« いよいよ明日公開 | トップページ | 2回目観てきました(笑)。 »

2010年12月 1日 (水)

「第3艦橋勤務です!」

 ここまで一瞬のうちに死亡フラグが立ちまくる台詞もそう無いでしょう(笑)。


 とゆー訳で観ましたよ実写版。

 元々「俺らの『ヤマト』を、たかだか20億ぽっちで実写化できるはずがないだろ」と分かってはいたので、過度な期待はしていなかったのですが、まあ、「できる範囲で作りました」って感じの仕上がり具合でしょうか。お話的にも映像的にも規定路線上で、大きく予想を超えるものでもなかったし、何か新しい価値観を提示できたわけでもないし。それもこれも想定済みなので、特にガッカリしたわけではないのですが。ケチを付けるところは山ほどありますが、それをいちいち論うのもどうかと。ただ、脚本的には、『ヤマト』的要素を上手くコンパクトにまとめていたなあと感心させられました(お話そのものがよくできていた、と云ってるのじゃないw)。

 『復活篇』の時は、「スーパー西崎大戦」とか云っていましたけど、今回は(事前情報通り)「PART.1+さらば」をメインストリームにしながら、ちょこちょこと漫画版やら初期企画(石津版でも可)やら『完結編』までの全『ヤマト』シリーズの小ネタを挟んでいて、さながら「スーパー『ヤマト』大戦」(ナニそれw)といった趣ではありましたね(『復活篇』を彷彿とさせるところもいくつもあったし)。『マクロス』も混じってたかな?(コスモゼロのホバリングに柿崎w)そうした楽しみ方をできるのならオススメです(笑)。おなじみ声優さんの採用も嬉しいし(上田みゆきさん全然声変わってねえええ)。

 でも一番の不満点はヤマト本体がまるで印象に残らなかった点。こうしてみるとやはりアニメの方は“ヤマト”が主役だったのだなあと。仕方ないとはいえ、やたら主張しまくりのキムタクはいつものキムタクでしかなかったし、各キャラの死に様やおなじみ名台詞の(ドラマ的積み重ねが希薄故の)唐突感は否めなかったところ。あと全体的にお芝居の演出がセンス無い感じで緊張感が皆無に等しいのが、ちょっと…。お陰でラスト部分のダラダラさ加減が半端無く(仲間の幻見るシーンは最早ギャグにしか見えんw そんなとこ忠実にやらんでもなあ…)、『さよならジュピター』と同じ過ちを繰り返している邦画の無能っぷりがまた鮮明になってしまったり(やっぱ“本格SF”のコピーは鬼門だなあw)、『さらば』の(ある意味での)完成度の高さを再認識させられてしまったりした次第。おなじみのスコアをモチーフにした音楽が割と盛り上げてくれていただけに、どうにも勿体ない気がします。

 よかった点も挙げておこう。ブラックタイガー発進プロセスが格好いい。横ロール回避してワープ!には燃えた。ギバちゃんの真田さんなりきり度はすごい(いざという場合には『復活篇』ディレクターズカット版の真田さん役も、彼にやってもらってもいいレベル)。それにしても、アナライザーが出てくるとは思わなかった。しかもあんな大活躍するなんて…! 後、賛否あるとは思うけど、今回一番よかったのは高島礼子さんの佐渡先生。ミー君と併せて、本作の癒しポイントでした。


 観終えた後に聞こえた会話。「『復活篇』よりはマシだったかな」「アレはふざけすぎだろw」……そーかな~? …………そうかも(笑)。

|

« いよいよ明日公開 | トップページ | 2回目観てきました(笑)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/50181659

この記事へのトラックバック一覧です: 「第3艦橋勤務です!」:

« いよいよ明日公開 | トップページ | 2回目観てきました(笑)。 »