« 感動… | トップページ | ご当地はこんな感じ »

2008年3月30日 (日)

これからは、君の側で

●『true tears』 13話(最終話)/君の涙を

 結果を云えば、(心情的には)比呂美大逆転だったわけですが、なんか万歳三唱するような気分でもなく、(前回のもやもやを洗い流してくれたことも含めて)しみじみと祝福してあげたくなる気分ではあります。


 番組が始まってしばらくの頃に書いたのですけど、「石動乃絵が涙を取り戻す」ってのは「ピノキオが人間になる」って事と同義だと思ったのですよ(石ノ森版『キカイダー』ですな)。純粋無垢だった乃絵が恋をして、その喜びや悲しみ、嫉妬や怒りといった感情や、様々な人間の感情が絡み合うことで一筋縄ではいかないコミュニケーションの難しさを知っていく。そうして涙を流せる娘になる…。「それは幸せなのか?」との(自分がかつてした)問いかけには、「やはりそれはその人次第」でしかないと思うのです。少なくとも乃絵は、前向きに生きる力に変えている。笑顔を取り戻し、大好きだった兄とも別れ、でも自分の脚で歩いて(走って)孤立をよしとしていた自分を見直して友達も出来た。痛みも伴ったけど、成長できた彼女は「幸せになったピノキオ」になれたのではないかなと信じています。


 前回(結局まだ1回しか観てない…)でどうなることかと思った本作でしたが、なんとか綺麗にまとめることが出来ました。13話まで観て、ようやく11、12話が見えてくるといった構成でありましたが、ちょっと不親切とゆーか、話引っ張るの優先!みたいな感じになって少し(?)混乱してしまったのは賛否分かれる部分だと思いますけれど。ただ、眞ちゃんと比呂美のお話、ってゆー点では、10話で一応のケリは付いているんですよね。それ以降はいかに「ちゃんとする」かって話な訳で(だから、とことん劇的にした10話クライマックスと、静かに終わっていった13話との対比にもなってくる)。そして、比呂美と乃絵のそれぞれの物語になっている。「ああ、だからこうした構成・展開なのだな」と、今ならワカる事が出来るのですけど、「少し引きや煽りが激しすぎるのじゃないか」と疑心暗鬼になってしまったりしたのも無理ならぬ事…だよね?(少なくとも、12話はやはりちょっと微妙なのは今も同じ)。イヤ、スタッフの思惑通り右往左往してしまった俺が単純すぎるだけなのか(笑)。

 色々自分とのシンクロ度が高かっただけに(まあ、俺は全然あんなにモテ無かったけど……)、どうなることかと思っていた眞一郎ですが、取り敢えずはがんばってくれました。乃絵との別れのシーンでのアブラムシの唄、あれを滑稽とか電波とか云って笑うのは簡単だけど、あのシーンに込められた彼の感情を思うと胸が詰まります(て云うか、あそこで笑える奴はこのアニメ観なくてイイよ)。乃絵が大事な人だったのは事実、嫌いになって別れるわけではないのだから…。

 遂に眞一郎に真正面から告白される比呂美。不幸慣れ(笑)してしまっていて、なかなか真正面から受け入れることの出来ない彼女。うわ、めんどくせえ女!(いや、そこが最高なんだけど)。ぶっちゃけ、眞ちゃんにビンタ一発ぐらいかます権利は比呂美にあると思うよ(笑)。ようやく実った恋。本当に真実の、綺麗な涙を流す事が出来たのでした(後半、毎回泣いてた気もするけど…)。それにしても、最後まで比呂美はエロい(笑)。佳境のエピソードなのに、なにこのサービスカットの嵐(笑)。間接キッスする為(そしてそれ以上の関係に持ち込むため)に、コーヒーカップは絶対自分でたたき割ったのだと思う(笑)。ラストカットがポニーテールなのも素晴らしい(笑)。

 残念なのは、やはり愛ちゃんと三代吉が中盤以降ほとんど蚊帳の外になってしまった事。二人とも魅力的なキャラだっただけに、後半の出番の少なさは残念でした(全15話ぐらいだったらなあ…)。まあ、三代吉は幸せそうで良かったです、アレルヤの方は女がらみで泣いてただけに(笑)。

 眞ちゃんのお母さんは、いつの間にか比呂美にとって最強の理解者になってしまいましたなあ。「比呂美ちゃん」ですよ! ブリ大根のシーンとか、すっかり嫁姑モードだよねえ。その他、脇を締めるキャラも皆良かったです。4番も格好良かったぜ!

 春になったシーンで、眞ちゃんと比呂美のカップルな描写を入れなかったのは、スタッフの乃絵への配慮だと思うわけです。愛を感じましたよ。そして、結果的に劇中と同じ季節を我々視聴者が共有できたことも凄く効果的であったと実感する次第です(しかも俺、地元だし…。幸せすぎる)。


 眞一郎との思い出の場所(作品の象徴的場所でもあった)の鶏小屋の前に立つ乃絵。後ろ姿だけで泣いてるのを見せた演出は素晴らしい。見返すたびに思いが深まります。主題歌の2番を使った選択もハマっております。

-いろいろなことがあった。あの石の告白の言葉も、今では崩れてしまっている。変わらない物なんてない。皆、少しずつ変わっていく。嬉しいことも、悲しいことも経験して…それを全て自分の力に変えていく事が、人には出来る。その為に泣くことが必要なら、思い切り泣けばいい。少しの胸の痛みと、上手くできなかった過去の自分を、洗い流すことが出来るのだから。春の風は、それを優しく受け止めてくれるだろう。


 なんかまだ色々語りたいことはたくさんあるのだけど、取り留めがないので今回はこの辺で。とにかく、三ヶ月間、本当に楽しませていただきました。スタッフ、キャストの皆様、素晴らしい作品をありがとうございました。P.A.WORKSの次回作にも期待しております。


               *                 *

 ところでDVD一巻届いたのですが、映像特典の「小さいって事は~」は正直期待はずれでした…。あれなら、ブックレットに4コマで載せればいいじゃん。そのブックレットもちょっとショボいし。いや、全巻買わせて貰いますけどね。バラエティCD-ROMの比呂美の下着設定は良かったけど(笑)。やっぱエロ担当か(笑)。

|

« 感動… | トップページ | ご当地はこんな感じ »

コメント

エンディングのモブを注意深く見てみると・・・・ダブルトリガーですかねぇ?

投稿: おーろら | 2008年4月 5日 (土) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/40691138

この記事へのトラックバック一覧です: これからは、君の側で:

» truetears第13話「君の涙を」を見て… [A-MIX]
思いっきりネタバレです。 true tears視聴前... [続きを読む]

受信: 2008年3月31日 (月) 03時49分

« 感動… | トップページ | ご当地はこんな感じ »