« 顔が近いよ | トップページ | 西崎×庵野 »

2008年2月10日 (日)

『true tears』 6話/それ…なんの冗談?

 アニメージュ買ってきましたよー(『セーラームーン』完結特集号以来か…)。折り込みの描き下ろしポスターでは、チューリップ畑で三人娘が(例によって)楽しそうにしているのですが……本編はエラい事になっとります…。

 純の強引なアタックに心揺さぶられる比呂美。眞一郎への想いを断ち切るためにも、彼女は彼の目の前で純とキスしてしまう…

…とか、前回の次回予告を見つつイヤすぎる展開を予想してかなり憂鬱になっていたこの一週間ではありましたが(……)、取り敢えずセーフと云ったところで。でも、最悪の結果を免れたってだけで、状況がヘビーなのは変わりないのですが…。「白色彗星に引きずり込まれるのは逃れたけれど、巡洋艦とぶつかって大破して戦線離脱」みたいな感じでしょうか?(←何ソレ)。なんと云っても、これまでで最大級のトドメの爆弾スイッチを、(これまでは間が悪かったり、とフォロー出来なくもなかったのに)正真正銘自分自身で押しちゃったからなあ。どんどん自分の居場所を無くしていった比呂美の、(皮肉なことだけど)最後の拠り所であったかもしれない“封印(の原因)”を自ら破壊してしまったわけだ。薄幸自爆属性とゆーヒロインの新たなる地平を切り開くべく(?)疾走しているのはいい(??)のだけど、あまりにもブッちぎり過ぎている…。湯浅比呂美よ、どこへ行く……。

 異母兄妹ネタそのものは薄々思っていたから「やっぱり」でしかないのだけど、こんな辛い形で比呂美自身の口から語られるとは思いませなんだ。でも、まだウラがありそうなので、希望は捨てないぜ!(眞ちゃん×比呂美カップル成立に向けて)。

 4番(笑)の方も色々思うところはあるみたいで(予告と本編での台詞と画面の合わせ方を変えることによってもたらされた印象の違いが鮮烈。くっそー、ダマされたw)。鋭い洞察力は、さすが石動の一族と云えましょう(笑)。単なるイケメン攪乱要員かと思いきや、意外にもキーキャラの一人なのかも。比呂美とのツーショットは、悔しいけど(眞ちゃんより)お似合いだと思ってしまったのは秘密にしておいてください(泣)。二人がデートしたのは、シネコンのファボーレ東宝。愛ちゃんがセーター買ったのと同じファボーレの建物の中にあります。映画は何を観たのかな? こーゆー時の定番は…、やっぱホラー?(笑)。今だったら、『28週後…』とか?

 三代吉が愛ちゃんに衝撃の告白を受けてしまったのも、同じファボーレ内の吹き抜けになっている“太陽の広場”。遊ぶところの少ない富山県民が、休みの日は同じ所に出かけてしまうとゆーのはありがちで、ある意味リアル(笑)。……三代吉ー! 全男性視聴者はお前を応援しているぞ!! 負けるな。

 今回は、異様に全編緊張して力んで見入ってしまったが為、どっと疲れてしまいましたけど(たかだかアニメに何のめり込んでるんだか、って感じですが…)、唯一乃絵が出てくるシーンは、その愛らしさに癒されましたです。今回のヒキも楽しい(笑)。


 次回、愛ちゃんの本音を知ってハレルヤな人格と化した三代吉が、眞一郎と死闘を繰り広げる…とか思っていたら、なんと比呂美と乃絵が死闘を繰り広げているッッ!!(驚愕)。一体どうなってしまうのか、この修羅場…。

|

« 顔が近いよ | トップページ | 西崎×庵野 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/40078772

この記事へのトラックバック一覧です: 『true tears』 6話/それ…なんの冗談?:

« 顔が近いよ | トップページ | 西崎×庵野 »