« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

一挙放送終了

 ファミリー劇場で只今『完結編』が放送終了しました。『ヤマト』全話マラソン、お疲れ様(笑)。特に、直接続いていることもあって、『完結編』を踏まえての『復活篇』、もしくは『復活篇』を踏まえての『完結編』の観賞と云うのは、中々に興味深く感慨深い物があると思います(実際、廉価版DVDも『完結編』は意外なくらいw売れている感じですよねえ)。ヤマト自沈の決断に(心の中で)血の涙を流していた古代が、「生き残るべきはヤマトではなく、地球だ!」となんの迷いもなく言い放つ『復活篇』のクライマックスシーンは、『完結編』に思い入れの深い(自分のような)人間こそ心に響くのではないでしょうか。

 そんな余韻に浸りながら、『ヤマト』復活イヤーは暮れようとしております。皆様、良いお年を…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

ヤマトイヤー(笑)

キムタク「ヤマト」、元日広告1億円発進!

 そんな金があるなら、少しは『復活篇』の宣伝にも回してやってくれよ!って気分ですなあ。


 ところで明日から、ファミリー劇場で『ヤマト』一挙放送ですねえ。自分もBGVとしてずっとチャンネル固定で行こうかと思ってます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

設定資料集

 ずっと品切れが続いていた『復活篇』の設定資料集(劇場で売ってる奴)を無事ゲット出来ました。内容的には、「凄い偏りがある」「あまり期待しない方が良い」とゆーのは聞いていたので、「騙された!!」ってーのは無かったのですが、ほとんどヤマトの内部設定ばっかりの、まあ、やっぱ妙な中身ですなあ。キャラ設定は、対比図除けば古代、雪、美雪、メッツラーのみ。なんじゃそりゃ。望遠鏡ってなんだよ!(笑)。そんなもん載せるくらいだったら折原の設定載せてくれ! 唯一の(?)資料的価値は、電算室娘達の名前が判明したことぐらいでしょうか(彼女たちは、ラフ設定しかないのかな?、勿体ない。『Megamiマガジン』は早く湖川氏に描き下ろしイラストを依頼するんだ!)。しかし電算室の椅子の数が、4個になったり6個になったりしているのは謎だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

『電撃ホビーマガジン』2月号

 DHM誌は久々に買ったのですが、お目当ての『復活篇』特集、作例あれだけでがっくし…。いや、作例自体は色々凄いのですがね。まあ、ページ取ってくれただけでも感謝なんでしょうが(HJやMGはガン無視だもんなあ)。あ、MG誌の『連合艦隊』大和スチールは超GOOD! クレーンで吊り上げられているその勇姿は、まさにヤマトを彷彿とさせてくれて感慨深い物があります(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

特に目新しいことは書いてありませんが

Yamato20091225 北日本新聞の映画コーナーで『復活篇』が取り上げられていたので一応掲載。昔は、新聞のTV欄に載っていた『ヤマト』の記事とかもマメに集めてたのを思い出しましたよ(『ヤマト2』の頃から)。あれ、どこ行っちゃったかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

映画『レイトン教授と永遠の歌姫』

 観てきましたー。因みにゲームとかの知識は全くなし。…う~ん、期待が大きすぎたせいか、物足りなかった、と云うのが正直な感想です。色々仕掛けているのはワカるのですが、警部の無茶さ加減とか巨大ロボの唐突さも含めて、“織り込み済み”と云った印象で、全体的には“折り目正しい模範的アニメ映画”の域を出ることなく終始してしまっており、観る者を強烈に引きつける部分というのが不足していた感じであります(特に、導入部のヒキの弱さは致命的)。そこかしこに見受けられる、宮崎アニメの影(特に『カリオストロの城』)も引っかかったところ(まあ、ある意味王道なんでしょうが)。

 作画を始めとして、「アニメ映像としての」完成度は高かったと思うので、その点は(ピーエーさんの仕事振り的には)満足しました。キャラや世界観なんかは独特の物があって良かったですし。女の子も、皆可愛くて嬉しかった(笑)。元々、映画よりTV向きの素材だと思うので、それが実現できればいいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

能登かなしいよ能登

 急行『能登』と『北国』が来春のダイヤ改正で廃止されるそうですね。自分も、最近は利用頻度こそ下がっていましたが、東京往復の際には欠かせない選択肢でありましたのに。“鉄”でこそ無いのだけど、それなりに思い入れも深いので結構ショックです。それならせめて、深夜と早朝の特急でも増やしてくれよ、JR(時間的に、現行の特急だと使えない時もあるのよ)。代替えは高速バスになるんだろうけど、どうもなあ…。

 あ、割と『復活篇』にページを割いてくれた『グレートメカニックDX』11号買ってきました(まあ、後ろの方でちょっとだけではありますが)。西﨑氏は色々ぶっちゃけてますなあ(笑)。特集以外にも『ヤマト』に言及している記事がいくつかありますので、目を通してみるのもよろしいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

英雄の丘に立つ

 なんだかんだ云ってますが、『復活篇』にも良いところ、好きなシーンはたくさんある訳で。

続きを読む "英雄の丘に立つ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

何この香港映画

 今日は『ヤマト』の話題は一休み。『ウルトラ銀河伝説』を観てきました。今までの『ウルトラ』映画と随分毛色が違っていて、(おそらく『ディケイド』への対抗心ムキ出しでw)「ネタ的にも物量的にも出し惜しみしないぜ! どうだ!!」ってのがコンセプトなんだと思いますが、お陰で理屈抜きに面白かったです。ベリアルは初めてデザインが公開されたときには青ざめたんですけどw、こうして動いているのを観るとかなりイイ感じでしたね。恒例合体ラスボスも見せ方を変えて来たので、いつものようにウンザリすることなく最後まで楽しめました。女性ウルトラマンが戦う(やられるw)のって、なんかエロいよね(笑)。ミライ君は随分貫禄出てきましたねえ(しみじみ)。ダイナは「通りすがりのウルトラマン」状態だった(笑)。ところでセブンは、ゼロに父だと打ち明けられないような気まずい裏事情でもあったのでしょうか?w それと今回のお話は、キング(元総理ナニやってんスかw)が出張ってくれればもっと早く解決していたんじゃあ?


20091217 ところで映画館には、昨日発表されたばかりのジブリ新作『借りぐらしのアリエッティ』のチラシが既に置いてありましたよ。まあ、ただ作品が企画に至る経緯をダラダラと書いてあるだけの代物なんですが、こんなもんでも宣材として成立してしまうジブリのブランド力には、改めて驚かされます。『ハルヒ』はこっちじゃ3月かー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

2回目

 んで、『復活篇』サントラ盤ですが、これ、ボリューム充分ではあるのだけど使用曲完全収録じゃないのな。結構な量の漏れがあって残念。第2弾を期待したい所なんだけど…。ボーナストラック的に収録されている『「復活篇」のためのシンフォニー』が素晴らしいです。宮川氏は云うまでもなく、羽田氏の急逝がつくづく惜しまれます。でも、今回サウンドアレンジを担当された山下康介氏のオリジナル曲も悪くないですよ。今後があれば、ぜひ“山下ヤマトサウンド”を全面フィーチャーした映像も見てみたいものであります。

 所で今日は、『復活篇』の2回目を観てきました(笑)。早く行っとかないと上映終了になりそうな勢いだしねえ(苦笑)。今回はTOHOシネマズ高岡に行ってきたのですけど、やっぱり設定資料集は無かったです。どこも軒並み売り切れらしい。今のところムック本とか出そうにないので、皆殺到しているのでしょうか? さあ、徳間は早くロマンアルバムを出す準備に入るんだ!

 しかしやはり、前半は良いけど後半は間延びしてるよなあ。もうほんのちょっと脚本・演出に手を加えるだけで、凄く良い物になると思うのだけど…。あ、1回目から気にはなっていたのですが、ラストちょい前、ヤマト乗組員達が地球に別れを告げるシーンで航海班(?)色の女性隊員服を着たポニーテール娘の後ろ姿があったので、今回は前からのカットにその娘が映ってないか目を皿のようにして見ていた(笑)んですが、発見出来ず残念。美晴先生や**した電算娘達以外にも女性乗組員がいたってーのが重要(しかもポニーテール!)だよなあ。

 出来れば、もう一回ぐらいは劇場で観ておきたいなあと思ってはいるのですが(笑)。今度こそ、スクリーンでの見納めになりそうだしな(笑)。実写版、またそれは別腹ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

サントラ&主題歌CDゲット

Yamato20091215
 今日は『復活篇』のサントラ盤とALFEEの主題歌CD2種(マラソンだかの歌はいらんw)を買ってきました。てゆーか、これらって最初『交響曲ヤマト2009』と同時発売のアナウンスがされていたのに、いつの間にか発売日一週遅れになっていたのね、知らなかった…。下に敷いてあるのは、『この愛を捧げて』買ったら貰えたクリアファイル。裏面はALFEEの3人です。律儀に2枚貰えたんですが、ネット上での他の人達の話とかだと、シングル3種全部買ったら貰える特典だ、って事なんですが、いいんでしょうか? サントラと同時に買ったからおまけしてもらえたのかな?(なんか買うとき、カウンターで店の人相談してたし)。第一艦橋でALFEEの3人とヤマトクルーが並んで敬礼しているジャケットがお気に入りなんですが、桜井さんの横にいる折原がなんかイヤそうな顔しているのがおかしい(笑)。さてこれから、夜食に買った波動砲サンド食べながら聴こうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

こんな『復活篇・第2部』はイヤだ

 こんなネタにでもしないと、あの現実を認めたくねえ(笑)。

続きを読む "こんな『復活篇・第2部』はイヤだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

再販プラモを買ってきましたよー。

 念願の主力戦艦もガッチリ二個入手してホクホク(笑)。

Yamato20091213 「全艦マルチ体型を取れ!」みたいな感じで(笑)。ヤマトとアンドロメダは、『ヤマト』プラモ伝統の箱替え再販ですな(画はブルーノアデザイナーの人w)。ヤマトは新規デカール付けて、なんちゃって『復活篇』仕様にすれば良かったのにねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時に西暦2220年

 さて本日封切り『宇宙戦艦ヤマト復活篇』!(寝るまでが今日です、『化物語』公式ブログ的な意味でw)。その感想をば。ネタバレ全開で行くぜ!

Yamato20091212 パンフと、入場プレゼントのポケットカレンダー。

続きを読む "時に西暦2220年"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月12日 (土)

『復活篇』観てきました

 今劇場から帰ってきたところです。『ワンピース』の超人気っぷりにビビった(笑)。寝落ちしなければ、これから感想書きます。

 実は、『ライダー』も一緒に(『ヤマト』の前に)観たのですが、ぶっちゃけつまらなかったです。あ、でもキバーラは良かった(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

プレイバック1983

 「ええー」と云われると思うのですが、個人的に一番『ヤマト』に関する事象が盛り上がったのって、『完結編』なんですよ。10年近く付き合った『ヤマト』もいよいよこれが最後、と結構感傷的になっていましたから。我ながら凄い意気込みだったと思います(苦笑)。富山では一日遅れの3月20日封切りだったのですが、勿論公開日に観に行きましたよ。今は亡き富山東映パラス前に早朝から並んで、整理券が60番台だったかな?(因みに、セル画貰えたのは、先着20名までだったそうですw)。その後も続々人が詰めかけて、開場までには間違いなく100人以上にはなっていたと思います。『ヤマト』に限らず、あの頃のアニメシーンに充満していた青臭い熱気は、今では絶対に再現不可能なものでしょうね。アキバ? ネット? 経済効果? そんなもんクソくらえですよ。

 結局、『完結編』は映画館で4回観ました(笑)。それだけ“本気”だったのです。名残惜しかった。今みたいにお手軽にソフト化される時代でもなかったし(普及期に入っていたものの、ビデオデッキもソフトもまだ高価だった。そもそもウチにはビデオデッキ無かったしw)。んで、やはりあそこでひとつ終わってしまっているんですよね、自分の中で。その後も『ヤマト』馬鹿一代な人生(やな人生だなw)は送ってはいるものの、お別れはあの時に済ませてしまっていました。いたはずでした。

 そこへ(途中の様々な企画の浮き沈みはあったにせよ)降って湧いたような今回の復活劇、平成になって甦った『ウルトラ』や『ライダー』の様に一度リセットして…とはならずに、あの最期を看取ったはずの『完結編』の続きと云うではないですか。何とも微妙かつ絶妙な(笑)。なんか、夢を一杯語っている若かりし頃の自分の映像を見せられるような気まずさと気恥ずかしさが同居しているような、なんとも居心地の悪い、でもやはりどこかトキメキを覚えてしまう…そんな感じでしょうか。それはそれで、幸せなんでしょうかね。

 なんだか取り留めなくなってしまいましたが、四半世紀振りの逢瀬はどうなりますか、それがワカらないからこそ、生きている事ってのは楽しいのかもしれません。


             『復活篇』公開まであと1日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

プレイバック1974

 新作記念の原点回帰、ってことで、こんな物をひとつ。

Yamato20091210 これが、我が家に現存する最古の『ヤマト』グッズであります。第1作本放送当時に発売されていたロッテの『ヤマト』キャラメルおまけのシール。半分以上剥がれて無くなっていますが、35年間、ウチのタンスに貼ってある物です。フィルムのコマ風になってまして(本当にテープ状にしてあった)箱から少しずつ引っ張り出して映像気分を味わってみたりしていました(コマ送りで動いて見える風になっているわけでもないのにねw)。パイロットフィルムや初期設定から図版が起こされているようで、キャプテン・ハーロックが登場していたりするのは、今となれば中々に面白いですな。当時は、ガミラス側の悪い人だと思っていました(笑)。あ、このコマの並べ方は、自分でストーリーを勝手に作って貼ったものです(スターシャに言い寄る悪い人、みたいなw)。後は、同時期に出ていたロッテのガムも持っていたのですが、そっちはいつの間にか無くなってしまいました。ずっと後になって、プラモデルを買ってもらうまで、この小さなシールに描かれたヤマトの絵が、唯一のラクガキ用資料だったのです。そんな事もあり、今でも非常に思い入れ深い品であります。

 あれから35年。まさかの新作が観られるとは…。まあ、期待はしていませんが(笑)、楽しみにはしています。

              『復活篇』公開まであと2日

 …全然関係ないのだけど、今週のストライダムには大爆笑w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

「あと三日ね!」

「えっ?、何が?」
「うん、意地悪!」

などと『さらば』なバカップルごっこをしてしまう今日この頃(笑)。さっき『相棒』観ようとTV点けたら、『復活篇』の予告やってて「おおっ」となったり。それはともかく、ここ数日に色々買った関連商品を。
Yamato20091208

 なんかどこに行っても見つからないサントラ盤(まあ、映画観るまで封印するつもりだったから良いけど)。この『交響曲ヤマト』は、あまり音質の良くないCD普及期の物しかなかった(CD-BOXのオマケの奴は持ってないのよ)ので、今回再演とはいえ、いい音で聴けるのは嬉しい限り。『ROCKS』の特集は、もちょいボリュームが欲しかったところ。『ガンダム』や『エヴァ』といった不純物(笑)が一緒なのもちょっと残念。当時の新聞記事再録は良いね。『メカニック・メモリアル』は『電撃ホビーマガジン』ムックの商品カタログ・完全版な趣。あ、敵星間国家の名前は流石にスーパー・ユナイテッド・スターじゃなくなったのね。良かった良かった。

 サークルKサンクスの奴は、未だ全種制覇してないですが(んん、売り切れてるのか、最初から置いてないのか…)波動砲サンドはおすすめッス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

「ビオランテが、進化している…」

 熱い展開の続く『フレッシュプリキュア!』ですが、まさか2年続けてビオランテネタが拝めるとは思いませなんだなあ。こうなると、風に煽られるベリー様の髪がモスラにしか見えない(笑)。


 ところで来年の『ハートキャッチプリキュア!』ですが、キャラのデザインは大きく様変わりして、また子供っぽい雰囲気に戻った感じではありますが、脚なんかはスラリとしてエロいので、コレはコレでよさげですね(笑)。賑やかに動かしていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

コミケ77

 俺が行かないときばっかりグッズ販売してんじゃねえよ! BD-BOX買わねえぞ!!(ウソです早く発売決定してください)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

ぼくらとヤマトの軌跡

 ファミリー劇場の『ヤマト』特番、観ましたよ。やー、山ちゃんテンション高いなあ(笑)。そのお相手が、一時期『ヤマト』をボロクソにけなしていた(まあ、当時の一般的なアニメファンの人は皆そうではあったのだけどね…)岡田さんてーのは、自分的にはちょっと複雑な気分ではあるのですが……。番組内でバックに流れている『ヤマト』音楽が、結構マニアックな奴もあったりして楽しめたッスね。新作の映像に、旧作の音楽が被るだけでグッとそれっぽくなって盛り上がってしまったのも事実(断片的な映像を繋いだだけのPVの時より、遙かにボルテージが上がってますよ)。「ああ、“新しい『ヤマト』”じゃなくて“『ヤマト』の新作”なんだな」とちょっと納得してしまった次第。なんとなく、最終的な覚悟を決めさせてもらった感じではあります(笑)。

 さて、封切りまであと一週間。どんな『ヤマト』が観られるのやら。


 ところで『とある科学の超電磁砲』、やはり木山先生は見た目通りの悪い人(?)だったんですな。イイ味出してるお気に入りのキャラだったので、ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

そんな予感はしてました

「第四巻 / なでこスネイク」 発売日変更のご案内

 まあ、四巻は作画修正とか大きそうと予想されていたし、13話配信時のドタバタ見ても、現場は大変そうなのワカりますので驚きはしませんが、14話配信がいつになるのやら…。待ち遠しいですなあ。と云いつつ、自分はまだソフト買ってないのですけど(殴)。いや、やっぱBD再生環境整えてから、とか思ってるので…。『true tears』BD-BOX発売決定なら、即導入なんですがねえ。あ、気が早いが、『復活篇』もBDで出るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

買ってきたよー

Hadouhoumaki1 サークルKサンクスの、例のタイアップお弁当です(笑)。取り敢えずはこれから。“ケチャップでお好みの波動砲をお描き下さい。”つーのがイイ味出してて笑えるw。明日の朝ご飯にしよう。…しかし、仕事終わって買いに行ったのだけど(午後9時半頃)、他の弁当類が軒並み売り切れている中で、このヤマトタイアップの奴だけ全種綺麗に残ってましたよ(苦笑)。朝から一つも売れてないんじゃあないだろうか、コレ。ホント、こんな状態で映画は大丈夫なんかね(まあ、ヒットするとは全く思ってないがw)。

 ついでに一緒に買ってきました。こちらもよろしく(笑)。
Hadouhoumaki2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »