« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

飛べるわ!

Ttitasya 今月号の『モデルグラフィックス』は、巻末ページで痛車&痛機モデル特集をやっているのですが、なんとその中に『true tears』ネタがありました。おおおお、地元の人がやっているってーのが、また素晴らしいッス(ただ、編集部のコメントはアイマスとかのネタに比べると、明らかに無難な感じで流したテンションの低いもので、「絶対コイツ元ネタ知らないな…」ってのが丸ワカりなのが悲しい限りですよ)。

 以前初めてこちらでも痛車を目撃して以来、複数の実車を見掛けるようになったのですが(こんな田舎にも、勇者は沢山いるのね)、一番驚いたのは『喰霊-零-』の痛車。なんかスゲエ嬉しかったですよ(笑)。しかしこちらでは、こうして模型にも真似されているようなド派手なフルカラーラッピングされたタイプのは、未だお目にかかっていないのは残念(?)であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

ファミリー劇場の『Ⅲ』は明日が最終回

 『ホビージャパン』の『ヤマト』特集は、意表を突いたガルマンガミラス特集でした(笑)。作例自体は悪くなかったのですが、最後の大はしゃぎなデスラー艦はちょっと…。あと、宮武さんのインタビュー、「艦船モデラーはPS版ヤマト(のデザイン)を歓迎している」ってーのは、そうかなあ?と思ったのですが。やっぱケース・バイ・ケースなんじゃね? …個人的には色々煮詰まりすぎた結果、宇宙が一巡して(笑)、もう“全部有り”で良いのじゃないかと思うのだけど。フネって改装を繰り返して使われるものだし、ヤマトは毎週戦闘してるしなあ。ただ、やっぱ譲れない美意識ってーのはあって、その点1:350モデルは……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

戦艦大和~誰か動かして~(←なんかいいタイミングだねえw)

 とゆー訳で『ハルヒちゃん』のOP、『いままでのあらすじ』のCDを買ってきました。延々突っ込んでるキョン、ぼそぼそと歌い(?)続ける長門、最後の方は素に戻っていく3人娘が笑えます。収録、ホントに大変そうだなあ(笑)。

 アニメの方も毎回楽しく観ているのですが(長門・あちゃくらコンビが最高)、コレで満足しちゃって、本家の二期とかいらなくね?、とか思ってしまうのはワタクシだけなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

お葬式の日?

 復活編封切り(予定)日は12月12日かねえ? すごいなあ、真田さん(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

なんてアホなアニメだ(笑)

 まさに髪(髪)回!w

 いやあ、今日の『プリキュア』面白かったッスねえ。スタッフもイイ感じに暴走してくれてるなあ。3人娘はエロ可愛いし、ウエスターさんは予想を遙かに超えるネタキャラっぷりだったし(笑)。その中で本筋のドラマを見失わないのも凄く好印象(この点が今作の最重要ポイントでしょう)。あまりに楽しすぎて感想がまとまらないので、きちんとしたのはまた後日(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

週刊 手塚治虫

 NHK BS2の手塚治虫特番に、我らがソーカントクが出ておられましたので(いつもは見てなかったのですが)チェックしてみました。相変わらずの富野節でトバしていて、聞き手の二人は全然ワカって無さ風なところが可笑しかったッス。それでも無難に綺麗に締める所は、流石のNHKクオリティ(笑)。でも、監督の手塚評(先見性とかじゃなくて、漫画を舐めてて描き散らかしただけ)は、かなり鋭いなあと思いましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

ニチアサキッズうぜえ(笑)

●『フレッシュプリキュア!』 第11話/ミユキの怒り! もうダンスは教えない!?

 いきなりバトルから始まる今回。こうした構成テンプレ崩しは、作り手側もこなれてきた証拠だったり。「ノリが今ひとつ…」と物足りなさを覚えていた番組開始当初が嘘のように、このところは充実した内容ですなあ。勿論今回も楽しかったッス。

 もっとラブやんとミユキさんの間の話になるのかと思っていたら、イース様も絡んできて(禁断の三角関係ッッ!?)、三者の描写が上手く配分されたバランス良い回だったと思います。ダンスレッスンで培った連係プレイで敵を倒す、とかやってくれていたら満点だったのだけど。ミユキさんと大輔が姉弟だったり(!)、愉快な潜入シーン、「プリキュアでーす!」「ご苦労様です!」など(笑)、色々仕掛けてきたり楽しく作っている感じが、良い意味でのスタッフのノリを反映しているみたいで好印象ですよ。ラストのトリニティのダンス、イマイチ曲と動きが合ってなかったのはご愛敬(笑)。

 それにしても9話と云い今回と云い、この世界のTV局はプリキュア達の戦いを徹底生中継したり(30分前の番組でも、なんかへなちょこなところ中継されちゃってましたけど*)、敵の触手プレイ攻撃に悶え苦しむプリキュア達の表情をドアップでお茶の間に流し続けたりと、まさにその仕事っぷりは神懸かってますなあ(オイオイ)。タルト先輩ッ、ダビングさせてください!!(………)。

 玩具の新アイテムのCMでは壮絶ネタバレが。ブッキー用はフルート………。どこまでエロ担当なのか(殴)。次回もドタバタ楽しそう。ウエスターさんはやっぱりオチ担当っぽい(笑)。


 しっかし今回一番度肝抜かれたのは、EDクレジットの“美術 中村光毅”の文字でした。


*『ディケイド』は、ディエンド登場以降やはり散漫になってしまった感があるのは、残念ですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

『ガンダム』30周年オメデトウゴザイマス(棒読み)

 うむむむ、コレ、『00』の映画とカブらね? ユニコーンとか手描きで動かしていたらアニメーターさん屍累々だと思うので、やっぱ今回こそMSもCGになっちゃうのかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

“プリキュア”カテゴリ新設!

 …我ながら、そんなにハマってんのかって感じですが(笑)。


●『フレッシュプリキュア!』 第10話/タルトが祈里で祈里がタルト!?

 サウラーのやり口は、毎回何気にエグい。そんな訳で、定番チックな入れ替わりネタが、よりにもよってブッキー担当に(笑)。ブッキーってカワイイ系ポジションキャラの割には、下手したらラブやんより変な(面白い)表情させられてる気がするねえ、今回に限らず。いやはや想像以上に楽しかったッス。フェレットブッキーも異様に可愛かったし。中川ボイスでの関西弁も聞きたかった(つまり、入れ替わっても中の人そのままで)気もするのですが、そうするとブッキーパパの心温まる件が台無しになってしまう(笑)。あ、そのシーンは感心したのですが、前回ラストの泣き出す二人なんかもそうだけど、よくある展開やドタバタ大騒ぎなだけで終わってしまうことなく、これらの心に残る場面をキッチリと織り込んでくる所は、今シリーズの最大の特色なんではないでしょうか。

 ちょっと残念なのは、ブッキーのフェレット嫌いが割とあっさり直ってしまったところ。「二人の距離が、少しだけ近づいた!」みたいなのでよかったのになあ(本格的な克服は、もう数回段階踏んでとか)。苦手意識から来るリアクションの数々が楽しかっただけに、少し勿体ないなあと。「タルトちゃん」じゃなくて「はじめちゃん」と呼んでしまいそうな感じもする、中の人的な意味で(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »