2009年7月22日 (水)

日食ラプソディ

 今日は幸いにもお休みでした。

200907221106 心配された天候ですが、曇り空の中、わずかな雲の切れ間からなんとか観測に成功。富山では部分日食でありましたが、ちょうど最大に欠ける頃に太陽を拝むことが出来て良かったです。薄雲越しでしたが、お陰で肉眼で見られて却ってラッキーだったかも。ただ、ほとんどの時間は雲に隠れていたので、連続的に観測とは行かなかったのは残念ですね。

200907221107 ←この写真の頃が、時間的に富山での食の最大辺りだと思う。

200907221108 3枚目のは本当にわずかの間だけ強く照った時、自作フィルター越しに撮影。食が始まるまでは、割と晴れ間もあったのだけどねえ。以上3枚の写真の間は、約2分でありました。これだけでも見られて充分満足です(昨日の『クローズアップ現代』でも、松本センセイが「自分自身で体感することが大事」と云っておられたしw)。ホラ、大金はたいて南の島まで行ったのに、雨降ってて見られなかったよりはねえ(苦笑)。

20090722a_2
 4枚目はおまけ。今朝、目の前にあった物で、30分ぐらいで作った観測グッズ(笑)。ティッシュの空き箱がジャストサイズ過ぎでした(笑)。あまりにも手作り感たっぷりなのがトホホですが、天候どうなるかギリギリまでワカらなかったしねえ。メガネ(笑)の手前にあるのが、デジカメのレンズに貼って使ったフィルター(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

最後のきぼう

スペースシャトル エンデバー打ち上げ

 まずは無事の打ち上げ、おめでとうと云っておきましょう。まあ、宇宙開発の前途は多難とゆーか、真っ暗なんですが…。せめて妄想くらいは楽しませて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

遊星爆弾!?

 時に西暦2007年、いよいよガミラスの地球侵略が開始されようとしていた。

ペルーに隕石?、有害ガスで住民600人が頭痛や吐き気

…180年ほど早い気もしますが(笑)。ただ、ガミラス侵攻開始時(遊星爆弾が地球に届き始めた当初)はこんな感じの扱いだったのじゃあないかな、とは思いますですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

さよならプルート

 22世紀を待たずに、太陽系から惑星が消滅するなんて、小松左京氏もビックリだ!

  『報道ステーション』でこの件で取材されていた松本零士センセイが、昨日のここでのワタクシとまるで同じコメントをしていたのがおかしかったッス。「惑星の定義を具体的に云々」ってな8個派の意見は、まあごもっともだとは思うけど、科学者(特に天文関係の人たち)ってーのはまた一方で、バカみたいにロマンチストだとも思っていたんですけどねえ…。やっぱりこうなると寂しいなあ。

 あとは、『セーラームーン』問題ですが(笑)、これはあんまり気にしていなかったり。大体、主人公からしていきなり惑星じゃねーだろ!(笑)。「タケウチスペース(笑)では、相も変わらず惑星は9個」って事で問題ないっしょ。そもそも、あそこは天動説も真っ青な、“全宇宙の中心に月がある”世界なので、我々の宇宙での冥王星の去就など取るに足らない些事でありましょう(笑)。

            それでもやはり、冥王星は天にあるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

ローウェルじゃあるまいし(笑)

宇宙人を探す専用の巨大光学望遠鏡が完成!

 タイトルだけ見た時、本気で「惑星表面を望遠鏡で宇宙人の暮らしぶりを観察する」計画かと思ってビビりました(バカ)。


 もういっちょ、こっちはまあ、話10分の1で(苦笑)。
月面着陸目指すプロジェクトチーム設置 JAXA

| | コメント (0) | トラックバック (0)