« 『花咲くいろは』 第七話・喜翆戦線異状なし | トップページ | ゆきあつ(笑) »

2011年5月21日 (土)

第8部『ジョジョリオン』

 もしかすると世間的には賛否両論なのかもしれませんが、ワタクシ的には今回の震災を絡めた展開(今この時期、あの地域を舞台とするのなら当然とも云える)に現在進行形的な存在感、迫真性を感じてグッと来てしまったクチであります。元々第4部は、日記的な気持ちで描いていた部分も多かった的なことを以前荒木先生も云っておられたので、そうした織り込み方はまさに“杜王的”ではないかと。ヒロインは徐倫の生まれ変わりかと思った(でも、別にいたよね、そう云えば)ら“広瀬”とは。やはり弟いるのかな? それにしても、4部では堂々主役を張った我らが“東方”が、あんな情けないキャラとして出てくるとは思いませなんだよ…。これまでの中で群を抜いて先の読めない始まり方、これもまた杜王的であります。

 それにしても、先月のビジュアル公開と同時に一斉に突っ込まれた、“すきっ歯主人公”については、「前歯が虫歯になったので主人公がすきっ歯になりました。」って……、そんなんでいいの?(笑)。これもまた(略)。

|

« 『花咲くいろは』 第七話・喜翆戦線異状なし | トップページ | ゆきあつ(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/51724744

この記事へのトラックバック一覧です: 第8部『ジョジョリオン』:

« 『花咲くいろは』 第七話・喜翆戦線異状なし | トップページ | ゆきあつ(笑) »