« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

ETV特集『新しい文化“フィギュア”の出現』

 ああ、夏のワンフェスにNHKのカメラが入っていたのって、こーゆー訳だったのだね(流石にエスカレーター事故には触れなんだか…)。

 ぶっちゃけ、「(その良し悪し・好き嫌いはともかく)“ボーメ”とか“村上”とかって“2008年”の今、作る番組として取り上げるのはどーよ?」などとあまり期待しては観ていなかったのですが(その辺のセンスがNHKクオリティではある)、思っていたよりは楽しめたなと。取材される側(造形家やオタクの人たち)が慣れていないのがアリアリだったのは痛がゆいところでしょうか(笑)。ただ、“プラモデル”と“ガレージキット”の境界もあやふやな説明の仕方も含めて、今ひとつ、全体的にこなれていないっつーか、ちょっと落としどころに困っている風にも見えてしまったのは、こちらの身構えすぎなんでしょうか?

 それでも、やはり他人様が手を動かしている過程というのは、凄く興味深く見てしまいますね。あの意味不明なくらいデカいボーメスケールも、実際製作中の映像を見せられると「ああ、なるほど」と色々納得が行ってしまったのは凄く面白かったです。

 あと、海洋堂のネコが可愛かった(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

『リングにかけろ2』完結

 『レイズナー』の最終回みたいとゆーか、リアル『ソードマスターヤマト』とゆーか、なんかもう突っ込むところが多すぎですよ(号泣)。いやまあ、勿論単行本は買いますけどね…。しかし、これで車田センセイ御本人が漫画描き下ろすのは最後になっちゃうのかなあ(その方が良いか…)。あ、『星矢』の不定期連載してたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

げえーっ!!

 BSジャパンの『かんなぎ』4話が半分しか録れてねえ!(泣)。事前に確認しなかったこっちも悪いけど、時間帯変更するなら、前回放送時に告知してくれよ…。まあ、一応内容は知っているから(お察し下され)ダメージは最小限だけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

とことんまで付き合ってやんよ(笑)

 .ANIMEから、こんなお知らせメールが(↓)。


“■「true tears こちらチューリップ放送局」ラジオCD化決定!
-----------------------
9月に行われた城端祭りにも多くのファンが訪れるなど、
いまだにファンの熱気が衰えない「true tears」!
<.ANIME>限定版にも収録されたネットラジオ
「こちらチューリップ放送局」が新規録り下ろしのラジオCD
となって帰ってきます!
※発売日等、詳しい情報については続報をお待ち下さい。”


 …まさか、まだ商品が出るとは思わなかったぞッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

映画『Yes! プリキュア5GoGo!~お菓子の国のハッピーバースディ♪~』

 開巻劈頭から珍獣たちのあのテンションで延々しゃべられるのには、やっぱマイっちゃうよね(苦笑)。

 とゆー訳で、遅ればせながら観てきました。ココは何人の女作ってンだよ!と初っぱなから突っ込んでしまった(笑)。しかしまさか眠り姫が彼だったとは、さすがヒロイン(笑)。また、アクションシーンも相変わらず“痛そう~”な描写満載でしたな。敵イケメン連中を笑顔でボコるプリキュア達に、女の恐ろしさを見た思いです(笑)。妙なタレントとかの出演もなく(だよね?)、ゲストキャラのチョコラも可愛かったし、百合くさい場面もちょこちょこあって、その点は満足ッス。

 ただお話的にはちょっと…。前回のプリキュアダークが美味しすぎたってのもあるにせよ、今回の敵であるムシバーン様は訳のワカらん理由でキレてくれるのでなんか色々説得力が無くて…(まあ、そもそもこの作品の脚本には期待はしていないのですが…)。その為クライマックスの高揚感が乏しかったのは残念ではありました。

 締めはまた(元の世界に戻らない)異世界エンドだった訳ですが、流石に今度は収まり悪いと思ったか、エピローグ的な画を見せてくれたのは凄く良かったですねえ(ダークなナッツのコスプレ?が楽しい)。そして驚愕の特報! イケイケだな、東映! やはり、歴代プリキュアが暮らす異次元にのぞみが飛ばされて、「ホワイト姉さん!、ブラック姉さん!!」とか云って詰め寄ったりする話になるんでしょうか?(笑)。


 ついでにその前哨戦(?)の、ちょ~短編についても。いやぶっちゃけ、俺『5』以外はよく知らないのですが、充分楽しかったです。流石の大塚演出、全体のテンポも良く、本編すらしのぐ迫力のバトルシーンも魅せてくれました。ただ、その分の労力をもうちとラストのライブ(ダンス)シーンに分けてくれても良かった気も(笑)。来年の映画には、新シリーズ(『フレッシュ』らしい)のキャラも出てくるのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

あれでは隠れキャラ

 『喰霊-零-』の7話ですが、遂にトオルとナツキちゃんが登場したぜ!とか思ったら、単なる通行人A・B扱い(泣)。つうか、もう墓参りしているって事は、これから黄泉ちゃんとトオルのあの回想の場面が描かれることはない(つまり、四課の出番無し)ってー事ッスか?(号泣)。

 本筋の方も着実に(これから起こるであろう悲劇への)描写を積み重ねていっていて目が離せないのですが、その未来が確定しているだけに、辛い展開が待っていそうですなあ。百合百合描写も今回で見納めなのか?(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

「It's a Sony」

 そんなん云うくらいだったら、ANIPLEXはもっと積極的にBDソフト展開しろよ(笑)。

 てな訳で『かんなぎ』7話なんですが、オリジナルエピソードのせいか、より「ああ、倉田さんの脚本だなあ」つーノリでしたねえ。ひょっとしたらナギ様声だけで終わってしまうのかとビビりました(笑)。ところで今日は“かんなぎ祭り”が開催されていたんでしたな。盛り上がったみたいです。


 『ガンダム00』、セルゲイ大佐はいい人過ぎる。その分既に死亡フラグビンビンなんだけど…。オズマ兄貴のようにあっさりスルー出来るのを祈りたいのだけど。あと、遂に貧乏“姫”ですらなくなってしまったマリナ様に幸あれ(泣笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

すごいなあ、『かんなぎ』効果

ComicREX12月号、緊急重版決定!!

 なんか、別の意味でも話題になっている気もするのですが…(つーか、ただ騒ぎたいだけなんだろうけど)、まあ、俺も買ったけどな(笑)。磨伸映一郎さんの読み切りが可笑しかったッス。高遠るいセンセイは、もうここでは描かないのかなあ?(『シンシア』最終巻も買いましたよ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

特戦四課は生きてるよ!

 俺たちの胸の中に(泣)。……とゆー、第1話の壮絶な展開で度肝抜かれた(俺のマミちゃんが…)『喰霊-零-』ですけど、6話で篠原恵美さんが出ておられましたね。まあ、例によって死んじゃう役だったわけですが…。しかし、作品自体は実に面白いですなあ。やってること自体は凄くありきたりなんですが、見せ方が上手いのでぐっと引き込まれてしまいますよ。

 あと、『ラインバレル』にも篠原さん出るみたいですね。原作は『RED』毎月買っているので読んではいるのですが、正直あまり面白いとは……。まあ、でもせっかくだから観てみようかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

勝ちは勝ちだけど

 今年のF1の、あの決着にはやっぱ納得いかねえ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

云ってる側から(苦笑)

城端を恋の街に 商工会青年部が幸せの鐘を年内設置


 ……どう見ても『true tears』がきっかけです。本当に(r


色々苦しいよなあ(笑)。まあ、俺らみたいのと違って、カタギの衆相手に商売するには正面切って「アニメがヒントです」なんて云いにくいのだろうけど。“恋にちなんだ新スイーツ”には、あいちゃん焼きも加えてあげてください(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »