« 『Angel Beats!』2話 | トップページ | 午前十時の映画祭 »

2010年4月13日 (火)

老いてますます…

・ヤマトは「文芸もの」だった?

 『ヤマト』絡みの、勝間田具治氏の面白いお話が掲載されています。近年でも『鬼太郎』やちょっと前の『ハートキャッチプリキュア!』などでも現役バリバリの所を見せてくれた勝間田氏、本当にこの年代の人は“強い”なあと思いますね、しみじみと。

 ネットでちらほらとこうした記事を見かけるたびに思っていたのですが、『ヤマト』あたりでも、当時の関係者からのインタビューをまとめた本とか出ないかなあと。意外と埋もれている、興味深い証言とか今だからこそ引き出して、形として残しておいてもらいたいのですよ(まあ、ヤバい事実が百出しそうではあるけどw)。そろそろ、“俺らの世代のアニメ”も、そうした歴史化の為の準備(整理)を始めなければいけないのではないかと思います。お上のハコ物行政的な意味なんかじゃなくて、本当に“文化”であるなら。

|

« 『Angel Beats!』2話 | トップページ | 午前十時の映画祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/48080631

この記事へのトラックバック一覧です: 老いてますます…:

« 『Angel Beats!』2話 | トップページ | 午前十時の映画祭 »