« 『復活篇』観てきました | トップページ | 再販プラモを買ってきましたよー。 »

2009年12月13日 (日)

時に西暦2220年

 さて本日封切り『宇宙戦艦ヤマト復活篇』!(寝るまでが今日です、『化物語』公式ブログ的な意味でw)。その感想をば。ネタバレ全開で行くぜ!

Yamato20091212 パンフと、入場プレゼントのポケットカレンダー。

 感想は、とにもかくにも折原が可愛かったに尽きる(笑)。まあ、いきなりそんなことばかり云ってもナニなので、お話の方から。とは云うものの、全体の筋は、以前ネットでも公表されていた企画書のプロットそのまんまなので、特にどうこう言及するほどのものでは無く。ある意味、“スーパー西崎大戦”ではありましたな。ヤマトにアンドロメダ、ブルーノアに光子帆船、シイラ(信濃ね)…。

 前半は中々良かったと思います。いきなりの未知の勢力の襲撃(その緊迫感!)、炎の中に散る(?)ユキや虚空に浮かぶアクエリアス氷塊の美しさ、古代と美雪の確執、ヤマト新乗組員達への期待など、それなりに楽しませてはくれたのでした。が、ヤマト初の本格戦闘、そして舞台がアマールになってからは、ちょっと…。異星人達はテンプレート通りのキャラしか登場しないし(なんの深みもない悪役や使い古されまくった台詞しか言わない武人キャラ、最後にいい人になって死んでいく将軍など)、メカ的にも、画的には派手なんだけど、なんかそれだけで、カットの繋ぎのせいもあるのか単調で散発的、今敵味方がどこにいて何がどうなっているのかまるでワカらん状態がほとんど最後の方までそのままで(お陰で緊張感まるで無し)。ディスプレイ表示なんかに漢字使いまくるのは、『エヴァ』環境以降だと逆に手垢尽きまくりなんで止めて欲しかった(一々なんでも名前書いてるのもダサい)。古代は結局俺様正義を執行してしまうし(彼らしいと云えば彼らしいのだがw)、せっかく色々面白くなりそうな基本設定があるのに凄く大味で奥行きのない展開に終始してしまったのは残念ではありましたね。

 敵要塞もショボ過ぎるし、なんじゃあの素案をそのまま絵にしてみました的なヒネリのない攻防は(都市帝国の設定の方が遙かに手が込んでた)。でも、潜宙要塞は卑怯だと思った(笑)。ブラックホールは赤い白色彗星wにしか見えないしなあ(一方で脅威としてのブラックホール出しているのに、ワープの加速に別のブラックホールを出す無神経さもどうかと)。なによりもズッコケたのは異次元人(笑)の登場でしょうか。…いや、俺『ヤマト』ってもうちょいハード寄りwのお話だと思っていたんだけど、あんなあからさまにファンタジー世界の闇の帝王みたいの出されたのでは、『新宇宙戦艦ヤマト』(松本センセイの奴ね)をとやかく云えなくなってしまう(笑)。おまけにブラックホールのタネ明かし自分でしちゃうし(苦笑)。

 なんだか演出も全体的に淡泊で、再建なったヤマト(その経緯をぼかしてあるのは上手いと思ったけど)が初めてお目見えするシーンはもっとドカンと盛り上げて良かったのではないかと思うし、メカの各種プロセスの見せ方もあっさり気味、第一次移民船団が壊滅したと知ってもユキのことで古代が明確にショックを受けるシーンもないし(死んだとは思って無くても衝撃はデカいだろ)、美雪助けた時だってあの周りには死体ゴロゴロしているはずなのに全く顧みようとしてないし(正義とか命とか良いこと云っていても全部台無しですよ、それじゃあ)、決戦時友軍の護衛艦隊が全滅させられてもリアクション無いし、他にも色々あるけど、そうした部分をクドいくらいに執拗に描写するのが『ヤマト』の持ち味だったと思うのだけどなあ。その辺は敢えて今風にドライにしてみたのかもしれないけど、観客としてはノれないまま話進んでいってしまうので辛いのですよ。

 …とか書いていたら、今チューリップTVで『復活篇』特番始まった(笑)。…………今観終わりました。こんなもんでしょ(笑)。

 閑話休題。文句ばっか云ってるのもアレなので、他に気になった所など。人物の“芝居”は凄く良かったと思います(異次元人以外w)。特に印象的なのが、古代が髭剃るシーン。前半は特に生っぽい芝居を見せてくれるところが多くて良かったですね。また、移民船に乗り込んだ人々、それを見守る人々、地球に別れを告げるシーン、『ヤマト』ならではでもあり、今だからこそ描けるシーンでもあります。地球に残った佐渡先生(子猫、だからミー君はやはり3代目くらい?)や真田さんにはグッと来ましたし(地球が救われた後での彼らのカットも欲しかったところ。こうした、「かゆいところにもう少し手が届きそうで届いてない」部分が本作には多いのが残念)。島の弟にはなんの説明もないし(却ってリアルなんだけど)、太助は男前になり過ぎていて誰だかワカらんのでは(笑)。特に不安だった女性陣は、動いて声が付くと想像以上に好感触でありました。美雪も可愛かったし、美晴先生も意外と悪くなく(もうちょっとパイロット以外の顔見たかった)。そしてやはり折原可愛いよ折原。…しかし、第三艦橋勤務って死亡フラグビンビンだぜとか思っていたら……(どうとでも取れる描写だったけど、このまま退場は勿体ないなあ。彼女のポストに美雪が収まるのじゃ既定路線過ぎるしw)。

 
 一応ハッピーエンドですが、“映画”としては地球消滅の方が美しかった気もします(ま、異次元人の皆さんが大事に取っておいて下さりそうなんですがw)。その分、折原が全部持って行っちゃった風にもなってますけど…。音楽は、満足はしていないけど、悪くはなかったのではないかなあ。『交響曲ヤマト』がかなり馴染んでいたのには、ちょっと驚き。ALFEE、結構良かった、ゴメン(笑)。最後のナレーションは第一作の劇場版冒頭のと同じですね。終わりであり始まりである、って事なのでしょう。“復活篇 第一部完”って、三部作構想は聞いていたけど、『復活篇』が三部作なんですか? 実写版の特報が最後に入ると思ったけど無かったなあ。


 全体としては、予想どおり(笑)「んー」って感じなんですが、ブチブチ云ってますけど、どうせもう1回は絶対に観に行くんだぜ、俺(笑)。


 なんだかまだまだ云い足りない気もしますが、今晩はこれ位で。うえー、こんなに長々書いちまったよー。

|

« 『復活篇』観てきました | トップページ | 再販プラモを買ってきましたよー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/47007107

この記事へのトラックバック一覧です: 時に西暦2220年:

» 「宇宙戦艦ヤマト復活篇第一部」(2009) [inuneko]
レイトショーにてツレと鑑賞。 高年齢のオタクばかりと思いきや、意外と未就学児童率高し。単純にパパママが連れてきたか。 帰路、映画についての話題を禁止。無言の帰宅。 [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 04時48分

« 『復活篇』観てきました | トップページ | 再販プラモを買ってきましたよー。 »