« 超がっかり | トップページ | 試写会 »

2009年11月27日 (金)

HYPER WEAPON 2009 宇宙戦艦と宇宙空母

 買ってきましたよー。8割方『復活篇』(のメカ)絡みの内容であります。どうせまともなムック本とか出そうにないので、メカに関してはこの本が決定版と云っても良いでしょう。こうして画稿として見ると、今回のメカ群に画面から感じた違和感とか、その他諸々のネガティブな感覚は割と薄れてしまうのがちょっと驚き。特に手描きのラフ稿(準備稿?)なんかは、意外なほど『ヤマト』テイストが残っていたり。やっぱCGが問題なんかねえ? 長い事この企画に携わってきた小林氏ならではの、中々に興味深い記述もあったりするので一読の価値はあると思うのですが、ちょいとネタバレ気味の部分もあるので、イヤな方はご注意を(俺も、じっくり読むのは映画観てからにするつもり)。

 それにしても、“貨物船でありながら武装しているのは、(西崎)監督の「外用船で、海賊対策をしていない船はあり得ない」というこだわりから。”って記述は、色んな意味で深い(笑)。

|

« 超がっかり | トップページ | 試写会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/46876167

この記事へのトラックバック一覧です: HYPER WEAPON 2009 宇宙戦艦と宇宙空母:

« 超がっかり | トップページ | 試写会 »