2010年11月 1日 (月)

世界はひとつになれる…んですか!?

 おなじ花オチで、これほどまでに“映画”としての完成度の違いを見せつけてくれるとは思いませなんだなあ、劇場版『ハートキャッチプリキュア!』。つぼみは、いい加減フラグ立てまくるの自重してください(笑)。

 てな訳で観てきたのですが、個人的には「ようやく『プリキュア』でこうした映画を作ってくれたか!」と拍手喝采です。こうした物語作りが出来るポテンシャルがあるのが『プリキュア』であり、東映なんだよなあ。いや、賛否両論だろうなとは思いますけど、せっかく松本理恵なんて人を監督に据えたんだから、“いつもの”作り方ばかりやるってのも芸がないでしょう。映画版としては既にルーチン化しつつあったし、ここいらでちょっと方向性違う物を入れておくのは大正解だと思うのですが。お祭りアクション大作路線は『オールスターズDX』に振れることでもあるしね。ただ、描き切るには、もう10分は余計に欲しい内容であったことは否定しません。

 さて、そんな堅苦しく語ったりするのがナニもかも馬鹿らしく思えてしまうハートキャッチオーケストラの巨大女ですが(笑)、あまりのインパクトに言葉を失ってしまったのはワタクシだけではないでしょう(「映画→38話」の流れを大切にしたかった?ので、TVの方は映画観るまで封印していた為、初披露の衝撃は絶大だったw)。あのデカいのがイメージとかじゃなくて、アレで握りつぶしちゃうとは…。スタッフはどう考えても頭オカシイだろw(注・褒めてます)。女児たち的にはどうなんでしょうか、アレ。俺的には、どうしても『Gガンダム』最終回の王様に見えて余計可笑しかったのですが(3人アタックの金ぴかモードも『Gガン』っぽいし)。

 まあ、上野作監のつぼみの可愛さを堪能するだけでも充分価値のある映画ではあるのですが。ましてやクライマックスでポニーテールを結び直したブロみさんは云うに及ばず、えりかやゆりっぺまでポニーテールにしてくれたこの作品は、俺的にポニーテール映画の殿堂入り決定であります(笑)。

 『オールスターズDX3』は一応の締めになるみたいですが、妥当な判断なんじゃないでしょうか。


 ついでに38話。凄く期待していた、つぼみとミラージュさんの対決はちょっと今ひとつ(あれだけ時間かけるほどではない、って意味で)で残念でしたが、ミラージュさんがクールかつ受けっぽいのと(オイオイ)、彼女に追い回されて涙目になってるつぼみが可愛すぎたので(外道)私は一向に構わんッッッ!! ふたりの絡みはエロいしw(自分の影すらオトしてしまうブロみさんの天然っぷりよ)。緑川ボイスのデューン様はイケメン青年かと思ってたらショタでビックリ。つくづく上手い外し方するよなあ。おでこ焦げてるマリンも最高だったし、スーパーシルエットはシンプルかつ清純なデザインがエロくて素晴らしいのだけどけど、やはり巨大女が全部持って行った感じが(笑)。こっちはなんかカイザーナックルみたいな拳で圧殺(笑)。次回も大変なことになってるなあ。


 とにかく、映画でもTVでもつぼみが大活躍でしたので、それだけでも至福の時ではありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

けいおん!?

 実に気持ちよく観られましたな、『ハートキャッチプリキュア!』36話。とにかくもう、つぼみの女給さん姿が可愛すぎる!(真由ちゃんと併せて今回はまさにポニーテール祭でもあったわけだw)。ずっとあの姿で歩き回っていたのも嬉しい。今回もまたこれまでのゲストキャラ大挙登場で(何気にいつきパパもこっそり登場なのがw)、大変賑やかでありました。作品的にも物語的にも、ファッションショーとライブを一緒にやるというのは良いアイディアだと思うッス。こうしたシーンって、これまではオマケ的に描かれていたのだけど、今回は堂々たるクライマックス、作画も演出も(もちろん曲も)実に良かった。色々妄想もふくらませてくれたしw(本当にこのシリーズは、百合百合なネタには困らん喃)。締めも感動的。これで本編直後のタイミングで、工藤さんのミニアルバムのCMが流れてくれれば完璧だったと思う(笑)。

Tvbros_2
 ところでみんな、もう当然『テレビブロス』はゲットしてるよね! この表紙だけで「元取った!」って感じです。しかしこうして描き下ろしイラストとか見ていると、やっぱり俺ら向け(?)のムック本も欲しくなるよねえ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

美希たんのポニーテール!

 俺も引っ張りてえぇぇぇぇッッッ!!

いやあ、今回も面白かったッスね、『フレッシュプリキュア!』。パワーアップエピソードながら(成田脚本のように)暑苦しくもなく、テンポも作画も良好で楽しく観られましたよ。しかし、これまでの必殺技が妙にショボい作画(演出)だと思っていたら、今回のが本命だったわけやね。ウエスターさんは、なんかもういちいち笑えるw。


 一方『00』はねえ…、“間違ったニュータイプ論”とか“失敗した『逆襲のシャア』のラスト”とか、一番ダメな『ガンダム』オタクの末路を見せられてるみたいで痛々しいなあ(苦笑)。


 PS2版『エグゼリカ』のOPアニメを、我らがP.A.WORKSが担当したようですが、キャラのカットによっては“エグゼリカのコスプレした乃絵”に見えてしまったワタクシは、いろいろなところが病んでしまっているのでしょうか? 肝心のアニメそのものは、「手堅くまとめたなあ」以上の印象はなかった訳なんですが、個人的には。『CANAAN』も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

この国はもうダメだ(笑)

 来月号の『モデルグラフィックス』の特集では、ぜひこれも作例で再現してやって下さい(笑)。


 とゆーか、『ハルヒちゃん』とか『ちゅるやさん』とかアニメにしているヒマがあるんだったら、キョン子で一本作ってやって下さいよ(………)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

七夕? ナニそれ?

 本日はポニーテールの日であります。取り敢えず『らき☆すた』第3話を観て過ごすのが、オタクポニテリアン2007年モードとしての正しい姿と云えましょう(笑)。しかし、なにげに京アニ作品はポニーテールネタ多くないッスか?

 ところで、有線なんかで『もってけ!セーラーふく』が流れると居たたまれなくなるのは自分だけでしょうか?(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

カテゴリ分けに悩む(笑)

 昨日は、アキバでこんな(↓)イベントがあったそうな。

「ときめき☆しょこたん」発売記念イベント

…なぜジュピターなのか?(笑)。しょこたんのキャラ的には、ムーンやヴィーナスがお似合いだと思いマス(決してバ○とかイ○モノとか云ってるワケでは…)。あ、でも確かなんか別の時にもセーラー戦士のコスプレしていたような記憶があるから、密かに全戦士制覇を狙っているのかも(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

ポニーテール姿の貴子さんが二重丸

●『乙女はお姉さまに恋してる』 第6話/夏の日の狂想曲(カプリッツィオ)

 水着の回だーっッッッ!! 「すっかり慣れたボクは」とゆーよーに、今や女の子っぷりが板に付きまくっている瑞穂ちゃんの水着姿に、間違った期待は膨らむばかりだ(笑)。…と思ったら、女の子のやんごとなき事情のため(紫苑さま納得してるよ…)見学って……(血涙)。先生に申告するくだりは、最高に可愛かったけどさあ(……)。ビキニの試着は良くても、スクール水着は駄目なんディスカー!? なんのための水着話だよ…などと落胆していると、お話はなんだかおかしな方向へ。事情を知っていると、力説しまくる貴子さんの空回りっぷりが楽しい。一応、部活動がらみの因縁はあるようだけど、まりやがカエル攻撃仕掛けたのってもっと前みたいなんスけど…。やはり戦うための宿命だった!? 炎の中にサムライを見た!?(謎)。

 お昼休み、貴子さんと二人きりで話し合う瑞穂ちゃん。そう云えば、第三者のいない会話って、これが初めてだっけ? がんばり屋さんの本性を見抜かれて動揺する貴子さん。ワカり易いくらいに可愛いぞ。一方、瑞穂ちゃんはモノローグでも最早女言葉ですよ。「男子へ復活の道が遠のいて行く」わな、それじゃあ(笑)。

 いよいよ対決当日。しかしいつの間にか決戦の場は、“水上大運動会!!!”へと変貌を遂げていたのでした。…たいしたお嬢様学院だぜ、まったく(笑)。激しくも楽しげに戦う二人。ちょっと実写版『セーラームーン』思い出した(フレンドパークの回)の俺だけでしょう、きっと。

 基本的にサービス盛りだくさんのお話でしたが、各キャラの立ち位置が色々鮮明になった回でもありました。今回も楽しかったですよ。え、次回はもう秋の話なんですか!?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年11月14日 (火)

榊原ゆいに貢ぎっぱなしな感じ

 結局、『はぴねす!』のOPとEDのCDも買っちまいましたよ(苦笑)。最早、メーカー側の思うつぼ、いいカモですな、トホホ…。2枚とも、歌ってる人がジャケットイラストの春姫と同じポーズをしているショットが裏面(インナー)なんですよね。凝ってるなあ(実際は、写真見て描き下ろしたのでしょうけど)。ちゃんと二人とも髪型(ポニーテール)まで春姫に合わせているのがエライエライ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

今月の『チャンピオンRED』

 イヤ、なんか今月号の『RED』と『ヤングジャンプ』の今週号、どちらもポニーテール女装少年漫画を掲載するッッ!!と云ったシンクロニシティが発生していたのですが、やはり今の時代はコレなのか!? 己はこれから登り始めなければならないのか、この果てしないポニーテール女装少年坂を!(イヤな坂だな…)。

 ところで、女装少年と云えばマシロ君。今月号には付録フィギュアの原型写真が載っていたのですが、アレ、スカートの中の“”の方はどーなっているんだろう………………。

 プレ連載の『聖痕のクェイサー』、あれだけじゃなにがなんだか(笑)。

*『シグルイ』については後日。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

“新祖”“封架”、言葉遊びがウマいなあ

●『舞-乙HiME』 漫画版・第38話/マテリアライズ!!

 (マシロくんは別格として)この漫画のヒロインは、ニナ・ウォン。 そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

…文字通り決死のキスにも、まるで恋愛対象としての感情が沸き上がっていない御様子のマシロくん。エロ妄想だけはちゃっかりするクセにな(笑)。ニナはニナでもうなんか、妙に悟っちゃってる感じ。オイオイ、君は未だ中学生くらいでなに達観しちゃってるんだー。いいのかそれで。これからもずっと、こうして報われない愛を一方的に捧げ続ける(または寸止めな)だけのキャラになってしまいそう…。それはそれで“らしい”けど。ま、カポん(なんつー擬音だ)のコマが滅茶苦茶可愛かったからイイか(笑)。

 しかしエルスてん、普通に無事でしたよ(いや、重傷だけど)。そりゃ、死んだとは思っていなかったけど、助かっていた事のフォロー(理屈付け)があると信じていたのに、何も無し(笑)。手榴弾で木っ端みじんになって爆死したはずのシュトロハイム大佐がサイボーグになってあっさり蘇ったのに匹敵する驚きですぜ(そうか?)。

 「年増」「偽乳」と、女の醜い争いを繰り広げた“なつき”対決も、一応我らが学園長様が勝利。念願のマイスター姿、キメつつも“やっと着れた”と心の中で感涙にむせぶ、愛すべきヘタレぶりだ(笑)。しかしNATSUKI、お前、そんなに乳にコンプレックス持っていたのか……。

 既にマシロくんの美力にメロメロな一同(ナツキがやっといい笑顔を見せてくれたね)、でいいんスか?、オトコなのに(私は一向に構わんッッ!)。そしてこれが見たかった&描きたかった(であろう)、全オトメ一斉の「マテリアライズ!!」。痛快で壮観ですな(シホがイイ味出しまくり)。「オトメじゃなくなっちゃってる」のかと思っていたユカリコ先生に、ちゃっかり若返っている(!)ミス・マリア。貴女は天秤座の童虎ですか!?(笑)。これで地球怪獣連合軍オトメ達がキングギドラよろしくMAIを集団でボコるのかと思いきや……、負けじと全HiME復ッ活ッ! ええええええー!? ……なんだかもう、前作との関連が云々とか考えるのは止めにしました(苦笑)。この無茶苦茶なイキオイのまま、最後まで突っ走って下さい。さあ、いよいよ決戦だッッ!


 それにしても、ポニーテールなひとみ先生はやたら可愛いなあ(このところ、二回に一回はポニーテールだよね)。毒まみれの中身とのギャップがまたタマらん。ずっとこの髪型にして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧