2012年1月22日 (日)

ASKAライブシネマ『ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookend』

 とゆー訳で行ってきました、TOHOシネマズファボーレ富山。未曾有の全国70を超えるスクリーンでの同時生中継! …そりゃ、なにかありますよねえ(苦笑)。実は今回、行けるかどうか直前までワカらなかったのですが、まあ、いろんな意味で行けて良かったです(笑)。


Livecinema コンサートそのものは、まさに“歌いまくる”ASKAが圧巻でした。いやホント、拳振り上げ系のパフォーマンスとか無い分、余計その凄まじさが伝わってくるのが素晴らしかったです。スタンダードな曲や昭和の名曲たちも勿論良かったですが、やっぱ『夢のかなた』を聴けたのがサプライズでもあり、嬉しかったですよ。新曲2曲(未発表曲は『朝をありがとう』と云うらしい)はどちらもいい曲です。とにかく、気持ちのいいライブでした。コンサートツアーにも期待してます。

 んで、今回のキモは、ライブシネマであると云う事。それに関しては、想像以上に良かったかなと。映像はとにかくキレイでしたし(譜面の『木綿のハンカチーフ』なんてタイトルが読み取れるくらいにクリア)、音響もがんばっていたと思います。その場にいるかのように、とまでは流石に行かないまでも(実際のライブを何度も経験しているから、贅沢になっているのだとは思いますがw)十二分にその場の雰囲気を共有できたのではないでしょうか。これをこれだけの規模でやってくれたというのは、本当にすごいことだと思います。昨日の新曲配信、今日の同時中継と云う流れは、今の(これからの)音楽シーンのモデルとしても大変象徴的であり、意義のあることではないかなとつくづく感じさせられました。今後の取り組み(ASKA、とかだけでない音楽業界全体としての)にも注目したいところであります。

 さて、会場からつぶやいた通り、われらがファボーレ富山では機器の不調から冒頭の15分程度(4曲目の『Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!』の途中まで)中継されず、一時は劇場の人に「今日は諦めて下さい」みたいなことまで言われてしまったのですがw、なんとかその後は不備もなく最後まで観られて一安心。なんか詰め寄ってる人もいましたが…w ……いや、大体さー、こんな規模で(こんな田舎街でもw)ライブが生中継されるってー前代未聞の試み、そりゃ不具合の一つ二つ出ますよ(笑)。逆にトラブルの現場に居合わせて貴重な体験ラッキーてなくらいでw(注:関係者じゃないですよ、本当に)。でも真面目な話、そうしたいろいろなトラブルも織り込み済みなのが“ライブ”の醍醐味なんじゃないかと思うのですがね。そうした面もあり、僕としては参加できて本当に良かったと思います。関わったすべての方々に感謝。


 写真はシネマ用パンフと会場限定販売のブックマーク(クソ高かったけど、一応記念にと)。あ、『SWITCH』は開場までの時間つぶしに一階の本屋さんで買ったものですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

紛う事なき『ヤマト』サウンドの系譜

 今日は実写版のサントラ盤と主題歌CDを買ってきました。うむ、これでもかとばかりに流れるヤマトのテーマですが、アレンジが巧みで多様の為全く気になりません。やはり気分盛り上がるなあ。

 自分は世間で云われるほど『復活篇』の音楽設計って悪いとは思っていないのですが、これを聴いてしまうと、「(今回みたいなアレンジメインでも良いから)もっと新しいヤマトサウンドを聴かせて欲しかったなあ」と思ってしまいますね。

 主題歌も結構お気に入り。イントロがジンと来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

両極端?

 本日は、『ガンダムUC』のサントラと『ハートキャッチプリキュア!』の主題歌CD(当然DVD付きの方)を買ってきました。水と油、って感じですけど、ホラ、『プリキュア』のOPじゃあ二人がマントはためかせてる姿カッコイイじゃありませんか。なにげに『クロスボーンガンダム』くさいし(笑)。

 『UC』の方はBlu-spec CDとゆーのだそうです。CDの高音質化規格は数種乱立しているみたいですねえ。一応どれも普通に再生できるから良いのだけど(ゴールドCDってあったなあw)。とりあえず冒頭のクシャトリヤVSジェガンのシーンで流れている曲(MOBILE SUIT)をリピートしまくってたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

二つのお別れ

10days02

 去る17日に上京して、ASKAのコンサートに行ってきました。東京厚生年金会館は来月末で閉館なんですねえ。このホールに来るのは、まさに21年前の『10 YEARS AFTER』の時の10日間公演以来ですので、懐かしさと感慨もひとしおです。ってゆーか、ここって新宿駅からこんなに離れていたっけ!?(伊勢丹のすぐ横ぐらいに記憶していた)。えらく歩いたので、本当に道が合ってるか心配になりましたよ。「コンサートを演れる場所がどんどん減ってきている」とはASKAの弁。このたびの閉館もそうした流れの一つで、寂しさとともに、「東京ですらそうなのか」と危機感を感じたりもします。なんかさ、世の中どんどんせせこましい空気になって行ってない?、最近。

10days01 ライブはまあ、良かったのですが、さすがにいい加減新作(アルバム)作れよと。手を変え品を変え毎年ライブやってるけど、もうネタ切れ限界気味ではあります。既に次のツアーも決定しているみたいですが、こんな状況だとちょっと今後の鑑賞は考えちゃうなあ。


Noto02 行きは特急(新幹線)だったのですが、帰りは能登号で。こちらも来月のダイヤ改正で姿を消すらしく、奇しくもそうした「去っていく時代」を体感してしまった旅になったのも不思議な巡り合わせと云いますか…(コンサートチケット取った時は、能登がなくなるなんて想像もしてませんでしたよ)。今回のようにコンサートとかで遅くなる時は本当に重宝してましたし、イベント参加時も、早朝着の能登はやっぱりありがたい存在でした。またそうした利便性を超えて、自分の東京の思い出は能登号でのそれと直結していたと云っても過言ではありません。それだけに今回の廃止は非常に残念ですね。でも、こうしたお別れをする機会があったのは良かったと思います。

 ホームにはたくさんのそれらしき方々wがカメラを構えて陣取っておられました。記念に写メってる人たちも多数。自分も“にわか撮り鉄”と化して何枚も取ってしまいましたよ(笑)。富山駅に着いた後は、ついホームで見えなくなるまで見送ってしまいました。


 ところで今回、この二つがメインだったので、のんびりモードで上京したため、久々の為にその変容ぶりに驚かされたアキバ以外は特にどこも行かなかった(アキバも、裏通りのパーツ屋さんばかり覗いていた。ほんとにあの辺は一日中でもいたいなあw)のですが、後から思うと、もうちょい早めに到着して『なのは』でも観て来れば良かったかなとも(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

2回目

 んで、『復活篇』サントラ盤ですが、これ、ボリューム充分ではあるのだけど使用曲完全収録じゃないのな。結構な量の漏れがあって残念。第2弾を期待したい所なんだけど…。ボーナストラック的に収録されている『「復活篇」のためのシンフォニー』が素晴らしいです。宮川氏は云うまでもなく、羽田氏の急逝がつくづく惜しまれます。でも、今回サウンドアレンジを担当された山下康介氏のオリジナル曲も悪くないですよ。今後があれば、ぜひ“山下ヤマトサウンド”を全面フィーチャーした映像も見てみたいものであります。

 所で今日は、『復活篇』の2回目を観てきました(笑)。早く行っとかないと上映終了になりそうな勢いだしねえ(苦笑)。今回はTOHOシネマズ高岡に行ってきたのですけど、やっぱり設定資料集は無かったです。どこも軒並み売り切れらしい。今のところムック本とか出そうにないので、皆殺到しているのでしょうか? さあ、徳間は早くロマンアルバムを出す準備に入るんだ!

 しかしやはり、前半は良いけど後半は間延びしてるよなあ。もうほんのちょっと脚本・演出に手を加えるだけで、凄く良い物になると思うのだけど…。あ、1回目から気にはなっていたのですが、ラストちょい前、ヤマト乗組員達が地球に別れを告げるシーンで航海班(?)色の女性隊員服を着たポニーテール娘の後ろ姿があったので、今回は前からのカットにその娘が映ってないか目を皿のようにして見ていた(笑)んですが、発見出来ず残念。美晴先生や**した電算娘達以外にも女性乗組員がいたってーのが重要(しかもポニーテール!)だよなあ。

 出来れば、もう一回ぐらいは劇場で観ておきたいなあと思ってはいるのですが(笑)。今度こそ、スクリーンでの見納めになりそうだしな(笑)。実写版、またそれは別腹ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

サントラ&主題歌CDゲット

Yamato20091215
 今日は『復活篇』のサントラ盤とALFEEの主題歌CD2種(マラソンだかの歌はいらんw)を買ってきました。てゆーか、これらって最初『交響曲ヤマト2009』と同時発売のアナウンスがされていたのに、いつの間にか発売日一週遅れになっていたのね、知らなかった…。下に敷いてあるのは、『この愛を捧げて』買ったら貰えたクリアファイル。裏面はALFEEの3人です。律儀に2枚貰えたんですが、ネット上での他の人達の話とかだと、シングル3種全部買ったら貰える特典だ、って事なんですが、いいんでしょうか? サントラと同時に買ったからおまけしてもらえたのかな?(なんか買うとき、カウンターで店の人相談してたし)。第一艦橋でALFEEの3人とヤマトクルーが並んで敬礼しているジャケットがお気に入りなんですが、桜井さんの横にいる折原がなんかイヤそうな顔しているのがおかしい(笑)。さてこれから、夜食に買った波動砲サンド食べながら聴こうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

超がっかり

 チャゲアスの紙ジャケ再発盤『Snow Mail add 3 songs』って、結局『SUPER BEST BOX』収録のリミックス版じゃん! それじゃあ意味ねーんだよ。つうか、他の同日発売の紙ジャケ盤が、どこ行っても置いてないのはなぜだ? 『STANDARD』はちょっとピンと来なかったり。DVD『WALK』は未だ観てないッス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

ライブ・イン・田園コロシアム

 “完全収録版”として初CD化された、このチャゲアスのライブアルバムですが、いやいや凄く良かったです。20年ぶりぐらいに聴いた(レコードを録音したテープ、どこにしまったかなあ)のは先月発売の代々木ライブも同じなんですが、そっちの方はちょっと脳内美化されすぎていてちょっと「アレっ?」って印象もあったのでw(いや、ダメだった訳じゃないッスよ)今回もちょっと怖々聴いたというのが正直な所なんですが、それを吹き飛ばしてくれるパフォーマンスでした。さて、来月は『Snow Mail』ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

30 years after

Ca30th_2 チャゲアスの旧譜リマスタ盤、一気買いしてきましたよ。早速(毎年この日の恒例行事なんだけどw)『風舞』を聴いてみる。おおお、SHM-CDの威力、まるで新曲のように聞こえる(笑)。紙ジャケットとゆーこともあって、なるべく当時の仕様を再現してはいるのですが(完璧ではない。特に帯のアオリが欲しかったw)、“レコード”の存在しない『PRIDE』からの盤はどうなるのでしょうかね?

 しかし、30周年をこんな状況で迎えるとは思いませなんだ。まあ、一枚ずつ昔を思い出しながらじっくり聴いていくことにしますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

紙ジャケシリーズ

 以前にも話題にしましたが、チャゲアスの旧譜が高音質マスタリングで再発売になるのですけど、その中に幻のクリスマスアルバム・『Snow Mail』のタイトルが! イヤ俺、ちゃんと当時レコード買ったけど、これでようやくCD音質で聴けますなあ(リミックスされてない音源をね)。わざわざ発売日ズラして、クリスマスシーズンに合わせるのも心憎い(笑)。勿論、初CD化のライブ版2枚も嬉しいところです。これで、シングルカップリング曲も網羅されていたら完璧だったのだけど…。あ、『STAMP』無いのかー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)