« 何この香港映画 | トップページ | 能登かなしいよ能登 »

2009年12月18日 (金)

英雄の丘に立つ

 なんだかんだ云ってますが、『復活篇』にも良いところ、好きなシーンはたくさんある訳で。

 そのひとつが、ブラックホール迫る地球に真田さんが残るところ。雨降る英雄の丘にて、沖田艦長の像に敬礼するシーン。何とも云えない熱いものがこみ上げてきます。そこに、“真田志郎”と云う男の人生が透けて見えてしまうから(過去の作品を知っている、って意味だけではなくてね)。台詞が無いのも良い。どうしようもなく泣けてきますよ。今回の『復活篇』には、こうした人生の“重み”や“厚み”感じさせてくれる場面が多くて、そこは凄く良かったと思うのですが。

 …『『ウルトラ』銀河伝説』のザラブ星人の情けない姿(注・褒め言葉)を見たときには、「『復活篇』先に観ていて良かったなあw」と思いました。

|

« 何この香港映画 | トップページ | 能登かなしいよ能登 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/47055550

この記事へのトラックバック一覧です: 英雄の丘に立つ:

« 何この香港映画 | トップページ | 能登かなしいよ能登 »