« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

凄く今更気が付いたのだけど

 『マクロスF』の移民船団が25番目ってーのは、『マクロス』が25周年だからなんですね(VF-25もそうなんだな)。イヤ、それだけなんだけど…。そうしたお祭り作品だからか、意識的に昔のシリーズを踏襲していたりパロったりしている部分が、随所に見られるのが特徴でしょうか。4話で『私の彼はパイロット』流れたときは、思わず一緒に歌いそうになってしまった自分がちょっとイヤ(笑)。

 それにしても、提供ベースのシェリル・ノームの歌(「もってっけ~」って奴)聴くたびに、彼女に『もってけ! セーラーふく』歌って貰いたいと思う俺はヘンなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

『true tears』富山版4話

 この頃の愛ちゃんは輝いていたよ…。いきなり挿入される比呂美さんの着替えシーンは、何度観ても笑ってしまう。乃絵の首筋に欲情している純(笑)、初めて観たときは、乃絵の病気の伏線かとブルーになったのも、今では良い思い出です。

 放映1分前ぐらいに、城端曳山祭りのCMが入ったのだけど、どうせならちゃんと本編CMのひとつとして流せば良かったのに。あと、バンダイビジュアルは、他作品のCMを更新するのなら、本作DVDのもちゃんと「2巻発売中!」ってして欲しかったぞ(…ひょっとして、1巻分しかCM作られてないのか?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

『月光条例』でも可

●『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 TURN 04/逆襲の処刑台

 スタンドギアス能力は“ザ・ワールド”に「今まで食べたパンの枚数は覚えていない」発言…。ロロのモデルはDIO様なんでしょうか?(えー)。意外とあっさり陥落したねー。それにしても「散々使い倒して、ボロ雑巾のように捨ててやる!」って、とても皇子サマとは思えん言葉遣いだな、ルル! でもどうせ、いつの間にか情が移っちゃうんだろ?、ん??(笑)。

 個人的には、扇とヴィレッタの幸せを願っているのですが…、叶わぬ夢なのでしょう(涙)。


●『Yes! プリキュア5GOGO!』 第13話/悪夢のメルヘンワールド!

 シビレッタさんのスタンド能力は“ボヘミアン・ラプソディー”かと思ったのですが、あんまし物語世界云々は関係なかったのはちょっと残念。つーか、あれでリタイアなんでしょうか? くるみは、どんどん馬脚を現してしまってますな(笑)。次回はいよいよ…? 例によってアクションシーンは異様に気合い入ってましたねえ。凄いな女児アニメ(笑)。


 『キバ』はもう観るの止めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポニーテール育成ゲーム!?ッッッッ!!(興奮)

DSソフト『わたしのポニー』

………違った(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

2巻が届いたよ

 比呂美がパッケージ画の『true tears』のDVD第2巻が届きました。でも特典CD(イメージソング)は愛ちゃん(笑)。視聴前の注意が、1巻の乃絵からちゃんと比呂美になっているのが芸コマ。しかし、比呂美とゆーよりラヴ江さンに聞こえてしまう俺は、もう洗脳されてしまってるのでしょうか?(苦笑)。

 付属ブックレットは相変わらずネタばれしまくりなんですが、いいのかなあアレ…。前巻で、一部でちょっと物議を醸し出した画質に関してなんですけど、こちら(富山)でOAされる前は「こんなもんじゃね?」って感じだった(比較対象が低画質と評判のキッズステーションだしな)のですが、確かに地デジのTS画質を堪能してしまうと少々気にはなりますね。個人的にはDVDでも充分綺麗だとは思うのですけど(小さなブラウン管TVだからかね。フルハイビジョンな大画面液晶TVなんかだと、また違ってくるのかも)。

 目玉(?)の愛ちゃんソング(アイコトバ)は、「そのまんま」つー気もしますが(笑)悪くないです。最終回のラストシーン、乃絵を愛ちゃんに代えて、リフレクティアじゃなくてこの曲流したら、結構ハマる気しないッスか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

2の2

 キッズステーションでも『D.C.Ⅱ S.S.』が始まった(なんか、京アニ作品みたいなポエマーなアバンでしたな)のですけど、意外にも(?)楽しく観られてしまいました。なんつーか、唐突感が強かった始まり方だった前シーズンと比べて、各キャラの性格や関係をこちらが理解していると云うのも大きいのでしょうが、キャラの会話や行動、お話の流れがスムーズに入ってきて素直に楽しめました。今回は少し、期待していいのかな? 『CLANNAD』では残念ながら深く描かれることがなかった、姉妹での修羅場に今から胸をときめかせています(オイオイ)。その朝倉シスターズの牙城にどこまで食い込むことが出来るのか、今のところ戦力外扱いされてしまっているななかの奮戦にも期待だ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

『true tears』3話 富山版

 朋与は、比呂美と眞ちゃんの仲を取り持つ重要キャラになる、そう考えていた時期が俺にもありました。「私が好きなのは…、螢川の4番」 比呂美初期を代表する名(?)自爆シーンですな(笑)。先立つこと3時間前放映の『ギャグマンガ日和3』でも、自分でどんどんドツボにはまっていくララ美(『ジャンプスクエア』創刊号に載った話ね)を名塚さんが演じていて可笑しかったッス。EDも顔出しでスペシャルフィーチャー(笑)。

 先週末は体調を崩して寝てばかりいたので、富山テレビでまた本作がらみの報道があったのを見逃してしまい、痛恨でした。せっかく地元に住んでるのに、こーゆーの逃すと悔しいよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

『true tears』富山2話

 モデルとなった城端ご当地の雰囲気を知ってから観ると、なんか凄く作品自体の存在感と云うか空気が生っぽく伝わってきて、地デジの画像の綺麗さと相俟って、新鮮な気分で観られますねえ。「アニメの舞台の聖地巡礼なんて…」てな向きもあるかもしれませんが、こうした作品の場合は、なかなか有効ではあるなと思った次第(『らき☆すた』みたいなのは、また違う感覚なのでしょうが…)。機会が出来そうな方は、是非一度訪れてみることをオススメします。パネル展の期間延長もあるみたいですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

ギアス大戦勃発?

●『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 TURN 02/日本独立計画

 スザクがどんどん悪役になっていく……。 皇帝がギアス使いってーのは予想通りだったんだけど、ロロもそうだったのか…。やっぱこの後もどしどしギアス能力者が出てくるのでしょうか?


●『Yes! プリキュア5GOGO!』 第11話/華麗に変身! ミルキィローズ!

 スコルプさんの最強形態のあまりのかっこ悪さに涙(この作品は、こーゆー部分はイマイチなんだよね)。エターナルは、人間形態のデザインが良いだけに残念。アナコンディさん怖いよ…。しかし「さらば、ブンビー…」って最後に笑わせてどうする! なんかブンビーさんは、『プリキュア5』界のブライト艦長みたくなって来たなあ(笑)。

 スペシャルなアイテムを駆使して、スマートかつクールに戦うミルキィローズ、『キバ』より格好いいぞ!(笑)。まだ正体の謎に関しては引っ張るつもりのようですが、次回での描き方如何で、現時点ではどういった性格なのか見えにくい彼女への感情移入度が決まってくるのでしょうな。ますこみかーの再登場とも併せて、期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

『true tears』パネル展

Ttevent02_4


Ttevent01_4
 行ってきました、城端しだれ桜祭りへ! 例によって土日とも仕事なのですが、せっかくの地元開催イベントですもの、ちょっと長めの昼休みを戴いて高速道路ぶっ飛ばして城端まで(笑)。県内在住だからこそ出来る力業ですなあ(笑)。とは云うものの、呉東在住の自分もこちら方面(南砺の辺り)のことはほとんどワカらなくて、ぶっちゃけ県外の人とあまり条件は変わらなかったり…(それでも同じ県ですから、まあ色々融通は利きやすいです)。現地に行って初めて知ったのですけど、シンボルである善徳寺周辺のロケーションはかなり本編で使われているのだなと。その落ち着いた雰囲気も併せて、ほんとに“聖地”って感じですね(笑)。

Ttevent03

 入り口では三人娘がお出迎え。

Ttevent04

Ttevent08


 “あいちゃん焼き”は入ってすぐの所にて販売。自分が会場に着いたのは一時半頃だったのですが、先に予約待ちの方が沢山いて、程なく完売。せっかく「粒いち、クリームに」と注文すると心に決めていたのに(泣)。

Ttevent05

 メインのパネル展示はこんな感じ。

Ttevent06

 奥ではP.A.WORKSの紹介や、城端駅に設置されたノートが置かれていたり。このコーナーこそ、今回のメインとなる部分でありましょう。本作がここまでピックアップされているのは、「城端が作中の舞台だから」ではなく、「地元企業による初の元請け作品(メジャーデビュー第1作)だから」なんですから。

Ttevent07

 個人的に良かったのは、台本が置いてあったこと。あまりゆっくり出来なかったので(まだ仕事あるしw)、ざっと目を通しただけでしたが(そう、自由に中を読めたのだ!)、こうしたものまで展示してあるとは嬉しい誤算でした。表紙は描き下ろしなのかな?(もっときちんと写真取るべきだったな…)。隅の方にちょこっと写っているのは、“泪三景”(笑)。

 実はあまり期待していなかった部分もあったのですが、展示は結構充実していたと思います。かなり満足させていただきました(前述のように、純粋にアニメファン向けのイベントではないので、そーゆーのを期待すると肩すかしでしょうが)。人の出入り的にも結構盛況で(これまた意外)、一番目立っていたのは自分みたいな“いかにも(笑)”な人達でしたが、女性に家族づれなど、割と広範な方が見に来ておられたのも印象的でした(お祭りの流れ、とゆーのも勿論あるのでしょうけど)。雰囲気良く楽しめましたです。ただ、とにかく駆け足になってしまったのが残念で…。もっと色々じっくり堪能したかったのですが。

Johana080412
 最後に、パネル展会場近くの神社をパチリ。ここが愛ちゃんと三代吉がつきあい始めたところのモデル…って訳でもないみたいですが、いや、三代吉の告白や最終回ラストなど、印象深かった「城端の桜」を押さえておきたかったので。そう、ラストシーンはちょうど今頃なんですよね。感慨深いです。

Ttb1poster
 さて、注目のポスター、ちゃんと買ってきました……ってデカッッ!!(下の方に置いてあるDVD一巻と比べてみて下さい)。いや、でも素晴らしいポスターですよ。是非今夏には有明ビッグサイトやアキバの駅にでもこのポスター貼りまくって欲しいものであります。インパクトも充分! 自分も、イベント云々関係なく、今度ゆっくりと城端を訪れてみたいと思っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

成仏できそうです(笑)

Wg01 “1:100”ウォーカーギャリア、買ってきましたよ。ワタクシも当時、『模型情報』にキット化復活嘆願の投稿をしたクチですので、発売即購入は義務のようなものであります(笑)。ボックスアートが既に感涙モノ。帯付きがスペシャル感を煽ってくれています。箱を開けて、今これがここにあるのが、半ば夢であるかのようなストレンジ感とゆーか、センス・オブ・ワンダーとゆーか(つまり、それほどあり得ない事態って事)、ちょっと脳の奥の方が麻痺した感覚に浸りながら、小分けにされたランナーのパッケージを一つ一つなめ回すように見ながらニヤニヤと。…キモイとか云うな!(笑)。この気持ちは、四半世紀待たされた俺らだけが味わえる極上の満足感なんだからな!

 しかしこうなると、やはり並べられるザブングルも欲しくなりますなあ。旧キットは(どちらも)、他の素晴らしい出来のWM群に比べると、当時から既に悲しい出来ではあったし。現在に至るまで、他のあらゆる2号ロボが成し得なかった“両雄並び立つ”デザインを完成させていたギャリアの模型物語は、同完成度のザブングルのキット発売をもってしてのみ、完成するのだと思うのですが。

Wg02 では早速パチパチと…と行きたいのですが、ちょっとヒマが無くてしばらくは残念ながら無理そう…。取り敢えず、オマケのレッグだけ組んでみました(笑)。ちゃんと銃口が空いてるよ、凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

本日の『true tears』(笑)

 城端 アニメでいきいき

地味に盛り上がってる感じですなあ。因みに、ポスターの図版は公式ブログで。

 堀川社長曰く、「アニメの世界は、まだ等身大の人間を描く作品のニーズは低い」と承知しておきながら、そうした作品を作ってしまう心意気には大いに拍手を送りたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『CLANNAD』は人生

ギャルゲーキャラと暮らす仮想空間、ドワンゴなど開発

 ……なんつーか、来るとこまで来てしまった感がありますが(笑)、意外とありそでなかったサービス(あ、『ときメモオンライン』ってあったか)、展開の仕方によってはオタク内勢力図を一変させる位の可能性はあるんじゃないかなと、ちょっと注目してみたいところですなあ。


 アニメの『CLANNAD』も、BS-iでは先週最終話だったのですけど、なんかいきなり最後(22話ね)に告白とかしている朋也。君ら端から見てると、もうずっと前から夫婦状態だったぞ(笑)。クライマックスではおっさん(渚の父親)が全部持って行っちゃた感じなのはどうよ? で、今回も最後にお馴染み“特報”が。お前は平成ゴジラシリーズか(笑)。後番組の『To LOVEる』は、作画が良くてエロければ全てOKです(笑)。

 明日はインターミッションで『怪物王女』だ!(嬉しい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

なんか地域振興アニメ(笑)

 とゆー訳で、『true tears』地元放映開始、ちゃんとリアルタイムでチェックしましたです。何度も観返した作品なのに、妙な高揚感、やたらドキドキしてしまいました。スタッフの方達がOAを見守る気持ちってこんな感じなんでしょうか?(笑)。いやしかし、実に感無量ではあります。本編開始前に(アニメの美術ボードを使用した)南砺市のイメージCMが流れたり、南砺の企業やちゃっかりと七越もスポンサーに名を連ねていたり、そんなローカル丸出しのCMの中でバンダイビジュアルの(コテコテギャルゲ系)作品CMが流れるカオス感、これぞ深夜アニメの醍醐味!と堪能しましたですよ(笑)。いきなり次回の放映時間が変わるのも、それらしいぞ!(笑)。いやいや、ちゃんと放映してくれた富山テレビ様にも感謝しております。

 んで、意味もなく地上デジタルとアナログでW録画してみたのですが(アホか)、確かに地デジの方はアナログは元よりDVDよりも明らかに高精細な画質なのはなんともかんとも…。アニメでもこんなに差が付く物なんですなあ。あまり画質とかには拘らない自分ですらそう思ったのですから、「今更DVD買う気にはなれない」とうるさ方がおっしゃるのも無理はないことかも。てゆーか、コピーワンスだのなんだのってーのがうるさくなければ、もうちとデジタルライフも快適なのですがねえ(今回W録したのも、高画質保存用と編集ダビング用にそれぞれ欲しかったから)。ああ、これはちょっと話がズレるのでここまでに。


 ところでキッズステーションは、今月から全体的に提供ベースも流したり、EDの前にCM入れるようになったのですねえ(初OA作だけでなく、リピートしている作品も)。『ギャグマンガ日和3』は変わらんケド(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

今夜は『true tears』祭り(俺だけで)

 まるで富山での放映開始を狙ったかのようなタイミングで、こんなニュースが(↓)。

城端曳山 善徳寺経由に 43年ぶりに巡行路変更

(アニメの)麦端祭りのモデルになった曳山が、麦端公民館のモデルになったお寺の前を通るって、なんか出来すぎてないですか?(笑)。


 ついでに、以前から触れていたイベントの詳細も。今週末ですが…、行けるかなあ。

「トゥルー・ティアーズ」パネル展(4/12 ~ 13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰なんだ謎の少女(笑)

 さてさて『プリキュア5 GOGO!』ですが、いよいよミルキィローズ登場ですな。新キャラの常とはいえ、ちょっと強すぎなんじゃ(笑)。次回予告では、かれん様に謎の少女について延々語らせる始末。スタッフは“かれ×ミル”で釣る気マンマンのようです(笑)。バッチ来い! …こまちさんの嫉妬が炸裂するのか?(笑)。スコルプさんは、次回早くもヤバそうだ…。


 それにしても、『キバ』はいつになったら面白くなるのでしょうか…(女性陣のポニーテール率が高いのだけが魅力だとは…)。映画の宣伝に、完全に喰われちまってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

第二期開始

●『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 TURN 01/魔神が目覚める日

 アナログ放送は帯無しか! 『プリキュア5』には泣かされてるからなあ(ウチではテレ朝系はアナログでしか観られない)。TS録画しなきゃだけど、HDDの空き確保せねば…。


 閑話休題。思いっきりTVの前で、大声で「ええええ~~~~~!!!」と叫んでしまった第一期ラストより一転、何事も無かったかのように過ごしているルルーシュですが、記憶を封印されて監視されていたみたいですなあ。ロロはお目付役? しかし、もう結構ゼロの正体ってバレまくりなんじゃあないかと思うのですが、どうするのでしょうかね。

 全体的には、意識的に前シーズン1話をなぞっているようですが、ノリの方も相変わらずエログロ全開で安心(?)しました。今後、どこまでやっちゃうのか心配ではありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

本放送終了

 とゆー訳で、キッズステーションの『true tears』もめでたく最終回を迎えた訳なのですが(なぜか今回だけ、提供ベースがきちんと挿入されていたのが不思議でありました)、やはりいいですよね。見返すたびにじわじわと、後から効いてくる感じがたまらないです。OA30分前に、封印していた(笑)12話を見直すところから始めたですが、結末がワカっていての視聴なら落ち着いたものだろうと油断していたら、あの頃の絶望的な気分を甦らされてしまい、ちょっとブルーに(苦笑)。まあ、それも今は笑って振り返られる、本作にまつわる楽しい(?)思い出ではあるのですが。

 さて、公式ブログでも触れられていますが(先月中頃から展示してあったのですが、あのボードのイラストはやっぱ名塚さん直筆なんですなあ。マジ上手い)、来週からはいよいよ富山でも放映開始です。なんとなく新鮮な気分で、ドキドキしていたり(笑)。HDDレコーダーも、意味もなくデジタル×アナログのW録画体制だ!(←アホか)。特にデジタルの方は、次世代DVD非搭載なので、高画質を残すために(ブルーレイソフトが出るまで)そのまんま『true tears』専用機として心中して貰う予定(……)。イヤ、ホントは一瞬BDレコーダー買おうかと血迷ったのですが、流石にそれはヤリ過ぎだろうと(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

なんか公式ブログみたいだ(笑)

 『コンプヒロインズ』買ってきましたよ。バスケ部姿(当然ポニーテール!)な比呂美のポスターが嬉しいッス。作品の記事も声優さんのインタビューと合わせて4ページありますので、要チェックですよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »