« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

ザ・'60年代

 結局、これが「僕らの世代のSF」って事なんでしょう。


 『ガンダムUC』のオチも“そう”だったように、そもそもファースト『ガンダム』からして'50~'60年代SFの強い影響下にある作品ですから、そのテイストを取り入れた最新作の行き着く先がこうだった、ってのはとてもよくワカるのですけど、なんというか、ある意味あまりにも順当すぎてちょっと既定路線過ぎるのじゃないかなと(笑)。もうちょっとなんか上乗せして欲しかった…ってのは、高望み過ぎでしょうか?、劇場版『ガンダム00』。

 まあそうした昔のSF風味を外したお話の部分は、ベッタベタなジャンプ漫画レベルなんですけどねw。事あるごとに「平和が!」「未来が!」「希望が!」とか叫んでばかりで、それこそ「俺たちがプリキュアだ!」とか言い出しても違和感ないのじゃないかと(笑)。入魂のつもりの戦闘シーンは、物量が多すぎる上に無敵スペックバトル連発のせいで、逆にチャチかつ単調に見えてしまう始末。いかに富野演出が優れているのかを、鮮明なまでに浮かび上がらせてくれました。でも、『ガンダム』をダシにヘンな映画作っちゃったところは評価できる(笑)。


 それにしても我らがマリナ様、映画観る前は「『ガンダム』ヒロインなのに三十路突入かよ!」とか笑ってむしろ萌えて、驚いていたのですが、あのエピローグを見てしまうと、そんなのは些細なことであったのだと思い知らされました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

コンプリートボックス到着!

Cbox01

 今日は、ようやく富山でも公開になった『ガンダム00』の映画を観てきた(ついでに、実写版『ヤマト』の前売りも買ってきました)のですが、帰ってきたら馬鹿でかい箱に入った『復活篇』の豪華本本体が届いておりました。実写版前売り特典のクリアファイル(A5サイズ)との比較ッス。因みに、久々に行ったファボーレは、すっかり『ヤマト』色に染まってました(笑)。試写会も申し込んできたよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

届いた! と思ったら…

 『復活篇』の豪華本を申し込んだのですが、肝心の本が来ないでプレゼント名義の“唯我独尊”(佐渡先生が劇中で嗜んでいたお酒を再現した物。後日発送、ってハズだったのに…)が先に届いてしまいましたよ(苦笑)。これじゃあ生殺しだぜ…。ちゃんと本体が届いている人もいるみたいなので、待ち遠しいですなあ。

20101029_2 ←同じく今日届いたプリキュアの二人の後ろから頭出してる白い箱が、お酒の。さてさて、明日からいよいよ映画版『ハートキャッチプリキュア!』ですけど、仕事なので観に行けるのは少し後になりそうで残念。最初の週末ぐらい、俺らのためにレイトショーもやってくれよ!(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

ヤマト有識者の皆さん(笑)

 今月号の『ホビージャパン』や『モデルグラフィックス』掲載の、1:500ヤマト会議レポートは面白かったですね~。氷川さんノリノリだなあ(笑)。こうした機会を設けているその意気込みは素晴らしいと思う反面、サブノズル色分けの件は、いかにバンダイが『ガンダム』病に冒されているかの証左ではあると思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

2010 F1韓国GP

 今日に至るまで、情報が入ってくるたびに暗澹たる気持ちにさせられていた今回の韓国戦ですが、取り敢えずは無事開催できて(致命的な事故やミスなど無くて)ホッとさせられました。コースそのものや運営のまずさなんかは雨のお陰で薄まった感じにはなっていましたが、これもまあ想定通りかと…。しかしまあ、なんかマシンの状態見ていても、F1とゆーよりラリーみたいで(笑)。雨に始まり、セーフティーカー、赤旗、クラッシュ連発、日没、レッドブル全滅と、意外にも(!?)レース的にもそこそこ面白かったりして…。とゆーか、こんな状況でもレースを成立させてしまうF1ドライバー達の力量の凄まじさがはっきりと感じられはしました。でもやはり、このサーキットでのレースをも一度みたいかというと、ちょっと、ねえ(苦笑)。

 アロンソは流石で、年間チャンピオンの行方はまた混沌としてきましたなあ(個人的には、バトンがノーポイントだったのがもったいなさ過ぎると思ったけど)。可夢偉も、派手さはなかったけど上手く“抑えて”走りきってくれたのには好印象。ただ、地上波の粘走ってアオリはいかがな物かと(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

けいおん!?

 実に気持ちよく観られましたな、『ハートキャッチプリキュア!』36話。とにかくもう、つぼみの女給さん姿が可愛すぎる!(真由ちゃんと併せて今回はまさにポニーテール祭でもあったわけだw)。ずっとあの姿で歩き回っていたのも嬉しい。今回もまたこれまでのゲストキャラ大挙登場で(何気にいつきパパもこっそり登場なのがw)、大変賑やかでありました。作品的にも物語的にも、ファッションショーとライブを一緒にやるというのは良いアイディアだと思うッス。こうしたシーンって、これまではオマケ的に描かれていたのだけど、今回は堂々たるクライマックス、作画も演出も(もちろん曲も)実に良かった。色々妄想もふくらませてくれたしw(本当にこのシリーズは、百合百合なネタには困らん喃)。締めも感動的。これで本編直後のタイミングで、工藤さんのミニアルバムのCMが流れてくれれば完璧だったと思う(笑)。

Tvbros_2
 ところでみんな、もう当然『テレビブロス』はゲットしてるよね! この表紙だけで「元取った!」って感じです。しかしこうして描き下ろしイラストとか見ていると、やっぱり俺ら向け(?)のムック本も欲しくなるよねえ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

全日本模型ホビーショー

 現在開催中のホビーショーでは、件の1:500ヤマトの試作品が展示されているようですね。後方パースが中々格好良いのではないでしょうか(各部ディテールや上部発進口周りのデザインは好き嫌いが分かれそうですが)。

 あと、いよいよノーベルガンダムがプラモになるらしい。これで、夢のセーラーガンダムチームが現実の物に(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

F1 2010 日本GP

 いやあ、可夢偉の熱い走りは興奮しましたけど、抜く時2回とも接触していたのは気になるところ(笑)。まあ、そうした無茶っぷりもある意味名選手の証だと、前向きに捉えておきましょうw(ダーティな感じがしないところは好印象ではありますし…)。それと、TV(地上波)での可夢偉関連のバカ騒ぎっぷりに比べて、左近の扱いが可哀想すぎるのはいかがなものかと。いや、昔そりゃ俺も苦言を呈したことはあったけどさ、せっかくの母国GP、もうちょいクローズアップしてあげてもと思うのですが…。年間チャンピオンの行方は、未だに混沌としていて楽しみ。しっかしこの大事な時に、韓国GPは無事開催できるのでしょうかねえ…(こうは云われても不安)。

 『ハートキャッチプリキュア!』35話、なんか一人で戦力のパワーバランスを崩しまくってるムーンライトさん(笑)。まさか他の3人出番無しとは…。学園祭直前のドタバタとテンパってる様子が、実に巧みに表現されていて、これまでのゲストも上手く使って、ワイワイ盛り上がっている感じが凄く良かった。皆いいキャラしてるよなあ。番くんは本当にうらやましすぎる(笑)。その分、映研の彼の印象が限りなく薄いのは仕方がないか。しかし、(家出の時もそうだったけど)いつきはポプリに甘すぎる。あそこはやっぱりきちんと注意すべきシーンでしょう、親子揃って観ている作品なんだから。そこだけ不満。

 『STAR DRIVER』は今回やっと気が付いたのだけど、要は「少女漫画の世界にロボットを出した」ってノリなんだね。なるほど色々合点が行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

未だにこんなに何かが…

 トップの記事でも触れていますが、有志の方によるイベントが城端で行われるみたいです(話自体は随分前に出ていたのですが…)。公式サイトからして気合いが違いますよ。ほんと、オフィシャルイベントみたい。このイベントの次の日には、21世紀美術館で『花咲くいろは』(例によって、キャラ名がご当地名だ! 輪島の声が能登w)の制作発表会があるんですよね。良い感じで盛り上がってる気がします。

 高垣さんのブログで、先のむぎや祭の話題がついにアップされました。なんとゆーテンションの高さ(笑)。「当日はニアミスもあったかもなあ」と妄想に耽りつつも(それくらい許してくれw)、ここまで堪能していただけると、県民のひとりとしてもちょっと嬉しいものがあります(どちらかと云うと、感謝するのはこちらではあるのですが)。しかし、自分の方は2日目、3日目ぶんも更新するつもりが、いろいろあってついずるずると…。

 ASCII.jpでも、今度の聖地は富山県! 城端祭レポートと題して中々詳細なレポートが。アキバ系ど真ん中のメジャーな作品しか相手にしてくれないものと思っていたのですが(失礼)、こうして取り上げてくれて感謝(細かいところでは「?」な所もありますが、いやいや、ちゃんと現地に来てくれただけでも嬉しいですから)。ちゃんと「むぎや」と「むぎは」踊りの比較動画などもあったりして、何気に侮れない記事になっていると思います。


 こうして今もいろいろな物が「動いて」いる『true tears』と云う作品は、本当に素晴らしいなあと感慨を新たにした次第であります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『true tears』上映イベントのお知らせ

             ・「真実の涙をもう一度」有志会
Tt_banner_2010091103_2

 ファン主催企画と云うことですが、もう「凄い」としか…。自分はおそらく行けないのですが(涙)、及ばずながらも告知に協力させてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

すごいパワーです! キュアムーンライト!!

 ぶっちゃけ、(世間的な盛り上がりはともかく)前2話分はノれなかった自分でしたが(「おばあちゃんと対決!?」と思ったら絶望仮面様の代理戦、超おいしいゆりっぺのドラマを台詞のみでさらりと語ってしまう味気なさ、など)、うってかわって今回は、そんな前回までの気分などどうでも良くなるくらいにテンションMAXなお話でした。鼻血が出そうなくらい凄まじいアクションシーンを筆頭に、作画・演出ともに素晴らしすぎてもはや別次元のレベルに。いったい俺は今ナニを観ていたのかと(笑)。泣けるシーンの後の(この作品らしい)楽しいクロージングもお美事。こうしたエピソードをふまえた上での、4人揃ったEDは凄く感慨深いなあ…と余韻に浸っていたら、プレゼントクイズうぜー(笑)。映画の予告も新しくなっていて、こちらも期待が高まります(富山では、『ガンダム00』の映画と封切りが重なるのだw)。


 新番組の銀河美少年(えー)は、おもしろいのかどうなのかよくワカらん(笑)。『ウルトラマンゼロ』のCMも流れて、ちょっとした宮野真守アワーでしたが、ひょっとして狙ったのかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

S.H.フィギュアーツ

 続けてフィギュアネタ(笑)。Amazon見てると、『ハートキャッチプリキュア!』のフィギュアーツが発売になるみたいですねえ。ギリギリ最終回に間に合うかどうかぐらい? うーん、でも今月末発売予定のメガハウスのヤツ買ったら満足してしまうそうな気も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

66式メーサー殺獣光線車

66shiki
 本日発売の特撮リボルテック・メーサー車を早速買ってきました。箱の帯で庵野監督に煽られるまでもなく、2個買い以外に選択肢は最初からあり得ませんでしたw(ただし、写真は2台並べると収拾つかなくなりそうなので、取り敢えず1台のみで)。これで先月出たモゲラ君と対決させて遊べそうです(えー…。因みに、他の怪獣はリボルバージョイント丸見えなのが気持ち悪いので要らない)。ただ、買ってみて初めて知ったのですが、このシリーズ(リボルテック自体)、「関節をガチャガチャやって遊ぶ」のには向いていないのだなと、ポーズの自由度が高いだけで(よーするに、飾っておくための可動でしかないんだね)。このメーサー車も、キモのパラボラ部分がすぐ外れてしまうので、「ウィーン」とか攻撃態勢を取らせて遊ぶのには、少々注意が必要でありますよ(笑)。70式(対ガイガン)や90式(×メカゴジラ)なんかも出るといいなあ。

 では今夜は、これを片手に『サンダ対ガイラ』でも観ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »