« 第61回城端むぎや祭 | トップページ | 富山カレーフェスタ2011・簡易レポ »

2011年11月12日 (土)

『宇宙戦艦ヤマト2199』抜錨!!

 やはりこちらでも、きちんと触れておかないとw

Yamato2199yuki_2 昨深夜の公式ページ開設・特報公開に続いて、ヤマトクルーでも続報が出ていますね。『ガンダムUC』みたいなOVA展開とか思っていたのだけど、やっぱTVシリーズなんですな。小林誠氏のブログでも時折触れられてるように、設定制作は結構先行しているみたいだし(2クール?)。古くは’80年代末頃に最初の話が出て、その後もいろいろ動きはあったのだけど日の目を見ず、最近では『復活篇』の少し前に設定準備稿が流出したりと、なかなかに苦難の航海であった“リメイク版”ですが、そうしてついにたどり着いたこの時を思うと、ちょっとだけ感慨にふける気にもなってしまいます(個人的には、コレに限らず、リメイクってあまり意味のないものだと思ってはいるのですが)。

 タイトルデザインが(後の劇場版以降のものでなく)最初のTVシリーズのものを踏襲しているとか、細かいところに拘っているのは見て取れますね。特にかねてより、「『ヤマト』キャラのリファインを手がけたい」と語っていた結城信輝さんのデザインは(意に反してあまり松本キャラっぽくないラインが逆に)個人的には好感触。特に森雪が可愛すぎる! それまでぶつくさ言ってたクセに、これだけで視聴意欲が大幅アップ(笑)。この娘が、今後おそらくプラグスーツっぽくなっているであろう(笑)エロい女子艦内制服を着ている姿を妄想するだけでワクテカしてしまいますよww

 メカは、デザイン的にはともかく(ヤマトは玉盛デザインのバンダイ新作プラモのヤツなんだね)、描写としては「こんなもんか」以上の感想はないのですが、特報で流れた冥王星海戦の映像だけ見てると、むらかわみちおさんの漫画をそのままコンテに起こしましたって雰囲気ですなあ(笑)。


 なんだかんだ言っても、こうしている色々語っているとそれなりに盛り上がってしまうのもいつもの事(苦笑)。出来ることなら、来年4月7日(大和が眠りについた日!)には劇場で観てみたいものであります。

|

« 第61回城端むぎや祭 | トップページ | 富山カレーフェスタ2011・簡易レポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132677/53228549

この記事へのトラックバック一覧です: 『宇宙戦艦ヤマト2199』抜錨!!:

« 第61回城端むぎや祭 | トップページ | 富山カレーフェスタ2011・簡易レポ »