« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

とりあえず4話

 おおお、ダブル変身はバンクも変わるのか! しかしこれは可愛くてエロ過ぎる。劇場の大スクリーンでこれ観たら、俺は悶絶死しかねん(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

微妙なタイミング…

 来月号の『ホビージャパン』で『ヤマト』特集あるのな。実写版とも『復活篇』とも関係のないこの時期にやるのがHJ流(笑)。まあ、内容はワンパターンの作例なんでしょうが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

『化物語』14話

 観ましたよー。いきなり配信元がバンダイチャンネルになっててビビった(笑)。猫言葉(?)なブラック羽川が可愛い。ラジオネタ3連発のオチに爆笑w 神原をどうにかしろ(笑)。あと一回でおしまいですが、いろいろあったお陰で凄い長尺作品だったような幻想が(笑)。

 …そう云えば、『刀語』の1話を録画ミスして見逃してしまったのを思い出してガックリ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

二つのお別れ

10days02

 去る17日に上京して、ASKAのコンサートに行ってきました。東京厚生年金会館は来月末で閉館なんですねえ。このホールに来るのは、まさに21年前の『10 YEARS AFTER』の時の10日間公演以来ですので、懐かしさと感慨もひとしおです。ってゆーか、ここって新宿駅からこんなに離れていたっけ!?(伊勢丹のすぐ横ぐらいに記憶していた)。えらく歩いたので、本当に道が合ってるか心配になりましたよ。「コンサートを演れる場所がどんどん減ってきている」とはASKAの弁。このたびの閉館もそうした流れの一つで、寂しさとともに、「東京ですらそうなのか」と危機感を感じたりもします。なんかさ、世の中どんどんせせこましい空気になって行ってない?、最近。

10days01 ライブはまあ、良かったのですが、さすがにいい加減新作(アルバム)作れよと。手を変え品を変え毎年ライブやってるけど、もうネタ切れ限界気味ではあります。既に次のツアーも決定しているみたいですが、こんな状況だとちょっと今後の鑑賞は考えちゃうなあ。


Noto02 行きは特急(新幹線)だったのですが、帰りは能登号で。こちらも来月のダイヤ改正で姿を消すらしく、奇しくもそうした「去っていく時代」を体感してしまった旅になったのも不思議な巡り合わせと云いますか…(コンサートチケット取った時は、能登がなくなるなんて想像もしてませんでしたよ)。今回のようにコンサートとかで遅くなる時は本当に重宝してましたし、イベント参加時も、早朝着の能登はやっぱりありがたい存在でした。またそうした利便性を超えて、自分の東京の思い出は能登号でのそれと直結していたと云っても過言ではありません。それだけに今回の廃止は非常に残念ですね。でも、こうしたお別れをする機会があったのは良かったと思います。

 ホームにはたくさんのそれらしき方々wがカメラを構えて陣取っておられました。記念に写メってる人たちも多数。自分も“にわか撮り鉄”と化して何枚も取ってしまいましたよ(笑)。富山駅に着いた後は、ついホームで見えなくなるまで見送ってしまいました。


 ところで今回、この二つがメインだったので、のんびりモードで上京したため、久々の為にその変容ぶりに驚かされたアキバ以外は特にどこも行かなかった(アキバも、裏通りのパーツ屋さんばかり覗いていた。ほんとにあの辺は一日中でもいたいなあw)のですが、後から思うと、もうちょい早めに到着して『なのは』でも観て来れば良かったかなとも(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

能登さようなら能登

Noto01


 とゆー訳で、ただいま東京から帰ってきました…って、ああっキター!

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」が6月にBD/DVD/UMD化

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

あれは秘伝ディスク!

 タキシード仮面様かと思ったら絶望先生だったのに絶望した!(笑)。


●『ハートキャッチプリキュア!』 第2話/私って史上最弱のプリキュアですか??

 今回は設定説明に終始しちゃった感があって、ちょいテンションが下がってしまったのは残念。いや、充分おもしろかったのですがね。おばあちゃんがかつてプリキュアだった、ってのはもうちょい引っ張った方が良かったのでは?(ただでさえ詰め込みすぎだし、今回)。しかし、かれん様をネタにしていたら(殴)、本当にキュアババァが登場するとは思いませなんだなあ(いや、おばあちゃん現役じゃないしw)。つぼみがちゃんと普通の娘として描かれていて(「シュシュッってやるやつ」ってリアルすぎる台詞だろw)、一生懸命戦っている感じが好印象で感情移入が容易なのが良い。今後「堪忍袋の緒が切れました!」は決めゼリフになるんでしょうか? プリキュアの凄すぎる能力に驚いたり、強すぎる力を行使することの危うさを諭されたり、全く持って正統派ヒーロー物ですなあ。オレ的には拍手喝采なんだけど、チビッコ女子たちは楽しめてるのだろうか(笑)。

 それにしても、前作のシフォンの病気wの回にせよ、今回の心の種の出し方にせよ、関係者にそーゆーのが好きな人でもいるのでしょうか?(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

バンクーバーオリンピック始まる

 日本人選手の奮闘に期待がかかるのですが、時差が強烈なので、仕事が休み以外の日はライブ観戦できそうにないのが残念ですねえ(こーゆーのって、やっぱ生じゃないと興がそがれるんだよなあ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

X100eがやって来た

*とりあえずX40と記念撮影(縦が短く、横は長いのな)。
X100e01 
先月の発売日(5日)にポチったThinkPad X100eが、よ~やく昨日届きましたよ。「1~2週間でお届け」だったハズなのに、長かった…(この間に行われた5000円オフキャンペーンを適用してもらいたいレベルw)。運の良いことに今日は仕事がお休みだったので、1日じっくりといじくってました。と云いつつも、考えてみればlenovoになってからの初めてのマシン、しかもWindows7ってことで、なかなか戸惑う部分も多く、まだまだ触り足りないのが実状。まあ、楽しみながらやってます。

 ちょっとだけインプレッションを書くと、凄く良い!って所でしょうか。とにかく、必要最低限のハード的ソフト的要件は、充分にThinkPadクオリティを満たしていると思います。外見も程よくまとまってますし(変にグロス天板とか光り物パーツとか付けるのって、逆に凄くチープだもんねえ)少し不安だったキーボードや低くなったトラックポイントもこれまでと同じく違和感なく使えますし、液晶もThinkPadにしては(笑)キレイだし。何より驚いたのが、動作音がとても静かな事。冷却ファンもほとんど気になりません。お金持ちの方は、HDDをSSDに換装すれば完璧でしょう(ああ、自分もそろそろX40あたりはSSDにしようかなあと…)。スペックもこの手の機種としては必要十分でしょう。YouTubeのHD版『ハートキャッチプリキュア!』OP&EDもスムーズに再生できるぜ!(笑)。もちろん、お値段もお手頃。いやホント、このカテゴリのマシンを検討しておられる人には、是非お勧めしたいです。

 Windows7に関しては、XPやVistaとも違うお作法に悪戦苦闘中。確かに軽快な動作や親切設計なのは認めるところですが(ネットワークやWindows Liveメールの設定の拍子抜けするほどの簡単さには感激した)、ツールバーとスタートメニュー周りは改悪じゃないかなあ。まあ、とりあえず壁紙は花咲つぼみ窓辺ななみにしてますけどw


 全体的には、本当にお気に入りマシンとなりました。ああ、X201sやT410sなんかも気にはなってるのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

6回も観るハメになるとは(苦笑)

 いやまあ、自分の好きで観に行ったのですが(笑)。とゆー訳で、金沢でも最後の上映を迎えた『復活篇』、堪能してきました。今回はなぜか、始まった直後からニヤニヤがずっと止まらなかったのですが(キモイよ、俺…)、ラストの波動砲を撃つ辺りになると急に「ああ、今度こそスクリーンでの『ヤマト』はお終いなんだなあ」と実感してしまって目頭が熱く(恥)。終わった後はなんか、余韻でしばらく動けませんでしたよ。なんだかんだ云っても、この2ヶ月(正確には、その前からか)、楽しかったです。「ありがとう、宇宙戦艦ヤマト」(←イリヤ王女風に)。

 さて、これからは、『復活篇』について思うところを色々まとめて(むしろダラダラと語って?)行きたいところであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

『ハートキャッチプリキュア!』第1話

 『どれみ・中学編』かと思っていたら『セーラームーンW』だったぜ(笑)。いやそれにしても、仰け反るくらいの凄まじい完成度に思わず唸らせられましたよ。いきなり釘付けのアバンからOP、本編は勿論ED(これから全部このCGパターンになるのかな)まで、全く文句の付けようがない(ほとんど粗探し、インネン付けのレベルになってしまうw)。まあ、『フレッシュ』のクライマックスをグダグダにしてまで(?)こちらに注力したのだから、これ位はやって見せてくれないと割に合いません(なにそれ)。個人的に、これまで『プリキュア』観てて、「ここ、もうちょっとこうだったら凄く良くなるのになあ」みたいな部分がことごとくクリアされていたのが感心、とゆーか感激できましたよ。主人公もちょっと近年無いタイプで(イヤ、『魔法少女もの』としてみれば、むしろ原点回帰な部分があるか)どうなっていくか実に楽しみです。次回からも超期待だ! 余談ですが、「四つ葉のクローバー」とか「高校生モデルの姉」とか、なんとなく前作を彷彿させてくれる部分が「ああ、『プリキュア』として繋がってるなあ」と妄想できて嬉しかったりw(おそらく偶然なんでしょうけどね)。


 んじゃ、これからホントに最後の『復活篇』観賞に行ってきます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

いよいよ登場!

 S.H.フィギュアーツ キュアピーチの予約が始まってますねえ。スカートの下がどうなっているのか、大いに気になるところですが(殴)、早く美希タンも出してくれエエエエ…。一足先にイース様が出ますけど、最終回観ているとすっかり5番目6番目のプリキュアと化した(笑)西南コンビも欲しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊『ヤマト』ファクトファイル買ってきましたよー

20100203 富山は一日遅れなのだ。隣に並べてあった、貞本画の格好良いデザインの『エヴァクロニクル』のバインダーとあまりにも対照的な、テレビまんがテイストタップリの表紙にトホホとなりながらレジに持って行くと、デカいバインダー付きの為か専用の袋に入れて貰えてちょっとラッキー(写真の下の奴です)。

 内容的には、ツッコミ不足、データ不足、記述間違い(台詞など)が物足りなくはありますね。年表はグダグダだし(日付がないし、時系列に並べるにしてももっと色々盛り込めるはず)、メカの全長設定とかはどこまできちんとやるのか(ボラー艦のスペックは確定してないはず)とか、設定画をただトレースしただけ(パース合ってないところとか直せよ)の図版や描き下ろしイラストがかなりショボい、等々かなり気にはなるところです。が、やはりこうして関係本が出てくれるのは嬉しいものです。

 一緒に、同じデアゴスティーニの東宝特撮映画DVDコレクションの『地球防衛軍』も買ってきた(毎号買ってます。『ゴジラ対メガロ』なんてこうでもしなきゃソフトで欲しいと思わんしw)ので、プチ防衛軍祭りだったり(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »