« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月29日 (月)

2010F1第2戦 オーストラリアGP

 オーストラリアはいつも混戦模様ですが、今回も二転三転して最後まで目が離せなかったですねえ。やっぱコース上で戦う方が盛り上がりますよ。ベッテルは不憫だけど、毎回レースごとに勝者が変わるのは先の読めないシーズンの楽しみが堪能できて嬉しい。あと、当たり前だけど、大きい画面(まあ、たかだか32型なんだけど、14インチブラウン管から見れば大ジャンプアップw)は各種インフォメーションが見易くてイイッスね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

『ハートキャッチプリキュア!』第8話

 もも姉はやはり美希タンにしか見えないw(それっぽい服も着てるしw)。姉と妹の対比の構図が実に上手く描写されていて(ちやほやされる姉を見て僻む妹をうらやましそうに見る姉! 凄い!)、その演出の妙にただ感心。各キャラの動かし方もピタリとハマっていて、本当に怖いくらいに安定しているなあ。えりかがひたすら可愛かった。決め台詞も云えておめでとう(笑)。ブロッサムの技の多彩さにも驚かされるが、「その手は桑名の焼き蛤」って(笑)。「堪忍袋の~」もそうだけど、おばあちゃん子だから、こうした古めかしい言葉使っちゃうって事なのかな?(萌える!)。デザトリアンも毎度凝ってて面白いよな。ミサイルなのかよ、アレ!(笑)。今回の敵幹部の皆さんも皆良い味出してるので、死亡退場とかはなるべく無しにしていただきたいところ(毎度改心されるのもアレだけどw)。

 さて、謎の新キャラ・月影ゆりの正体とは果たして?(笑)。“(うさぎ達と出会わなかったif的)高校生亜美ちゃん”って感じでイイよねw(『スターズ』では高校生になってるけどさ、ホラ、あの亜美ちゃんちょっと“違う”じゃないw)。しかしもも姉は、彼女のことは友達としてカウントしてあげてないのか? ひどくね?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

“物語”の終焉

 本作の劇中季節が本放送の時期とほとんどシンクロしていたように、この季節のタイミングでBD化された『true tears』が届くなんてーのは、締めくくりとしてはあまりにも出来すぎているでしょう(笑)。

Ttbdbox

 true tearsカテゴリで記事を書くのもこれが最後でしょうから、取り敢えず「届いたよー」とご報告がてら。この作品に関わったすべての方に感謝させていただきます。ありがとうございました。

 さて、観ようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

彗星帝国の逆襲

 『ホビージャパン』の『ヤマト』特集ですが、思ってたより良かった。既存のキットをテキトーにいじくって終わり、だろうと予想していたら、結構な力作大物スクラッチもあって少し見直しました(笑)。特に、誰もが一度は考えるけど絶対に実行には移さない“地球儀(月球儀)を半分に切ってビルに電飾仕込んで都市帝国”ネタを大まじめにやってしまったのには感動させられましたよ。まあ、「結局手垢のついた『さらば』かよ」とは思うのですがね。

 後コレ、福井さんは富野塾の優等生(自称)なのに、天敵の松本作品に関わっちゃってもいいの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

「なんて数だ」って

 普通、味方が悪い連中に向かって云う台詞じゃね?(笑)。

 って訳で、『プリキュアオールスターズDX2』観てきました。オールスター作品としてあまりに良くできていた前作と比べてしまうと、(予想はしていたけど)正直イマイチでありましたなあ。いろいろ前回と被らないように努力していた点は評価できるものの、テンションは総じて低めで…。フレッシュ組はそこそこ目立ってましたが、後の人たちは出るだけマシって感じで残念ではあります(かれん様出番少ネエし)。やっぱ毎年やるのは限界あるって(苦笑)。素直に『フレッシュ対ハートキャッチ』にしておけば良かったのに。世界観だけオールスターズの流れで引き継いで(エンディングはそのままでもOK、か、別に同時上映でちょ~短編で全員集合させるとかね)。アクションシーンも物足りず(CGのは別)。全体的には消化不良の不完全燃焼気味な感じです。

 まあでも、半人前新人(最弱w)プリキュアを先輩達がフォローするって展開は悪くなく、微笑ましくも熱いものがありましたよ。前半の遊園地シーンの情報密度の濃密さは富野アニメに匹敵すると思う(笑)。フレッシュ組の新作変身シーンは一番ボルテージ騰がった場面でした。ラブやんは相変わらず男前だし(笑)。つぼみとえりかもすっかりラブラブで満足。CGのアクションシーンは圧巻で、「ここまで来たか!」と感嘆させられました(見せ方がちょっと『おもちゃの国』とダブっている点だけマイナス)。EDの全員ダンスは最高すぎて、そこだけでも映画館で観る価値は充分だったりします。ノーザさんはテレスティーナさん(『超電磁砲』ね)と並ぶ“3月度顔芸大賞”って事で(笑)。


 因みにチケットは、大きなお友達の強い味方・ヴァーさんがいとこの孝夫に!!!!を利用して、「これで窓口羞恥プレイスルーだぜ!」と楽勝ムードでいたら、結局パンフ買う時は「プリキュア一冊」って云わなきゃならんから一緒だったり(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

バッチ来いBD-BOX!!

 取り敢えず仮設置。部屋片付けなきゃなあ…。

20100322 PanasonicのTH-L32V1、結局我慢できなくて買ってしまいましたよ(苦笑)。決算期、エコポイント更新期限間近って事で、量販店はどこも大乱売状態だったのでついふらっと…。なんか俺、初めてのパソコン購入時も、消費税率アップ前の駆け込みで買ったんだったよなあ。なんと乗せられやすいのだろうか(笑)。まあ、今回のBD関連、当初予定していた本命候補に落ち着いたわけですが、レコーダーと併せて14万ちょいかかってしまいました。フフフ、全く金のかかる女だぜ、湯浅比呂美…(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

女の子だったのか…

 生徒会長。あやしい雰囲気のアニキとの絡みもあって、ちょっと黒神さんちとカブる(笑)。生き別れの姉とか出てきそうな(笑)。なんだかんだ云って、つぼみは百合属性の才能(?)があるのでしょうな。今度こそマリンの決めゼリフ登場かと思ったのに無かったよ! 映画鑑賞は月末になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

両極端?

 本日は、『ガンダムUC』のサントラと『ハートキャッチプリキュア!』の主題歌CD(当然DVD付きの方)を買ってきました。水と油、って感じですけど、ホラ、『プリキュア』のOPじゃあ二人がマントはためかせてる姿カッコイイじゃありませんか。なにげに『クロスボーンガンダム』くさいし(笑)。

 『UC』の方はBlu-spec CDとゆーのだそうです。CDの高音質化規格は数種乱立しているみたいですねえ。一応どれも普通に再生できるから良いのだけど(ゴールドCDってあったなあw)。とりあえず冒頭のクシャトリヤVSジェガンのシーンで流れている曲(MOBILE SUIT)をリピートしまくってたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

グレートメカニックDX12

 『復活篇』の記事があったので買ってきました。羽原氏のインタビューがすげー興味深いです。……つーか、やっぱ戦犯は西﨑氏なんだなあ(苦笑)。もう新しい事する気がないなら、新作なんて作らなくて良いと思うのですがねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

F1 2010年シーズン開幕

 なんかオフシーズンのアレコレの方が面白かった気もしますが(笑)、いよいよ新たなシーズンの始まりです。ワタクシ的にはロータスカラーのマシンが再び見られるのがうれしいところ(うるさ型達は、「アレは昔のロータスと同じと見なしてくれるな」と云いたそうではありますが)。色々変革も多い今年ですけど(なんか毎年云ってる気もするなw)、無給油に関して云えば、個人的にはこれが本流ではないかと。その分、戦略性は薄まるかもしれませんがね。バーレーン戦ではド本命のアロンソが優勝でしたが、やはり今年はベッテルイヤーになるのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

大人のガンダム(笑)

 『ガンダムUC』のBDが届いたので早速鑑賞。巷では大絶賛されている本作ですが、俺的には、「う~ん、こんなもんかー」って感じ。ちょっと過大評価過ぎるのじゃないかなあ? 京アニ作品が必要以上に持ち上げられているのと同じで、「君ら、キレイに仕上がっていれば何でも良いの?」などとイヤミの一つも云いたくなってしまいます。

 そもそもこの作品の(原作小説も含めた)立脚点って、「トミノ抜きで宇宙世紀正史が紡げるかどうか」って命題に対してのモデルであると確信しているので(つまり、これが上手く行けばソーカントク亡き後も200年でも300年でも歴史を進める気満々なんでしょうよ、関係者各位は)、そうした部分が上手く機能していたかと云うと…。最新の映像・演出技術で描かれれば描かれるほど、『ガンダム』ってコンテンツの骨組みの古くささが浮き彫りになってしまうという現実。今時、「地球連邦(笑)」って感じじゃないですか、ねえ。『ガンダム』であろうとすれば余計に、そうした“今送り出す作品としての限界”がはっきりと見えてしまうのが、個人的にどうにも今ひとつノれない部分だったりするのです。あと、はっきりしたのが、「俺ってトミノ節が好きすぎるんだ!」って事(笑)。モドキをいくら積み上げてみてもダメなんだなあと。そこには厳然たる格差が存在するのであります、うむ。口直しに『逆襲のシャア』でも観るか(笑)。

 まあ、せっかくお金払ったので良いところも挙げておくと(笑)、やっぱなんだかんだ云って映像的には手間かかってます。今後の宇宙世紀物のハードルは高くなりそう。ミネバ様はひたすら美しく描かれているのが、スタッフ諸氏の愛を感じられて良い(笑)。藤村ボイスはこうした(無理して)抑えた感じのキャラが似合ってますなあ(美雪も前半の方がイイw)。効果音はファーストの物を上手くアレンジしてあって好印象。ユニコーンの起動音には、不覚にもグッとさせられてしまった(笑)。音楽も凄く良かった。ところで、メニュー画面の文字が細かすぎて、14インチブラウン管(苦笑)じゃあ何かいてあるかワカらんぞ! デカいTV早く買えってかバンダイビジュアル!(笑)。


 ぶっちゃけ今回はBDお試し版な気分で買ったので、次以降も買うかどうかは未定(元々原作自体「んん?」って感じだし、俺的に)。大体このクオリティ、完結まで何年かかるのやら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

BDデビュー

 PCとかPS3とかも候補に入れていたのですが、結局買ったのはPanasonicのDMR-BW680とゆー無難な選択(笑)。東芝様はもうアテにならんしねえ(つーか、フナイのOEMって…)。これで『ハートキャッチプリキュア!』も『Angel Beats!』も(チューリップテレビは『けいおん!!』もやるんだよな。今期力入ってんなあw)HD画質で保存できるぜ! 肝心のTVはブラウン管だがな!!(死)。……6月の『復活篇』BD発売までには何とかしたいけど……。とりあえず週末には『ガンダムUC』のBDが届くので楽しみ。それまでは、『復活篇』のPV(DVD)でも観ていよう(笑)。

 ところで『相棒』が最終回でしたが、良かったですねえ。「ミッチーが今ひとつ馴染めない」と1話の感想で述べていた自分ですが、その彼が最後に「相棒」となれたのには感動しましたよ。もう良いコンビですよね。あと大河内さんのデレっぷりが楽しすぎる(笑)。新シリーズの展開も心待ちにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

つ、次は来るよね…

 AmazonでS.H.フィギュアーツ キュアパイン取り扱い開始!

 ベリーまだー?(泣)。……ま、まさかパッションの方が先に出たりはしないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

サイバーテロっすか

 2ちゃんねるの全サーバーが某国からのアタックによってダウンした件ですが、ちょうど自分もその瞬間に遭遇していましたよ。京ぽん2(WX310K…もうボロボロっす)でお昼休み中に『復活篇』スレ覗いていたのですが、急に繋がらなくなってしまい。てっきり電話回線的な問題だと思ったので「ちぇっ、これだから倒産しちまうような会社のインフラはダメなんだ。仕方ねえなあw(*)」とか軽く(?)考えていたのですが、ウチに帰ってきてPCでブラウザ(未だにゾヌ1ですw)立ち上げてみてもダメ。「あり?」てな感じでサーバー監視所とか覗いてみたら全滅。ググってみると…納得。こんな漫画みたいな事ってホントにあるんですねえ。しかも原始的な方法で(笑)。早いとこ復帰して欲しいものです。アニメとPC板だけでもいいからw


*…これに関しては、本気でどうしようかと悩んでますよ。自分の使い方だとやはりWILLCOMがベストなんだけどねえ。とにかく今はXperia待ちかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »