2011年4月 3日 (日)

豊口七変化

 膨大な妄想が止まらなくなってしまういつも通りの(笑)響と奏のバカップル振りを見せ付けつつ、セイレーンの意外な心の動きも描いてくれた今回の『スイートプリキュア』は、脚本・演出ともに秀逸で、なかなかの良作でありました。メガトーンの変なデザインもお気に入り(笑)。ただ、響が髪を纏めるのはポニーテールにして欲しかった…(こんなんばっかりやなw)。

 映画も遅ればせながら観てきましたよ。ちょっと“解説”が多かったのが気になりましたが、存分に堪能できました。特に、EDに入るところの皆の泣き顔は、いろんな意味でグッと来ます(主に性的な意味で)。…でも、こまちさんはイロモノ黄色チームの方がいいのじゃないかなあと思いました(殴)。


 『IS』は、ちゃんと最終回でちゃんと箒のポニーテール縛りネタをやってくれて嬉しかったw(先週はスマンかった)。でも実は、俺の本命は千冬姉なんだ(笑)。BD1巻も買ったよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

『相棒』season9 最終回スペシャル

 小野田官房長亡き今、すっかりラスボスっぽくなってしまった片山議員でありました。映画を踏まえた展開で、官房長の“遺言”には大変感動させられたのですけど、直後のしょぼいヘリCGにガッカリで台無し(苦笑)。それともアレ、次シーズンへの伏線なんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国』観てきました

 実写版『ヤマト』上映のスクリーンに入ってしまったのかと思ったぜ(笑)。

 俺ら世代感涙のヒーローのリメイク(何気にMJ号までいる!)とかいろいろやってくれてはいるのですが、流石に先の映画ほどのインパクトは無く。ただ、戦隊モノや『ライダー』では(あまりにも恒例行事になりすぎていて)失われて久しい「個性派連中が最後に一致団結して敵に当たる気持ちよさ」が、中々上手く描かれていたところは良かったかな。そのウルティメットフォースゼロの皆さんは、ガンダムマイスターにしか見えなかったしw(そもそも、よく考えたら中の人全員ガンダム乗りだよなあ)。二次元の世界に行ってるのに、全然二次元じゃない場所で普通に皆動き回ってるし。遂にウルトラマンにまで天使の羽が。4人の力で巨大化したキングがベリアルを拳で圧殺するのかとか思ったら違った(笑)。最後は強気の特報有りでしたが(45周年記念第2弾、って…)、『ULTRAMAN2』みたくなりませんように……。

 『プリキュアオールスターズDX3』のポスターが掲示してありましたが、凄いことになってますなあ。いや、華やかで良いのだけどね(チラシは残念ながら無かった。品切れ?)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

『相棒-劇場版Ⅱ-』観てきました

 昨日の放送であんな事されたら、そりゃ観に行かないわけにはイカんでしょう(笑)。

続きを読む "『相棒-劇場版Ⅱ-』観てきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

紛う事なき『ヤマト』サウンドの系譜

 今日は実写版のサントラ盤と主題歌CDを買ってきました。うむ、これでもかとばかりに流れるヤマトのテーマですが、アレンジが巧みで多様の為全く気になりません。やはり気分盛り上がるなあ。

 自分は世間で云われるほど『復活篇』の音楽設計って悪いとは思っていないのですが、これを聴いてしまうと、「(今回みたいなアレンジメインでも良いから)もっと新しいヤマトサウンドを聴かせて欲しかったなあ」と思ってしまいますね。

 主題歌も結構お気に入り。イントロがジンと来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

2回目観てきました(笑)。

Sbyamato01


 わざわざ別の映画館で(笑) 前売り券がまだ残っているので(今回は映画の日割引利用だったから)、最低もう一回は観に行くと思います(笑)。パンフはちょっとお値段高めですが、充実の内容なので買って損無し! 2回目を観終えた後に聞こえてきた声は、「上出来じゃないか『ヤマト』!」。うむ、いろいろな声があって面白いなあ(他の人の感想を否定している、とかじゃないですよ。いろんな感想が聞けて楽しい)。

 さて、これから録り溜した関連番組や、入手済みだけど封印していた小説やキネ旬でも堪能することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第3艦橋勤務です!」

 ここまで一瞬のうちに死亡フラグが立ちまくる台詞もそう無いでしょう(笑)。


 とゆー訳で観ましたよ実写版。

続きを読む "「第3艦橋勤務です!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

世界はひとつになれる…んですか!?

 おなじ花オチで、これほどまでに“映画”としての完成度の違いを見せつけてくれるとは思いませなんだなあ、劇場版『ハートキャッチプリキュア!』。つぼみは、いい加減フラグ立てまくるの自重してください(笑)。

 てな訳で観てきたのですが、個人的には「ようやく『プリキュア』でこうした映画を作ってくれたか!」と拍手喝采です。こうした物語作りが出来るポテンシャルがあるのが『プリキュア』であり、東映なんだよなあ。いや、賛否両論だろうなとは思いますけど、せっかく松本理恵なんて人を監督に据えたんだから、“いつもの”作り方ばかりやるってのも芸がないでしょう。映画版としては既にルーチン化しつつあったし、ここいらでちょっと方向性違う物を入れておくのは大正解だと思うのですが。お祭りアクション大作路線は『オールスターズDX』に振れることでもあるしね。ただ、描き切るには、もう10分は余計に欲しい内容であったことは否定しません。

 さて、そんな堅苦しく語ったりするのがナニもかも馬鹿らしく思えてしまうハートキャッチオーケストラの巨大女ですが(笑)、あまりのインパクトに言葉を失ってしまったのはワタクシだけではないでしょう(「映画→38話」の流れを大切にしたかった?ので、TVの方は映画観るまで封印していた為、初披露の衝撃は絶大だったw)。あのデカいのがイメージとかじゃなくて、アレで握りつぶしちゃうとは…。スタッフはどう考えても頭オカシイだろw(注・褒めてます)。女児たち的にはどうなんでしょうか、アレ。俺的には、どうしても『Gガンダム』最終回の王様に見えて余計可笑しかったのですが(3人アタックの金ぴかモードも『Gガン』っぽいし)。

 まあ、上野作監のつぼみの可愛さを堪能するだけでも充分価値のある映画ではあるのですが。ましてやクライマックスでポニーテールを結び直したブロみさんは云うに及ばず、えりかやゆりっぺまでポニーテールにしてくれたこの作品は、俺的にポニーテール映画の殿堂入り決定であります(笑)。

 『オールスターズDX3』は一応の締めになるみたいですが、妥当な判断なんじゃないでしょうか。


 ついでに38話。凄く期待していた、つぼみとミラージュさんの対決はちょっと今ひとつ(あれだけ時間かけるほどではない、って意味で)で残念でしたが、ミラージュさんがクールかつ受けっぽいのと(オイオイ)、彼女に追い回されて涙目になってるつぼみが可愛すぎたので(外道)私は一向に構わんッッッ!! ふたりの絡みはエロいしw(自分の影すらオトしてしまうブロみさんの天然っぷりよ)。緑川ボイスのデューン様はイケメン青年かと思ってたらショタでビックリ。つくづく上手い外し方するよなあ。おでこ焦げてるマリンも最高だったし、スーパーシルエットはシンプルかつ清純なデザインがエロくて素晴らしいのだけどけど、やはり巨大女が全部持って行った感じが(笑)。こっちはなんかカイザーナックルみたいな拳で圧殺(笑)。次回も大変なことになってるなあ。


 とにかく、映画でもTVでもつぼみが大活躍でしたので、それだけでも至福の時ではありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

ザ・'60年代

 結局、これが「僕らの世代のSF」って事なんでしょう。


 『ガンダムUC』のオチも“そう”だったように、そもそもファースト『ガンダム』からして'50~'60年代SFの強い影響下にある作品ですから、そのテイストを取り入れた最新作の行き着く先がこうだった、ってのはとてもよくワカるのですけど、なんというか、ある意味あまりにも順当すぎてちょっと既定路線過ぎるのじゃないかなと(笑)。もうちょっとなんか上乗せして欲しかった…ってのは、高望み過ぎでしょうか?、劇場版『ガンダム00』。

 まあそうした昔のSF風味を外したお話の部分は、ベッタベタなジャンプ漫画レベルなんですけどねw。事あるごとに「平和が!」「未来が!」「希望が!」とか叫んでばかりで、それこそ「俺たちがプリキュアだ!」とか言い出しても違和感ないのじゃないかと(笑)。入魂のつもりの戦闘シーンは、物量が多すぎる上に無敵スペックバトル連発のせいで、逆にチャチかつ単調に見えてしまう始末。いかに富野演出が優れているのかを、鮮明なまでに浮かび上がらせてくれました。でも、『ガンダム』をダシにヘンな映画作っちゃったところは評価できる(笑)。


 それにしても我らがマリナ様、映画観る前は「『ガンダム』ヒロインなのに三十路突入かよ!」とか笑ってむしろ萌えて、驚いていたのですが、あのエピローグを見てしまうと、そんなのは些細なことであったのだと思い知らされました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

コンプリートボックス到着!

Cbox01

 今日は、ようやく富山でも公開になった『ガンダム00』の映画を観てきた(ついでに、実写版『ヤマト』の前売りも買ってきました)のですが、帰ってきたら馬鹿でかい箱に入った『復活篇』の豪華本本体が届いておりました。実写版前売り特典のクリアファイル(A5サイズ)との比較ッス。因みに、久々に行ったファボーレは、すっかり『ヤマト』色に染まってました(笑)。試写会も申し込んできたよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧