親しみやすい可愛らしさ(ほら、他の二人があんなだし…)が良く出ていて良かったッス。それに彼女、背は低いけど乳はデカいよね(殴)。コーラの瓶取るカットで止め、ってセンスはよくワカんないけど…。

 グエン・ラインフォードやロアン・デミトリッヒ並にフルネームで呼ばれまくる石動乃絵の“彼氏”の正体は兄貴(これもお約束)。螢川高校って、どこぞの映画みたいな名前やね。女性脚本のせいか、乃絵はどこまで天然で、どこからが「してやったり」なのかワカらないところが、ある意味一番女としてリアルに描かれている感じ(笑)。「あぶらむし~」の歌は、何番まであるんだ!?

 さて比呂美。お前はホントに嘘が下手じゃのー。どうも仲上家との間に色々複雑な事情があるみたいで、それ故に常に本音を口に出来ないような環境に置かれてしまったせいか、こんな風にしか自分を見せられなくなったようだけど、それって「涙あげちゃった」乃絵以上に歪んでるつーか、無理してる。今まではそれで何とか綱渡りして行けたのだろうけど、妙な女(笑)の出現でその危ういバランスが崩れて…(前回ラストの笑み、色々解釈できたのだけど、こうしてみると一番近い感情は“安堵”なのかも)。眞ちゃん以上に乃絵に引っかき回されているのは彼女であるとも云えましょう。

 いやまあ、基本的にベタベタなことしかやってないはずなのに、相変わらずすっげえ面白いです。今ひとつ先も読めないし。ただ、全員がハッピーエンド、とはならないでしょうなあ。ヒロインが皆可愛い分、ちょっと辛いかも。

*追記:モブでポニーテールの娘が目立っていたのが嬉しいところ。ちゃんとポニーテール揺らして歩いてるッッ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月20日 (日)

あれ…?

 俺、てっきり今週で『プリキュア5』最終回だと思っていたんだけど、もう一回あったのね。五人娘が静かに楽しく夢を語るシーンは、独特の雰囲気があって凄く良かったです。後半の縫いぐるみ絶叫三連発は少しウザかったけど(笑)。しかし、りんちゃんの夢はプロスポーツ選手で、かれん様の夢は総理大臣、じゃあなかったのか…(笑)。

 次回はいよいよクライマックス! …なんだけど、作画微妙みたいなのがちょっと……(まあ、リソースが『5 GoGo!』の方にいってるのでしょうけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

流石アニメ放映数最下位県(泣)

 『true tears』公式ブログに富山の話題が。やっぱり地域とかキメ打ちでなくて、城端メインにいろいろコラージュしている感じなんでしょうね、舞台は。…それにしても泣けるのはこの一文、

> 「うっ!富山では今のところ流れる予定はないがですぅぅぅぅ・・・」


………いっやー、世界にはばたくジャパニメーション!、冠たる知的財産立国!! これが現実だーッッ(号泣)。まあ、衛星放送やCATVで観られるだけ良しとせねばなるまい(一昔前に比べたらこれでも…)、が…。

 富山のTV局… すぐに『true tears』の放映ワクを作ってくれッッ すぐにだッ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月17日 (木)

『D.C.Ⅱ』最終回

 『To Heart』のセリオの話(最初のアニメの後出たCDドラマの奴)を思い出したのはワタクシだけでしょーか(まあ、お約束ではあるのですが)。全体的にはゆるゆるとそれなりに楽しめたのですけど、“本命”はあからさまにセカンドシーズン(やるの?)送りになっているのがちょっと(笑)。

 OPとEDは妙にお気に入り。両方とも、最初はそうでもなかったんだけど…。特に、EDはある日突然ガッチリはまった感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

ゼロスピンドル!

アップル、厚さ19.4ミリのモバイルノート「MacBook Air」を発表

 長らくMacユーザーが望んできたモバイル機が遂に出ましたね。しかもゼロスピンドルまでラインナップに。「薄く軽くするために」でなくて「いらないから」って理由を(こじ)つけて光学ドライブを排すあたりがApple美学(笑)。こうしたコンセプトのマシンはWin機でもいくらでもあったけど、流石のパッケージングの巧さで魅力的になっていると思います。…逆に云えばそれだけで(笑)、オレ的にはいらないかな。高すぎるし(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目指せ杜王町

 今期の、もう一つのご当地アニメ・『PERSONA -trinity soul-』ですが、こちらは富山にスタンド使いが集結するお話ですね(笑)。舞台になっていると云っても、例によって富山弁は一言も出ないし、超近代的な架空都市扱いですから、ご当地感は希薄なのですが(あんなスタイリッシュなロケーションあり得ないし…。なんつーか、泣けてくる……)、背景にチラリと映る立山連峰の姿には心躍るモノはあります(笑)。ただ、ストーリーなど個人的評価はまだ保留中。

 しっかし、何でこの時期に富山が舞台の作品が重なったのやら…。今までまるでそんな縁などなかったのに、なんというシンクロニシティッッ!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

いよいよヤバめ

 このブログにも“true tears”カテゴリ新設! OPとかついつい何度も再生してしまってニヤニヤしながら観ている俺様蝶キモい(笑)。今の段階でこれだけ入れこんじまって、ズッコケたらどうなっちまうんだろう…。

 それはそれとして、公式ページはキャラ解説に追加が。眞ちゃんのお母さんはディアナ様なんだな。一部キャラの名前に県内の地名(石動、高岡、黒部など)使っているのにも、2話を3回ほど観返してようやく気が付きました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

“あいちゃん”ならぬ“ななちゃん”?

Nanakoshi 『true tears』観ていたら今川焼きが食べたくなってきましたので買ってまいりました(笑)。今日の夜食はこれにけって~い(夢原のぞみ風に)。

 富山では、七越焼き(ななこし)が有名。ワタクシも大好きですよ。中央には、“あ”じゃなくて“七”の文字が象られています。…凄く個人的には、これとコーラは合わないですが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

究極生命体

「アルティメット・シィング、 デスパライア様の誕生だァーッ!」

…なんて、『JOJO』2部とか『セーラームーンSuperS』とか彷彿とさせてくれた『プリキュア5』ラスト前。ここでコレット使っちゃうのかー! カワリーノさんは絶対ウラがあると思っていたのですが、普通にデス様命だったみたいですな。ここに来て、ミルクがキーキャラに。五人娘の成長話は、ある意味中盤の時で終わってますから、この展開は必然でしょう。でも、映画の勇ましいミルクと比べるとエラいギャップが(笑)。

 次シリーズ・『プリキュア555(ファイズ)』(違)は勿論楽しみなのですが、下手に新シリーズ予告流さないでくれて嬉しいッスね(早いときは、ひと月前ぐらいから流れるしなあ。あれは冷める…)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月13日 (日)

『true tears』 第2話/私…何がしたいの…

 ごめん、待ちきれなくて某所で観ちゃった(苦笑)。あ、ちゃんとキッズの方でもチェックはするよ~。地元補正も働いているとは思うのだけど、妙にハマってしまいましたですよ。じわりじわりと効いいてきますな。スタッフの思うツボっぽいのが悔しいところではありますが、くっそー、面白いぞ!


 比呂美のポニーテール姿が可愛すぎる(←やっぱりそれかい)。乃絵と眞ちゃん急接近(?)のせいで、比呂美の感情の秘めた一面が露わに。あの手この手で乃絵を牽制する(眞ちゃんを自分の元に引き留めようとする)彼女の姿が不意打ち気味でイイ。やっぱ女って怖ええええー(笑)。今回のサブタイトルは、そんな比呂美自身の戸惑いの声(心)でありました。それに今ひとつ気がついてないポエマーな主人公・眞一郎。自分と想い人をモデルに物語を空想しているところは、某こまちさんと同じやね(笑)。しかし、なんだかんだで比呂美とは両想いなんだよね。つか、あいちゃんも彼のこと片思いしているみたいだし(三代吉が可愛そう…)、お母さんはベッタリだし(笑)、なんかモテモテっす。でも彼、今は自分の居場所がどこにもなさげなのは辛いところでしょう。彼同様、お話はどうなっていくのか方向性がまだはっきりと示されていないので、それも含めて要注目であります。

 今回は、作画だけでなく演出までアチラに出していたみたいですけど、クオリティ的には随分と遜色ないところまで来ていたのに驚きました(無論、ピンキリはあるでしょうが)。P.A.WORKSの危機感ある人材育成の姿勢もワカる気がします。


 ところで、富山が舞台なんですけど、具体的にモデルにしている所ってあるのでしょうかね? 最初、普通に制作スタジオのある南砺市だと思っていたのですが(OPの山車は城端曳山祭だと思う。後はむぎや踊り?)、海に面している町みたいだし(南砺は内陸)。一応城端あたりをイメージした架空の町って事?(あいちゃんの店もモデルがあるみたい)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月12日 (土)

『もやしもん』の世界(違)

●NHKスペシャル 『最強ウイルス1・ドラマ“感染爆発”~パンデミック・フルー』

 『夏の厄災』を思い出しましたが、面白かったですね。政府やお役所の対応が後手後手に回るってーのは、映画・ドラマの世界ではお約束なんですが、昨今のいろいろな情けない有様を見ていると必要以上にリアリティを感じてしまって、いいんだか悪いんだか。ドラマとしてもなかなか上手くまとめてあって楽しめました。…いや、「楽し」んでいいのか?(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地味ッ!、暗ッッ!!(笑)

 キッズステーションで『true tears』が始まったので、全く予備知識無しで何となく観ていると、OPでどこか見慣れたロケーションが。「んん?」と、気になったので調べてみると、なんと我らが富山県が舞台じゃあありませんかッッ!!(原作ゲームは、全くそんなこと無いそうな)。道理で陰気くさいアニメだと思ったぜ!!(死)。そんなのも含めて、地元スタジオ・P.A.WORKSが制作している為か、田舎の空気感は良く出ていると思います(まあ、演出とかは東京のスタジオでやっているみたいなんですが)。全然富山弁が出ないとか、女の子が可愛すぎる(笑)とか、ご当地民からすれば気になる点が無い訳ではないのですが、“富山が舞台のギャルゲー(原作)アニメ”って、もう絶対永遠に出て来ないと思うので(笑)、色々注目していきたい次第であります。

 ああ、色々語りたいのだけど(笑)、少しだけ。作品は、えらく抑えた感じで独特の雰囲気のある仕上がりになっていますなあ。悪くはないのですが、ちょい鬱なトーンと併せて地味~なところがどう評価されるかですね。いきなり、鶏が可愛そうなことになってしまってどうしようかと思ったのですが、EDで少し救われました…。


 しっかし、こーゆー作品こそ地元の地上波で放映してやれよな。全く気が利かねえ。鷲宮町を見習え(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

2008年 宇宙の旅

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。


 さて、BS-iでやっていた特番『2008年 宇宙の旅』、第1回は我らが木星とゆー事で期待していたのですが、実際の宇宙開発映像はともかく、CG映像が中途半端で(ハッタリでもいいから、パノラマチックな見せ場がもう少し欲しかった)ちょっと残念な出来ではありました。せめて、ガイド役の小林アナのコスチュームがミニスカートであれば…!(笑)。エウロパ上で採取した氷を木星に投げるのって、『2061年宇宙の旅』でフロイド博士がハレー彗星の氷で彗星を作る件が元ネタ? 因みに、来月放送の第2回の舞台は火星だそうな(ふつー、内側から順じゃね?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »