« 2回目 | トップページ | 英雄の丘に立つ »

2009年12月17日 (木)

何この香港映画

 今日は『ヤマト』の話題は一休み。『ウルトラ銀河伝説』を観てきました。今までの『ウルトラ』映画と随分毛色が違っていて、(おそらく『ディケイド』への対抗心ムキ出しでw)「ネタ的にも物量的にも出し惜しみしないぜ! どうだ!!」ってのがコンセプトなんだと思いますが、お陰で理屈抜きに面白かったです。ベリアルは初めてデザインが公開されたときには青ざめたんですけどw、こうして動いているのを観るとかなりイイ感じでしたね。恒例合体ラスボスも見せ方を変えて来たので、いつものようにウンザリすることなく最後まで楽しめました。女性ウルトラマンが戦う(やられるw)のって、なんかエロいよね(笑)。ミライ君は随分貫禄出てきましたねえ(しみじみ)。ダイナは「通りすがりのウルトラマン」状態だった(笑)。ところでセブンは、ゼロに父だと打ち明けられないような気まずい裏事情でもあったのでしょうか?w それと今回のお話は、キング(元総理ナニやってんスかw)が出張ってくれればもっと早く解決していたんじゃあ?


20091217 ところで映画館には、昨日発表されたばかりのジブリ新作『借りぐらしのアリエッティ』のチラシが既に置いてありましたよ。まあ、ただ作品が企画に至る経緯をダラダラと書いてあるだけの代物なんですが、こんなもんでも宣材として成立してしまうジブリのブランド力には、改めて驚かされます。『ハルヒ』はこっちじゃ3月かー。

|

« 2回目 | トップページ | 英雄の丘に立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/47046983

この記事へのトラックバック一覧です: 何この香港映画:

« 2回目 | トップページ | 英雄の丘に立つ »