« 2011年5月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月17日 (水)

『花咲くいろは』 第二十話/愛・香林祭

 続編キター!!w 西村純一監督(笑)。

Iroha20lt

 いろいろあってブログは放置状態だったのですが、今回の『いろは』、「これをキャプらにゃオタクが廃る!」ってなもんですよね(笑)。比呂美さんの神々しいばかりの存在感に心が震えた! とゆー訳で『true tears』チェック!(なにそれ)。

Iroha20s03 雷轟丸と地べたの巨大ハリボテがインパクト抜群(ああ、でもそれと気が付いたのは、Twitterの書き込みを見てだったり…)。ガヤ声の「わ~っ、動いてる~」ってのが楽しいw


Iroha20s07_4 おお、麦端高夏服! モブシーンで麦端高校制服姿の娘がたくさん見られるのも要チェック。わざわざ富山から石川の高校まで学園祭見に行ってるのか(笑)。姉妹校なのかねえ。『true tears』ではこうしたお約束的な学園イベント描写はさっぱりなかったので(いや、そこが素晴らしいのだが)、ある意味仮想麦端高イベントとしてみたりするのも楽しい(えー)。

Iroha20s08_2 クラス展示、勝ち組と負け組。あまりにも残酷な結果ではあるけど、凄くリアルだよね。研究発表展示系はこんなモンでしょう。自分も高校の時に体験済み(苦笑)。つーか、自分自身全然手伝わないで、他のクラスに入り浸っていたし。緒花のクラス前にいる眼鏡かけたメイドさんが比呂美さんに見える自分はもうダメなんでしょうか?

 因みに水野さんは、もう少し登場が早ければ夏コミの薄い本でのなこちとのカップリングが期待できたと思うのだがどうだろうか。


 ここからは今週のなこち。

Iroha20s01_2 

Iroha20s02 「オムライス!」「…あれ?」
ボケる姿も可愛いよなこち。

上のシーンは、なんかエロいと思う。

Iroha20s05 熱弁奮う緒花をよそに、しっかりオムライスをパクつくマイペースなこちが可愛い。しかし、ヒロイン達は皆、料理得意な娘ばっかりだな。

Iroha20s06 東京に憧れる田舎者っぷりが可愛いなこち。高校卒業後、上京してアヤシイお店で騙されて働くようなことになってしまう気がして心配です。とゆーか、そんな薄い本(以下略)。

 もっとキャプしたいのはヤマヤマだけど、際限ないのでこの辺で(そーゆーのは専門サイトにお任せよ)。今回も面白かったです。やはり個人的には“西村流”がツボにはまるのかなあと。少なくとも自分が求めていた“空気”があるんですよね。お話的には、そろそろまとめに入っていくと思うのだけど、どうなるんでしょうか。


Iroha20s04 おまけ。こんな可愛い子が、なんであんな風に(殴)。いや、今回も照れてるシーンとかはメチャクチャ可愛かったですよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年9月 »